「 フリーランス 」 一覧

2018/7/3

アツシさんの脱社畜

「個人で稼ぐ」利点は、言葉でのやり取りを避けられること!

僕が個人で様々な企業さんとやり取りすることが多いですが、その殆どがメールなどの電子書面やチャットと言った言葉を視覚化するやり取りが多いです。活動時間帯が合わなかったり、言った言わないの水掛け論を防ぐために証拠が残る電子書面化することが多いのですが、ワーキングメモリ不足による抜け落ちを文明の利器によって補うことが出来るのです。本当に電子書面でやり取りするというのは発達障害者には優しいです。

2018/6/22

アツシさんの脱社畜

発達障害者が社畜で失敗するのは一般人のやり方を強要されるから...

どうも!発達障害持ちで、個人で金を稼ぐ生活をしているアツシです! 発達障害者の方で、現在の世間では一般的と言わ […]

2018/5/11

アツシさんの脱社畜

社畜は相互協力ではなく足の引っ張り合い!発達障害者には不適正...

社畜の世界は足の引っ張り合いばかり!?発達障害で仕事ができない・・・と困っているのなら、社畜という足手まといの世界から抜け出して、新しい働き方を見つけてみませんか?

2018/5/8

アツシさんの脱社畜

社畜でやる気が出ないのは割に合わなさに気がついているから説!

会社で「やる気がでない」と悩んでいませんか。でもやる気がでないのは、割に合わないと気が付いているからかも?仕事が「できない」と「しない」は違うんです!

2018/5/1

アツシさんの脱社畜 起業ブログ

強いこだわり・白黒付けたがる性質は社畜には不向きだ

「強いこだわり」が社畜には不向き?白黒つけるのが難しい社畜の世界と発達障害の相性について書きました。

2018/3/23

アツシさんの脱社畜 起業ブログ

社畜という生き方は突出した能力を潰す!手足をもがれて戦うよう...

社畜の立場として、一つの仕事に集中できる仕事というのは全く無く、突出して良い事をするよりも、満遍なくミスがないようにするように立ち回ることを必要とされています。アレもコレもと様々な仕事をやらせて何でも出来るオールラウンダーを求める傾向にありました。発達障害持ちの場合、一つの物事だと普通の人よりもこなせるのですが、2つ3つと増やしていくと能力を分配した時のロスが大きくなる傾向があります

2017/12/18

アツシさんの脱社畜

人間関係で逃げることは甘えでは無い!

人間関係で躓いた時に逃げるという選択肢は甘えでもなんでもなく、むしろ効率的に動くために致命傷になる前に早く行動しているという、褒められてもいいレベルのことなのです

2017/11/13

アツシさんの脱社畜

「一芸に秀でる」能力は壊滅的に社畜の適正が無いから諦めろ!

一芸に秀でると言われるような、突出した、とがった能力や特性をもつ人も多い発達障害。しかし、そんな一芸は社畜の世界ではむしろ邪魔になることもあります。それなら、その一芸を起業や独立といった形で活かしてみるというのも手です。

2017/11/6

アツシさんの脱社畜

「人と違う」ことはそんなに悩むことではない

「人と違う」ことは何かと悪いことだと思われがちですが、本当にそうなのでしょうか。発達障害でもそうでなくても、まったく同じ人というのはこの世にひとりもいません。むしろこれからの時代は、この「人と違う」ということが逆に強みになっていく可能性もあるのです。

2017/8/6

借金玉さんのマイクロ起業

もう一度考える、生き残るための起業の話 Vol.01

借金玉が起業に関するコラムを書こうと思います。 はじめまして。借金玉と申します。インターネットの色々なところで文章を書か ...

Copyright© 起業の教科書 , 2019 All Rights Reserved.