まず7日間でマイクロ起業を始めよう。

アツシさんの脱社畜

無理に社会と関わる必要はない!一人でも問題ない事を語る!

人と関わるのを必要最小限にするために、自分の裁量で無理なく活動できるように独立したり起業して自分にあった環境を構築するというのも1つの手でしょう。無理に関わらなくてもお金が稼げて生きていける時代なので、最大限それを利用しない手は無いでしょうし、発達障害者は、そういう風に環境を整えて初めて自分の能力をフル活用し、社畜を追い抜いて仕事が出来るようになりますからね

「人と違う」ことはそんなに悩むことではない

「人と違う」ことは何かと悪いことだと思われがちですが、本当にそうなのでしょうか。発達障害でもそうでなくても、まったく同じ人というのはこの世にひとりもいません。むしろこれからの時代は、この「人と違う」ということが逆に強みになっていく可能性もあるのです。

才能の振り方が極端なだけで、発達障害は病気じゃない!

才能の持ち方は人それぞれです。バランスよくいろいろなことができる人もいれば、極端に一部のことだけ得意で、ほかのことはてんでダメ、なんてこともよくあります。発達障害のひとはまさにこの後者なのではないでしょうか。だけど、その才能の振り方を理解して、自分にあった場所を見つければもっとその才能を活かせるかもしれません。