「 独立 」 一覧

2018/6/1

アツシさんの脱社畜

無理に社会と関わる必要はない!一人でも問題ない事を語る!

人と関わるのを必要最小限にするために、自分の裁量で無理なく活動できるように独立したり起業して自分にあった環境を構築するというのも1つの手でしょう。無理に関わらなくてもお金が稼げて生きていける時代なので、最大限それを利用しない手は無いでしょうし、発達障害者は、そういう風に環境を整えて初めて自分の能力をフル活用し、社畜を追い抜いて仕事が出来るようになりますからね

2018/4/27

アツシさんの脱社畜

職場で発達障害を打ち明けるくらいなら一人で稼げ!

発達障害であることを、職場で打ち明けるべきか否か。非常にデリケートな問題です。そんな問題に、アツシさんがどう対処したのか、経験談をご紹介します。

2018/4/13

アツシさんの脱社畜

社畜の適正がないのは、エスパーを求められるからだ!?

社畜に必要なのはエスパー能力!?発達障害の適性として難しいと言われる「空気を読む、察する」という力と社畜についてのお話です。

2018/4/6

アツシさんの脱社畜

会社には制御は不可能!悩みの原因は因果関係が逆だ!

「会社になじめない」という悩み、実は考えられているのとは原因の因果関係が逆かもしれません・・・発達障害が会社になじめないのではなく、会社が発達障害者を使いこなせていないという見方をしてみてはいかがでしょうか。

2018/4/3

アツシさんの脱社畜 起業ブログ

口だけで行動しない人が大多数?行動力で有利なのは発達障害者だ...

起業はもちろん、何をするにも「行動力」がなければはじまりません。発達障害の人はそんな行動力を出すために蛇口をひねる必要さえない可能性が・・・

2018/3/27

アツシさんの脱社畜 起業ブログ

短期で転職を繰り返すことは発達障害の長所だと証明する!

職を転々とする発達障害者の短所は、見方を変えれば長所になるのです。確かに就職という生き方ではデメリットになるかもしれませんが、就職以外の起業や独立と行った働き方には、これらが大きな強みになります。社畜と独立の両方を経験してわかったのですが、社畜と独立とでは求められる性質が全く違うので、両方に向き不向きがあるのです。発達障害の症状で就職を悩むのであれば、別の方向から性質を見ることで欠点を長所に変えましょう

2018/3/23

借金玉さんのマイクロ起業

人は変化し、成長する。マイクロ起業と働き方の未来 Vol.2...

人は失敗し、挫折し、後悔し、やらかします。でも、「取り返しがつかない」ものじゃなければ別にいい。そんな起業をした経験の中から、人は変化し、成長していく。借金玉さんの語るマイクロ起業と働き方の未来です。

2018/1/4

借金玉さんのマイクロ起業

来るべき時がやってきた~僕の欠点と克服のための仕組み その①...

来るべき時がやってきてしましました。「なるべく手数をかけず」がマイクロ起業においてはとても重要な条件になりますが、すでに「楽にやれる」エリアからはみ出してしまったのです。どうしたら「マイクロ起業論」を貫けるのか、そのあたりで自分なりに論じてみたいと思います。

2017/11/23

借金玉さんのマイクロ起業

発注先を育てる~みんなで成長する話①~ Vol.11

外注先というのは雇用契約に結ばれた間柄ではありません。本来的には、もっとドライなものだと思います。お金がいっぱいある会社は、使えない外注先をバシバシ切っていきますよね。しかし、「マイクロ」起業においてはその選択肢を採用することは難しいでしょう。となると、程度の差こそあれウェットな「成長戦略」に挑んでいく他ないのです。

2017/10/30

アツシさんの脱社畜

「皆と同じ」から抜け出すための強力な武器をあなたはもっている...

「皆と同じ」という日本社会に根強い価値観、けれどそんな「皆と同じ」ができなくて悩んでいる発達障害の方たちは、むしろそこから抜け出すための強い武器をもっているということだとも考えられるのです。

Copyright© 起業の教科書 , 2019 All Rights Reserved.