人生100年時代、いつでも起業に挑戦できる機会を提供

起業の種類を徹底解説!一番多いのは、サービス業!

起業の種類についてデータを取ってみると、一番多いのがサービス業で23.3%。続いて、医療・福祉の19.6%、飲食店・宿泊業の14.2%と続きました。

サービス業は、分野が広いため理由は分かりますが、医療・福祉に関しては高齢社会が反映しているのでしょう。今後、ますます高齢者向けのサービスニーズは高まっていきます。

3番目に多いのが飲食店・宿泊業です。サラリーマンが脱サラして多く始めるのがカフェになります。

続いて具体的な起業の種類について見ていきましょう。起業の種類の選び方としては、それまでの仕事のスキルや経験を生かせるものを選ぶ人が多いです。一方で、子供のころからやりたかった夢を実現するという人もいます。

起業の種類の一つ目としては、移動販売業です。飲食業の中では初期費用が少なく済みます。一人から始めることができるというメリットもあります。資本金の目安は、100万~500万程度です。

起業の種類の二つ目としては、レンタルスペースのサービスです。不動産を所有することで、貸会議室やレンタルスペースを行うことで収益を上げることができます。他にも駐車場などで貸すこともできるのです。管理が少しかかりますが、管理会社に任せれば、不労収入となります。資本金の目安は、200万~数千万円です。

起業の種類には他に、高齢者向けの代行サービスや営業・紹介代行サービスなどがあります。

起業の種類で一番多いのは、サービス業

起業の種類は、様々ありますがどのようになっているのでしょうか。

起業する種類について

起業する種類は、2017年のデータでは次の通りになっています。

起業の種類 割合
サービス業 23.3%
医療・福祉 19.6%
飲食店・宿泊業 14.2%
小売業 11.9%
建設業 8.9%
卸売業 4.6%
製造業 4.2%
不動産業 4.1%

最も多い起業の種類としては、サービス業になります。サービス業とは人の欲求をアシストすることをサポートする仕事です。法律事務所や税務事務所などの専門サービス業の他、機械設計や測量などの技術サービス業、美容師や銭湯などの生活に関連したサービス業などがあります。

二番目に多い起業の種類としては、医療・福祉の分野です。高齢化社会になっているため市場としては増加傾向にあります。起業する可能性も十分にあるのではないでしょうか。

3番目に多いのが、飲食店・宿泊業です。サラリーマンが脱サラして行う起業で多いのがカフェの経営です。手軽に始めることができるため人気の起業の種類となっています。

起業する種類4選

人気の起業する種類について見ていきましょう。

【移動販売業】

飲食業の中では、初期費用が安く始めることができる起業の種類になります。また一人から始めることもできるし、雇う人を増やしていって移動販売車を増やすことで収益を上げることも可能です。

種類としては、以下のようなものがあります。
・おにぎりやお弁当
・パン
・クレープなどのデザート

資本金の目安は、100万~500万程度です。

【レンタルスペース】

不動産を所有している人は、貸しオフィスやレンタルスペースなどで収入を得ることができます。その他にも、駐車場などのスペースとして貸すこともできます。多少の管理が必要ですが、管理会社に任せてしまえば、不労収入となるのです。

資本金の目安は、200万~数千万円です。

【高齢者向けの代行サービス】

高齢社会となった日本において、高齢者向けのサービスはとてもニーズのあるものとなっています。その中でも代行サービスが多く成功を収めています。買い物代行サービスや家事代行サービス、お墓参り代行サービスなどがあるのです。

資本金の目安は、0円~数十万円です。

【営業・紹介代行サービス】

Saleshub(セールスハブ)というサイトを使って紹介をすることで収益を上げることができます。Saleshub(セールスハブ)では、企業と個人とを結ぶ役割を果たしています。企業に対して、マッチングできる人を紹介するだけです。

賃貸マンション・事務所を探している人を紹介して欲しいという企業に対して、引っ越し希望の人や独立して事務所を探している人を紹介します。

資本金の目安は、0円です。

まとめ

起業の種類についてデータを取ってみると、一番多いのがサービス業で23.3%。続いて、医療・福祉の19.6%、飲食店・宿泊業の14.2%と続きました。

サービス業は、法律事務所や税務事務所などの専門サービス業の他、機械設計や測量などの技術サービス業、美容師や銭湯などの生活に関連したサービス業等があります。

医療・福祉の分野は、高齢社会となっており、ニーズが高まっている分野です。高齢者向けのサービスが多く成功しています。

飲食店・宿泊業が第三位ですが、サラリーマンが脱サラして多く始めるのがカフェです。

起業の種類の一つ目としては、移動販売車です。おにぎりやお弁当、パン、クレープなどを販売していきます。普通の飲食業に比べて初期費用が少なく済み、一人からでも始められるというメリットがあるのです。資本金の目安としては、100万~500万程度になります。

起業の種類の二つ目としては、レンタルスペースがありました。不動産を所有して、レンタルオフィスや貸会議室として貸すことで収益を上げることができます。その他にも、駐車場として貸すこともできるのです。資本金の目安としては、200万~数千万円になります。

起業の種類には、他に、高齢者向けの代行サービスがあります。高齢者向けに、買い物代行サービスや家事代行サービスなどを行っており、多くの会社が成功しているのです。資本金の目安としては、0円~数十万円になります。

投稿日:

Copyright© 起業JP , 2020 All Rights Reserved.