まず7日間でマイクロ起業を始めよう。

アツシさんの脱社畜

短期で転職を繰り返すことは発達障害の長所だと証明する!

職を転々とする発達障害者の短所は、見方を変えれば長所になるのです。確かに就職という生き方ではデメリットになるかもしれませんが、就職以外の起業や独立と行った働き方には、これらが大きな強みになります。社畜と独立の両方を経験してわかったのですが、社畜と独立とでは求められる性質が全く違うので、両方に向き不向きがあるのです。発達障害の症状で就職を悩むのであれば、別の方向から性質を見ることで欠点を長所に変えましょう

AD/HDの傾向と起業への適性について考える その2 Vol.3

これまでAD/HD傾向の中で、起業に適したいくつかの性質を述べましたが、人には向き・不向きがあるのは当然です。AD/HDの特性が、自分も含めた皆にとってプラスに働けば長所ですが、逆に周囲とうまくいかなくなる場合は短所となってしまうのです。これが、“勤め人”としては継続が難しい点です。起業するのか雇われる身になるのか。いずれの場合も“仕事”をすることには変わりありません。自分のどの部分が“仕事”に向いていないのか、逆にどのようなタイプなら“起業”に向いているのか、例を挙げながら考えてみましょう。人にはそれぞれ向き不向きがありますので、自分の特性をしっかりつかんでおきましょう。