「 発達障害 」 一覧

2018/4/6

アツシさんの脱社畜

会社には制御は不可能!悩みの原因は因果関係が逆だ!

「会社になじめない」という悩み、実は考えられているのとは原因の因果関係が逆かもしれません・・・発達障害が会社になじめないのではなく、会社が発達障害者を使いこなせていないという見方をしてみてはいかがでしょうか。

2018/4/3

アツシさんの脱社畜 起業ブログ

口だけで行動しない人が大多数?行動力で有利なのは発達障害者だ...

起業はもちろん、何をするにも「行動力」がなければはじまりません。発達障害の人はそんな行動力を出すために蛇口をひねる必要さえない可能性が・・・

2018/3/31

アツシさんの脱社畜 起業ブログ

長所も短所もかみ合わない!社畜への適正が無さすぎる!?

どんな人にも長所と短所がありますが、発達障害の人にももちろんその両方があります。そして短所だけでなく、せっかくの長所までも”社畜”という生き方では生かされないことが多いようです。

2018/3/27

アツシさんの脱社畜 起業ブログ

短期で転職を繰り返すことは発達障害の長所だと証明する!

職を転々とする発達障害者の短所は、見方を変えれば長所になるのです。確かに就職という生き方ではデメリットになるかもしれませんが、就職以外の起業や独立と行った働き方には、これらが大きな強みになります。社畜と独立の両方を経験してわかったのですが、社畜と独立とでは求められる性質が全く違うので、両方に向き不向きがあるのです。発達障害の症状で就職を悩むのであれば、別の方向から性質を見ることで欠点を長所に変えましょう

2018/3/23

アツシさんの脱社畜 起業ブログ

社畜という生き方は突出した能力を潰す!手足をもがれて戦うよう...

社畜の立場として、一つの仕事に集中できる仕事というのは全く無く、突出して良い事をするよりも、満遍なくミスがないようにするように立ち回ることを必要とされています。アレもコレもと様々な仕事をやらせて何でも出来るオールラウンダーを求める傾向にありました。発達障害持ちの場合、一つの物事だと普通の人よりもこなせるのですが、2つ3つと増やしていくと能力を分配した時のロスが大きくなる傾向があります

2018/3/15

アツシさんの脱社畜 起業ブログ

身内であっても理解のない人とは縁を切れ!

身内というのは実際は本人の味方に見せかけて、実は世間を気にしている、ということがあります。本来であれば支えてくれるはずの存在が敵になってしまっているというのは悲しいことです。しかし、自分自身が成功するためには、たとえ身内であっても負担になると感じるのであれば切るべきだと私は感じました。

2018/1/5

借金玉さんのマイクロ起業

メモリが足りない!~僕の欠点と克服のための仕組み その②~V...

「メモリが足りない」ならば、他人のメモリを使えばいい。というわけで、月8万円という縛りでアルバイトの上司を雇いました。人生はままならず、事業経営は難しい。でも、このささやかな8万円の投資を生かすことが出来れば、僕はまたひとつ成長出来る気がします。

2017/12/25

アツシさんの脱社畜

嫌なことから徹底的に逃げろ!それが活躍するための近道だ!

何か物事を嫌と感じるのであれば、発達障害者にとってはそれは最初から適性がない証拠でしか無いので、それに逆らわずに自然体でストレス無く出来ることに当たるまで逃げ続ける方が、最終的には社会で成功もし易いでしょう

2017/12/18

アツシさんの脱社畜

人間関係で逃げることは甘えでは無い!

人間関係で躓いた時に逃げるという選択肢は甘えでもなんでもなく、むしろ効率的に動くために致命傷になる前に早く行動しているという、褒められてもいいレベルのことなのです

2017/12/11

アツシさんの脱社畜

無理に治療をする必要はない!その暇があったら適正を探せ!

治療することで大きな強みを失ってしまうかも知れない?皆と同じが良いという意見は否定はしませんが、最終的には個人である以上は最後は皆と一緒ということにはなりません。であれば別に無理に同じである必要も無いので、どうせ別になるのであれば強烈な個性で突き抜けたほうが強みになるんじゃないかと私は考えています。
そのためにも発達障害と自分の特性を敵視する前に、自分と上手くやっていく方法を探してみてからでも遅くはないんじゃないでしょうか?

Copyright© 起業の教科書 , 2019 All Rights Reserved.