人生100年時代、いつでも起業に挑戦できる機会を提供

株式会社日本クラウドキャピタルが提供する資金調達の手段!

株式会社日本クラウドキャピタルが提供する株式投資型クラウドファンディングでは、多くの投資家から資金調達を得ることができます。

そして、株式投資型クラウドファンディングを利用するメリットとしては、大勢(25,000人)もの投資家に企業のビジネスを知ってもらうことができるという点です。そして実際に、多くの投資家から資金調達を得ている会社が存在します。

株式会社日本クラウドキャピタルの提供するプラットフォームを利用して、資金調達できる企業の特徴というのは、投資家の募集後も自社で様々な努力をしているところです。TwitterやFacebookなどのSNSでの投稿による呼びかけや、ビジネスを説明するサイトや動画の準備などを行っています。

株式会社日本クラウドキャピタルの新戦略としては、以下のようなものです。

・新株予約権型の資金調達手法の開発
・株主コミュニティの形成
・成長支援プロダクト「FUNDOOR」の開発

後程、それぞれについて説明をしていきます。

資金調達をしている企業の事例として、琉球アスティ―ダスポーツクラブ株式会社を紹介します。琉球アスティ―ダスポーツクラブ株式会社が株式会社日本クラウドキャピタルのプラットフォームを利用して、2000万の資金調達を、151人の投資家から得ることができました。

株式会社日本クラウドキャピタルが提供するサービスで資金調達をする

株式会社日本クラウドキャピタルが提供する株式投資型クラウドファンディングは、多くの投資家から資金調達をすることができます。

株式投資型クラウドファンディングで資金調達できる企業とできない企業

株式会社日本クラウドキャピタルが提供する株式投資型クラウドファンディングは、一度に25,000人の投資家にビジネスモデルをしってもらうことができ、数千万単位の資金調達をすることができるのです。

そんな中で、株式投資型クラウドファンディングで資金調達できる企業の特徴というのは、今までの人脈やリソースを存分に使っている企業になります。逆に資金調達の目標に達成しなかった企業というのは、株式会社日本クラウドキャピタルのサービスに丸投げしている状態かもしれません。

株式投資型クラウドファンディングで募集を行った後は、TwitterやFacebookなどSNSでの投稿の他に、自社サービスのイメージが分かるサイトや動画の準備なども必要となってくるのです。

つまり株式会社日本クラウドキャピタルの提供する株式投資型クラウドファンディングは、依存する媒体ではなく、一緒に活動していく相手と捉えた方がいいでしょう。

一方で投資家から見た株式投資型クラウドファンディングは、リターンを得られることはもちろんのこと、未来あるベンチャー企業の成長を一緒に見守り応援していくことができるという点があります。

株式会社日本クラウドキャピタルの新戦略

株式会社日本クラウドキャピタルは、2019年秋に次のような新戦略を発表しています。

・新株予約権型の資金調達手法の開発
・株主コミュニティの形成
・成長支援プロダクト「FUNDOOR」の開発

それまでの株式投資型クラウドファンディングでは、普通株しか投資することができなかったのですが、新しく新株予約権での取引も可能になるのです。そのことにより、新たな資金調達・投資の機会を創ることができます。

株主コミュニティを形成することで、ベンチャー企業に多様な機会を提供することができるのです。

さらには、株式会社日本クラウドキャピタルは、資金調達をしたベンチャー企業のさらなるIRの充実を目指したプラットフォームの開発をしました。

会社名 株式会社日本クラウドキャピタル
所在地 東京都品川区東五反田5-25-18
代表 柴原 祐喜/大浦 学
資本金 9億8897万9340円 ※2019年11月1日現在
設立日 2015年11月26日

資金調達の事例:琉球アスティーダスポーツクラブ株式会社

株式会社日本クラウドキャピタルが提供する株式投資型クラウドファンディングにより資金調達を得ることができた企業を紹介していきます。

卓球のプロリーグに参入する琉球アスティーダの運営会社琉球アスティ―ダスポーツクラブ株式会社が、株式投資型クラウドファンディングを利用して資金調達しました。

琉球アスティ―ダスポーツクラブ株式会社は、株式投資型クラウドファンディングを利用して2000万の資金調達をしましたが、メリットとしては資金調達以外にも25000人の投資家に企業を知ってもらうことができるという点です。

そして151人の投資家から資金調達をすることができたのです。それだけ多くの投資家と、繋がりを持つことができるというのも株式投資型クラウドファンディングの特徴になります。

まとめ

株式会社日本クラウドキャピタルの提供する株式投資型クラウドファンディングでは、多くの投資家から資金調達することができるものでした。

株式投資型クラウドファンディングを利用する企業の中にも、資金調達を成功する企業と目標額に届かない企業とがいます。

資金調達を成功している企業というのは、投資家の募集をした後にも、SNSでの投資家への呼びかけを行ったり、自社のサービス内容をサイトや動画で説明する準備などを行っていました。

一方で目標額に届かない企業というのは、株式会社日本クラウドキャピタルのプラットフォームに丸投げ状態をしている企業かもしれません。

株式会社日本クラウドキャピタルは、新戦略として新株予約権型の資金調達開発を行いました。このことによりベンチャー企業の資金調達できる幅が広がりました。

資金調達をしている企業の事例として、卓球プロリーグに参入する琉球アスティ―ダスポーツクラブを挙げました。琉球アスティ―ダスポーツクラブは、株式投資型クラウドファンディングで、151人の投資家から2000万の資金調達を得ることができたのです。

すでに100もの企業が株式会社日本クラウドキャピタルの提供するサービスに登録をしていて、資金調達をしています。まだまだベンチャー企業を支援する環境が小さな日本が、これから変わっていくきっかけになるのではないでしょうか。

投稿日:

Copyright© 起業JP , 2020 All Rights Reserved.