起業の教科書連載シリーズ


「発達障害者ライフハックブログ」の借金玉さんによるマイクロ起業体験談コラム
借金玉さんのプロフィール
ブログサイト「お前ら、社畜で人生楽しいか?」のアツシさんによる、脱社畜のすゝめコラム
アツシさんのプロフィール
“ショボい起業コンサルタント”えらいてんちょうさんによる、ショボい起業コラム
えらいてんちょうさんのプロフィール
法政大学キャリアデザイン学部の遠藤野ゆり助教授による「発達障害と起業」について考えるコラム
遠藤助教授のプロフィール

Page 2

出版、雇用、周囲の変化・・・マイクロ起業のその後の話

「マイクロ起業をやっている暇がなくなってしまった」という正直なお話で恐縮なのですが、今後も僕は「事業」を諦める気はありません。また状況が落ち着き次第、小規模から高利益率と拡大可能性を備えた新たな事業を仕掛けていきたいと思っています。本は「ヤマを当てた」のみで、これが続くとは思っていません。今は、仕事の合間を縫って新規事...

楽天せどりから始めて年商8億、仕入れはクレジットカードで。卸売会社のひろ社長のケース【億り人インタビュー...

僕の成功ってたまたまなんですよね、結局はタイミングなんです。でもタイミングをうまく掴む方法はしっかりとあって、何度もチャレンジすることと、チャレンジしても大ダメージを食らわないようにすること。そういった点ではしょぼい起業のコンセプトはいいですね。まずは小さく始めるとやってみないとわからないことがたくさんあるんで、それが...

18歳でASD、24歳で糖尿病。だからこそショボい起業でやっていく「エデン京都」店長まよえるてんちょうの...

起業は全て自分の責任で行えるので、失敗した時なんかは逆に気が楽ですね。また、直接自分に利益が入ることでモチベーションがぐっと上がります。会社勤めだと、よほどのことをしなければ給料が変わりませんが、お店をやっていると忙しいときには忙しかっただけの収入が入るので、頑張った甲斐があったなと思えます。

生きづらさを糧に辿り着いた「店舗型住居」の形。「エデン名古屋」店長ないしまの場合【ショボい起業実践インタ...

店舗も生活空間も含めてすべて自分で管理が出来るので、何か失敗があったとしても、責任を全部自分で追求できる事がノンストレスでいいですね。うまくいったことはもちろん自分の成果になりますし。 また店舗は急に労働力が必要な事が多々ありますが、シェアハウス住人がいれば対応ができる。また、店舗がシェアハウスのリビング化するので、シ...

ストレスのない仕事をして幸福に生きる。現「エデンサッポロ」店長不謹慎マンの場合【ショボい起業実践インタビ...

名誉とか出世とか大きい家とか外車とか、そういったわかりやすい価値基準の中、これから40年以上戦い続けて生きていく自信が持てませんでした。なので「幸福」の評価軸をずらしてしまおうと考えたわけです。ストレスのない仕事を食い扶持にして、家族や友人との時間を大事にできたら十分幸せだと思うのですが、どうでしょうか。

起業する前に考えるべきこと一覧―絶望的な想像に耐えておけ

これはとても残念なことですが、統計的に考えればあなたの起業は失敗します。しかし、そんなことはあなたの決意にとってなんの障壁にもならないでしょう。素晴らしいことです。失敗する可能性が高い、そんなことはやらない理由にならないですよね。実際のところ、多くの起業家が過去にコケています。僕もコケました。しかし、それでも立ち直り再...

ストレスや負荷が無ければ発達障害者も定型発達者と変わらない件!

社畜を辞めてから数年経過しましたが、社畜時代よりもストレスが無く穏やかに生活が出来ています そんな暮らしをしていると気がついたことがあるのですが、発達障害者って脳の短期記憶部分が極端に低いだけで、過負荷やストレスが無ければ常人と変わらず生活することが出来るという事に気が付きました。社畜という決まった事を無理にする...