「 独立 」 一覧

2018/6/1

アツシさんの脱社畜

無理に社会と関わる必要はない!一人でも問題ない事を語る!

人と関わるのを必要最小限にするために、自分の裁量で無理なく活動できるように独立したり起業して自分にあった環境を構築するというのも1つの手でしょう。無理に関わらなくてもお金が稼げて生きていける時代なので、最大限それを利用しない手は無いでしょうし、発達障害者は、そういう風に環境を整えて初めて自分の能力をフル活用し、社畜を追い抜いて仕事が出来るようになりますからね

2018/4/27

アツシさんの脱社畜

職場で発達障害を打ち明けるくらいなら一人で稼げ!

発達障害であることを、職場で打ち明けるべきか否か。非常にデリケートな問題です。そんな問題に、アツシさんがどう対処したのか、経験談をご紹介します。

2018/4/13

アツシさんの脱社畜

社畜の適正がないのは、エスパーを求められるからだ!?

社畜に必要なのはエスパー能力!?発達障害の適性として難しいと言われる「空気を読む、察する」という力と社畜についてのお話です。

2018/4/6

アツシさんの脱社畜

会社には制御は不可能!悩みの原因は因果関係が逆だ!

「会社になじめない」という悩み、実は考えられているのとは原因の因果関係が逆かもしれません・・・発達障害が会社になじめないのではなく、会社が発達障害者を使いこなせていないという見方をしてみてはいかがでしょうか。

2018/4/3

アツシさんの脱社畜 起業ブログ

口だけで行動しない人が大多数?行動力で有利なのは発達障害者だ...

起業はもちろん、何をするにも「行動力」がなければはじまりません。発達障害の人はそんな行動力を出すために蛇口をひねる必要さえない可能性が・・・

2018/3/27

アツシさんの脱社畜 起業ブログ

短期で転職を繰り返すことは発達障害の長所だと証明する!

職を転々とする発達障害者の短所は、見方を変えれば長所になるのです。確かに就職という生き方ではデメリットになるかもしれませんが、就職以外の起業や独立と行った働き方には、これらが大きな強みになります。社畜と独立の両方を経験してわかったのですが、社畜と独立とでは求められる性質が全く違うので、両方に向き不向きがあるのです。発達障害の症状で就職を悩むのであれば、別の方向から性質を見ることで欠点を長所に変えましょう

2018/3/23

借金玉さんのマイクロ起業

人は変化し、成長する。マイクロ起業と働き方の未来 Vol.2...

人は失敗し、挫折し、後悔し、やらかします。でも、「取り返しがつかない」ものじゃなければ別にいい。そんな起業をした経験の中から、人は変化し、成長していく。借金玉さんの語るマイクロ起業と働き方の未来です。

2018/1/4

借金玉さんのマイクロ起業

来るべき時がやってきた~僕の欠点と克服のための仕組み その①...

来るべき時がやってきてしましました。「なるべく手数をかけず」がマイクロ起業においてはとても重要な条件になりますが、すでに「楽にやれる」エリアからはみ出してしまったのです。どうしたら「マイクロ起業論」を貫けるのか、そのあたりで自分なりに論じてみたいと思います。

2017/11/23

借金玉さんのマイクロ起業

発注先を育てる~みんなで成長する話①~ Vol.11

外注先というのは雇用契約に結ばれた間柄ではありません。本来的には、もっとドライなものだと思います。お金がいっぱいある会社は、使えない外注先をバシバシ切っていきますよね。しかし、「マイクロ」起業においてはその選択肢を採用することは難しいでしょう。となると、程度の差こそあれウェットな「成長戦略」に挑んでいく他ないのです。

2017/10/30

アツシさんの脱社畜

「皆と同じ」から抜け出すための強力な武器をあなたはもっている...

「皆と同じ」という日本社会に根強い価値観、けれどそんな「皆と同じ」ができなくて悩んでいる発達障害の方たちは、むしろそこから抜け出すための強い武器をもっているということだとも考えられるのです。

2017/10/9

アツシさんの脱社畜

いつ本気を出せるか不安定なら、働く時間を自由にしよう

いつ本気を出せるか不安定、というのは少なからず誰にでも当てはまることですが、発達障害の人の場合特にこれが顕著ではないでしょうか。そのため、決められた時間に仕事をしなければいけない社畜の世界では苦労します。それならば、起業をして好きな時間に自由に働くというのはいかがでしょうか。

2017/10/2

アツシさんの脱社畜

負荷の質と量を調節することが成功のためには必要だ!

負荷の量と質の調節が成功のカギを握る!とはいえ、社畜という働き方では仕事の量も質も会社がほとんど決めてしまいますから、そんなことは不可能です。そんな環境で苦しんでいるならば、自ら調節ができる企業や独立という選択肢があります。

2017/9/4

アツシさんの脱社畜

苦しみを理解されないならば、理解されなくていい環境を構築しよ...

苦しみを理解されないとなると、普通は「どうやって理解してもらえばいいんだろう」と悩むと思います。しかし、人の苦しみを理解するというのはとても難しいことであり、発達障害の場合はなおさらです。それならば、理解されることなんて諦めて、別の道を行けばいいだけなのです。

2017/8/21

アツシさんの脱社畜

社畜が辛いという理由で独立することは逃げでも正しい理由だ!

社畜が辛いという方、そんな理由で独立するなんてダメだと思っていませんか?逃げているようで後ろめたかったり、周りの人に甘えだと言われたりしても、社畜が辛いという理由で独立するのも決して悪いことではないのです。

2017/8/1

アツシさんの脱社畜

「空気が読めない」は独立の為の大きな武器になる

「空気が読めない」というのは悪口や批判として使われがちですが、じつは必ずしも悪いこととは限りません。「空気が読めない」ことは確かに社畜として生きるには不利ですが、起業や独立をするうえではむしろ有利なスキルといえるかもしれないのです。

2017/7/31

アツシさんの脱社畜

仕事にムラがあるなら独立して仕事時間を自分で選ぶべき!

仕事にムラがあるなら、自分で調整すればいい!誰しも常に100%の力を出せるわけではありませんが、発達障害の場合特にそのムラが顕著な方も多いと思います。会社員なら決められた時間で働くのでこうした特性は不利ですが、独立して自分で仕事の時間を調整すれば、むしろ有利にすら働くのです。

2017/7/17

アツシさんの脱社畜

社畜は発達障害には難しい。だからこそ起業や独立に逃げていい

社畜以外の生き方を選ぶことに、すごく悩んでいたりしませんか?社畜の生き方は発達障害には難しいことが多いです。それならば、もっと気軽に起業や独立といったほかの道を選んでもよいのです。

2017/7/10

アツシさんの脱社畜

無駄なルール、暗黙の了解・・・社畜の理不尽な世界

理不尽で無駄なルールや暗黙の了解など、社畜の世界には発達障害の人には理解できないものであふれています。しかし、社畜としてやっていくにはそれに従うしかありません。どうしても従えないのなら、起業や独立という選択肢を考えるしかないのです。

2017/7/3

アツシさんの脱社畜

社畜の9割はクソ上司!その存在が発達障害の可能性を狭める!?

社畜の世界はダメ上司ばかり!そんなダメ上司のせいで、発達障害者が職場で苦しんでいるのかもしれません。もし理不尽な環境に耐えているというのなら、そんな環境にこだわらず、起業や独立という選択肢もあるのです。

2017/6/26

アツシさんの脱社畜

社畜に正論は届かない!そして状況が改善しない!

正論を言うと疎まれるのが社畜の世界?発達障害をもつ人はつい思ったことをそのまま口に出してしまいがちです。その性質を活かすためには、正論が嫌われる社畜の世界よりも、起業や独立のほうが向いているのです。

2017/6/19

アツシさんの脱社畜

成功体験の積み重ねを!社畜よりも起業が向いてる理由

成功体験を積み重ねていけば、活躍できる!そして、起業や独立は成功体験を積むのに最高の環境である!発達障害で苦しんだ時期から抜け出し、起業して成功したアツシさんの経験から、成功体験の積み方とそのメリットについて語ります。

Copyright© 起業JP , 2019 All Rights Reserved.