起業の教科書連載シリーズ


「発達障害者ライフハックブログ」の借金玉さんによるマイクロ起業体験談コラム
借金玉さんのプロフィール
ブログサイト「お前ら、社畜で人生楽しいか?」のアツシさんによる、脱社畜のすゝめコラム
アツシさんのプロフィール
“ショボい起業コンサルタント”えらいてんちょうさんによる、ショボい起業コラム
えらいてんちょうさんのプロフィール
法政大学キャリアデザイン学部の遠藤野ゆり助教授による「発達障害と起業」について考えるコラム
遠藤助教授のプロフィール

Page 2

社畜になるという事は「人権を捨てて使える奴隷になる事」

社畜になるということは、発達障害者にとっては、人であることを捨てて、多少は使える奴隷として世間に奉仕することだと感じました。なかなか過激な事を言っているという自覚はありますが、発達障害者で一度でも就職した経験のある人であればこの感覚は理解できるのでは無いでしょうか?

要領の良い奴や狡猾な奴、荒っぽい連中とは関わるな!

要領が良いやつが近くに居ると、どうしてもそちらが評価されやすく、コツコツとした頑張りというのは見えにくくなるのです。それが続くことによって相対的に評価が開くことになり、要領のいい人間が標準の基準となって、発達障害者が下と見られやすくなり、常に責められる立場になりやすいのです

仕事に甘えがあるどころか人一倍頑張っているからミスをする!

真面目だからこそ自分を追い詰めてしまうことになり、こういう姿勢が仕事に対して不真面目だとか甘えだとか捉えられる事はありませんよね?しかし表面上はとても出にくい上に、失敗が続くのでどうしても外からは理解されにくいのです。そのように自分を追い詰めるほどの人間が不真面目なはずが無いのです

無理に社会と関わる必要はない!一人でも問題ない事を語る!

人と関わるのを必要最小限にするために、自分の裁量で無理なく活動できるように独立したり起業して自分にあった環境を構築するというのも1つの手でしょう。無理に関わらなくてもお金が稼げて生きていける時代なので、最大限それを利用しない手は無いでしょうし、発達障害者は、そういう風に環境を整えて初めて自分の能力をフル活用し、社畜を追...

揉めるような人間とは関わらなくていい!揉め事を起こすのは関わるべき人を選別している件!

人と揉めるということは自分にとって害があり悪影響を及ぼす存在だということです。そのような人間と関わっていても自分には最終的にマイナスになるだけなので、揉め事を起こさないようにしようとするよりは、そもそも揉め事が無い環境に行くべきなのです。怪我の対策をあれこれ考えるよりも、怪我をしたくなければ怪我をしない状況で働けばいい...

「過集中」は社畜には大きく不向きだ!

過集中という特性は陸上に例えると短距離走と同じような特性があると感じてます。確かに短期間で速度(成果)は出せるけど、反面長続きしないのでその後が悲惨なことになりやすかったり、常に一定の速度で成果を出すことを求められる社畜とは、この特性はかなり相性が悪いのです

馬鹿にする奴らの言葉は聞くな!奴らに凄い奴は例外なく居ない!

批判する人間は社畜な生き方を推奨している人が多いですが、そういう人間を見て「楽しそう」とか「憧れる」とか思わないはずですし、続けていたとしても目の前に見えるなりたくない将来像になるだけなのです。逆に、そういう人間が否定的な起業やフリーランスといった生き方を選択している人達のほうが魅力的に見えるはずですし、魅力のある方に...

起業に優れたビジョンなんていらないし、他の事業と差別化する必要もありませんというお話

起業するにはすぐれたビジョンも差別化も必要ない!?起業をしようとなると、「新しい価値」「イノベーション」なんてかっこいいものをついつい求めがちですが、実は「普通のことを普通にやる」のが大事なのかもしれません。