まず7日間でマイクロ起業を始めよう。

アツシさんの脱社畜

現代の仕事は過剰でキツイ!就労することは正しいことなのか?

ITや技術の進歩で昔に比べて多くの成果を出せるようになったということは、一人でも出来ることの幅が増えているということです。昔なら100の成果を出すために100の作業が必要だったのを10の作業量で出来るようになったりしますからね。一人で仕事をすることで見返りの無い状況で成果を異常に伸ばす必要もありません。正しく作業を縮めれば縮めるほど自分の負担が減ることで、より脳の短期記憶部分に余裕が出るので働きやすくなるのです。

「我慢しないで嫌なことからとことん逃げる」が活躍するコツである!

生活のために嫌なことでも我慢しなければならない、ということは絶対に無いと言えます。発達障害者が活躍するためには、嫌を避けることができない社畜や組織に属するよりも、起業やフリーランスといった働き方で、自分で取捨選択が出来るような環境に身を置くべきだと断言します

要領の良い奴や狡猾な奴、荒っぽい連中とは関わるな!

要領が良いやつが近くに居ると、どうしてもそちらが評価されやすく、コツコツとした頑張りというのは見えにくくなるのです。それが続くことによって相対的に評価が開くことになり、要領のいい人間が標準の基準となって、発達障害者が下と見られやすくなり、常に責められる立場になりやすいのです

働き方を“選ばなければいけない”時代を生き抜くための2つのヒント

“働き方革命”の進行とともに働き方の常識が変わりつつある今の時代。一方で、従来の考え方から抜け出すのはなかなか難しいものです。また、「働き方を変えたい!」と思ってはいるものの、具体的にどうすればいいのかわからない、という方もいるでしょう。そこで、今回は“働き方革命”時代という働き方を“選ばなければいけない”時代を生き抜くための2つのヒントをご紹介します。