人生100年時代、いつでも起業に挑戦できる機会を提供

ベンチャー企業と個人投資家をマッチングする株式型クラウドファンディング

始まって間もない株式型クラウドファンディングは、ベンチャー企業と個人投資家をマッチングします。この仕組みにより、インターネットにより少額から非上場企業の株式を購入することができるのです。

資金調達と出資には、企業側は、年間調達限度額1億円未満まで、出資者は50万円までの出資という制限があります。

株式投資型クラウドファンディングサービスによるマッチングのメリット・デメリットについてもまとめました。

メリットとしては、以下のようなものがあります。

・非上場企業の株式を購入できる
・ベンチャー企業をスタート時から応援できる
・投資家は、エンジェル税制の優遇を受けられる
・企業側は、多くの人に知ってもらうことができる

メリットとして、非上場企業の株式を個人投資家が購入することができるというものがあります。そのことにより、ベンチャー企業のスタート時から応援することができるのです。

企業側にもマッチングによる資金調達以外にもメリットがあります。それは株式型クラウドファンディングサービスを利用することで、何万人という大勢の人に知ってもらう機会を得られます。

株式投資型クラウドファンディングサービスのデメリットとしては、以下の通りです。

・IPOやM&Aにならない限り自由に売却できない
・投資額に制限がある
・日本での実績が少ない

すぐに株を売却することができないというデメリットはありますが、そもそもベンチャー企業を支援する目的で購入しているのであれば、IPOやM&Aになるまで待つのがいいでしょう。

株式型クラウドファンディングで企業と投資家をマッチング!

株式型クラウドファンディングによる投資家とベンチャー企業のマッチングについて見ていきましょう。

株式型クラウドファンディングとは

クラウド技術が普及し、大手企業も導入を進めている中、クラウド上での資金ニーズが高まっています。資金調達をするクラウドファンディングというものは、次のようなものがあります。

・購入型クラウドファンディング
・融資型クラウドファンディング
・ファンド投資型クラウドファンディング
・株式型クラウドファンディング
・寄付型クラウドファンディング
・ふるさと納税型クラウドファンディング

この中で、ベンチャー企業と投資家のマッチングを行い、株式を購入する株式型クラウドファンディングというものに注目してみましょう。

株式型クラウドファンディングは、非上場企業が未公開株を個人の投資家に売る方法で資金提供をしてもらいます。そのような株式を使ったマッチング方法です。

また企業側は、年間調達限度額1億円未満まで、出資者は50万円までの出資という制限があります。そして株式型クラウドファンディングの事業者は、第一種少額電子募集取扱業の資格が必要です。

これまで日本には、非上場企業直接投資できる機会があまり無かったのですが、株式型クラウドファンディングによるマッチングにより、実現しました。これからさらに利用する企業も投資家も増えてくるでしょう。

株式投資型クラウドファンディングサービスのメリット・デメリット

株式投資型クラウドファンディングサービスによるマッチングのメリット・デメリットは次のようになります。

メリット デメリット
非上場企業の株式を購入できる IPOやM&Aにならない限り自由に売却できない
ベンチャー企業をスタート時から応援できる 投資額に制限がある
投資家は、エンジェル税制の優遇を受けられる 日本での実績が少ない
企業側は、多くの人に知ってもらうことができる  

これまで個人が非上場企業の株に投資できる機会は限られていましたが、株式型クラウドファンディングのマッチングにより、投資することができるようになりました。インターネットを通じて、少額から非上場企業の株を購入できるのはメリットの一つです。

次のメリットとしては、ベンチャー企業をスタート時から応援することができるというものです。元々、ベンチャー企業への支援する機会というのは限られており、エンジェル投資家やベンチャーキャピタルがその役割を担っていました。

しかし株式型クラウドファンディングマッチングにより個人でも、ベンチャー企業を応援することが可能となったのです。

次のメリットとしては、エンジェル税制という投資家がベンチャー企業の株を購入したり売却したときに優遇を受けることができる制度があります。

また企業側のメリットとしては、数万人規模の多くの人に自社のことを知ってもらうことができます。

デメリットとしては、株式型クラウドファンディングで得た株は、自由に売却することができません。IPOやM&Aといった売る手段が無ければ、売却することができないのです。

投資金額の制限については、既に記述しましたように、企業側の資金調達額、投資家の投資額に制限があります。

3つ目のデメリットとしては、株式型クラウドファンディングの実績が日本で無いというものです。第一号のBank Invoice株式会社でもIPOは2022年以降となっています。しかし既に株式型クラウドファンディングが行われているアメリカやイギリスでは、資金調達後にM&Aされた企業もあるので、日本でも期待が持てるでしょう。

まとめ

株式型クラウドファンディングサービスによって、非上場のベンチャー企業と個人投資家がマッチングすることができます。

クラウド上での資金ニーズが高まり、クラウドファンディングというサービスが増えてきていました。6種類のクラウドファンディングがありましたが、そのうちの株式型クラウドファンディングサービスについて注目です。

株式型クラウドファンディングのマッチングには、企業側は、年間調達限度額1億円未満まで、出資者は50万円までの出資という制限がありました。底なしで資金調達をすることができないものです。また、少額を多くの投資家から募集して、資金調達をするという特徴です。

株式型クラウドファンディングサービスによるマッチングのメリットとデメリットについても見てきました。

個人投資家は、非上場企業の株を購入することができるというメリットがありました。そのことにより、ベンチャー企業をスタート時から応援することができるのです。

また企業側にとっても、株式型クラウドファンディングサービスを利用することで、多くの投資家に知ってもらうことができます。

また、株式型クラウドファンディングサービスによるマッチングのデメリットもありました。

IPOやM&Aにならない限り自由に売却できないというデメリットです。上場している企業であれば、売却したいときに証券会社を通して売却することができますが、株式型クラウドファンディングサービスでは、自由に売却することができません。

それでも先行しているアメリカやイギリスでは、資金調達した企業がM&Aされた例もあり、日本でも今後に注目です。

投稿日:

Copyright© 起業JP , 2020 All Rights Reserved.