「 特性 」 一覧

2018/6/19

アツシさんの脱社畜

「我慢しないで嫌なことからとことん逃げる」が活躍するコツであ...

生活のために嫌なことでも我慢しなければならない、ということは絶対に無いと言えます。発達障害者が活躍するためには、嫌を避けることができない社畜や組織に属するよりも、起業やフリーランスといった働き方で、自分で取捨選択が出来るような環境に身を置くべきだと断言します

2018/5/25

アツシさんの脱社畜

「過集中」は社畜には大きく不向きだ!

過集中という特性は陸上に例えると短距離走と同じような特性があると感じてます。確かに短期間で速度(成果)は出せるけど、反面長続きしないのでその後が悲惨なことになりやすかったり、常に一定の速度で成果を出すことを求められる社畜とは、この特性はかなり相性が悪いのです

2018/5/22

アツシさんの脱社畜

馬鹿にする奴らの言葉は聞くな!奴らに凄い奴は例外なく居ない!

批判する人間は社畜な生き方を推奨している人が多いですが、そういう人間を見て「楽しそう」とか「憧れる」とか思わないはずですし、続けていたとしても目の前に見えるなりたくない将来像になるだけなのです。逆に、そういう人間が否定的な起業やフリーランスといった生き方を選択している人達のほうが魅力的に見えるはずですし、魅力のある方になれるように労力を向けるべきだと確信しています。

2018/5/15

アツシさんの脱社畜

工場勤務などの危険な場所での作業は発達障害者には向いてない!

発達障害の人が就職する際に、一つの作業に集中できるということで工場での仕事を選ぶ人も多いのではないでしょうか。でも実は、工場勤務は発達障害の人にはあまり向いていないかも!?

2018/4/17

アツシさんの脱社畜

可能性を縛る社畜という檻から抜け出す鍵をあなたは持っている!

社畜を抜け出すための鍵をあなたはもっているかも!?空気がよめない、周囲を気にしないといった「短所」と思われがちな特性が、脱社畜のためには実は役に立つことがあるのです。

2017/6/6

発達障害と起業

AD/HDの傾向と起業への適性について考える その2 Vol...

これまでAD/HD傾向の中で、起業に適したいくつかの性質を述べましたが、人には向き・不向きがあるのは当然です。AD/HDの特性が、自分も含めた皆にとってプラスに働けば長所ですが、逆に周囲とうまくいかなくなる場合は短所となってしまうのです。これが、“勤め人”としては継続が難しい点です。起業するのか雇われる身になるのか。いずれの場合も“仕事”をすることには変わりありません。自分のどの部分が“仕事”に向いていないのか、逆にどのようなタイプなら“起業”に向いているのか、例を挙げながら考えてみましょう。人にはそれぞれ向き不向きがありますので、自分の特性をしっかりつかんでおきましょう。

2017/6/6

発達障害と起業

AD/HDの傾向と起業への適性について考える その1 Vol...

世の中には、AD/HDの特徴をうまく活かして、とてつもない力を発揮するケースがあるのをご存知でしょうか?他の人とは少し違う、多かれ少なかれ誰もが持っているような「ちょっと変わった認知特性」が、所属する社会の中でいささかバランスが悪いものと受け取られ、ハンディキャップを背負ってしまうAD/HD。でも、その特徴を長所に変えれば、世の中を渡って行きやすい人もいるのです。その力を発揮する方法の一つとして、“起業”を考えてみるのも、一つの選択肢かもしれません。

2017/6/6

発達障害と起業

AD/HD傾向を持つ人は、意外と多いという事実 Vol.1

ここ数年、メディアなどでもその言葉を見かけることが多くなった、AD/HD。実は結構な人に当てはまるものです。AD/HDとは、Attention Deficit Hyperactivity Disorderの略で、不注意(集中力がない)、多動性(じっとしていられない)、衝動性(考えずに行動してしまう)といった、3つの症状がみられる状態のことです。「発達障害」として一括りにされてしまいますが、「こういった傾向を持つ人」という大きな視点でみると、当てはまる人が多いことが分かってきました。まずは、AD/HD、AD/HD傾向とはどのようなものなのかを、見ていきましょう。

Copyright© 起業JP , 2019 All Rights Reserved.