人生100年時代、いつでも起業に挑戦できる機会を提供

取り組むべき事業が見つかる起業の仕方!

起業の仕方としてはじめに、起業する目的をはっきりとさせる必要があります。なぜ起業をしたいのか、明確にすることが大事です。起業をすると様々な問題にぶつかりますが、その問題を乗り越えることができるからになります。

起業の目的がはっきりしたら、取り組むべき事業を決めていくのです。以下のようなポイントに気を付けます。

・それまでのスキルや人脈・リソースを使った事業
・採算性が見込める事業
・顧客との接点の見える事業

最もリスク無く起業することができるには、それまでに自分が合ったスキルや人脈、リソースを使った事業ということになります。既に経験していることなので、起業してもスムーズに事業を展開していくことができるのです。

続いて採算性が見込める事業である必要があります。どんなに良いアイディアだとしても、コストがかかりすぎては実現できないのです。

さらには顧客との接点の見える事業である必要があります。自分のやりたいことであったとしても、顧客のニーズにマッチして、顧客の悩みを解決できる必要があるのです。
起業の仕方としては、個人事業と会社設立の方法があります。個人事業は、開業届を税務署に提出するだけで事業を開始することができるのです。一方で会社設立は多くの提出書類とお金もかかりますが、税金面で個人事業よりも優遇されます。

【起業の仕方】目的を決めて会社設立

起業の仕方としては、まず起業する前に起業する目的を明確にしていくといいでしょう。なぜ起業したいのか、何を目的に行いたいのかというところです。起業をすると、様々な問題というものが出てきますが、その問題を乗り越えていくには、強い目的意識が必要になります。どのようなモチベーションがあるか確認してみましょう。

【起業の仕方】取り組む事業の決め方

起業の目的がはっきりしたら、取り組むべき事業を決めていきます。取り組むべき事業は、次のようなポイントに気を付けるのです。

・それまでのスキルや人脈・リソースを使った事業
・採算性が見込める事業
・顧客との接点の見える事業

それぞれ見ていきましょう。

自分のそれまで経験してきたスキルや人脈・リソースを使った事業の方がリスクが少なく進めることができます。例えばパティシエとして働いていたのであれば、パティシエとして独立し起業するのが、最もリスク無く起業することができるのです。

もちろん自分の経験していない分野に関する起業をしたいと考える人もいるでしょう。その場合には、念入りなリサーチと場合によっては実地体験をするなどして、自分のものにしていくといいです。

さらには採算性が見込める事業である必要があります。どんなに良いアイディアであったとしても、実現するのに大きなコストがかかってしまっては事業として成り立ちません。

最後に顧客のニーズに沿った事業を行っていく必要があります。自分のやりたいことが、しっかりと顧客や市場のニーズを満たすことができるのかを見ていく必要があるのです。

【起業の仕方】個人事業か会社設立

起業の仕方としては、個人事業か会社設立をするかの2通りがあります。

個人事業主は、法人を設立せずに個人として事業活動を行う方法です。個人事業として活動するには、税務署に開業届を出せばすぐになることができます。初期費用もかからないので、手軽に始めることが可能です。

開業freeeというサービスがあり、開業手続きのサポートをしてくれます。フォームに必要情報を入力することで、例えば以下のような書類を準備してくれるのです。

・個人事業の開業・移転・廃業等届出書
・源泉所得税の納期の
・特例の承認に関する申請書
・給与支払事務所等の
・開設・移転・廃業等届出書
・所得税の青色申告承認申請書

一方で、株式会社や合同会社など会社を設立すると個人事業よりも税金の面で有利になります。ただし設立に株式会社では約25万円、合同会社では6万円程度の費用がかかります。しかし取引先や資金調達先からの信頼度は会社の方が上がるのです。

会社設立freeeでは、手数料5000円で会社設立のサポートを受けることができます。必要書類を作成できたり、法人口座やクレジットカードの準備もすることができるのです。

まとめ

起業の仕方としては、まず起業する前に起業する目的を明確にしていくことでした。起業をすると数々の問題が出てきますが、その問題を解決する力というものは、起業の目的が明確になっていることで得ることができます。

起業の仕方として、目的が明確になったら次は取り組むべき事業を決めていきます。そのときにポイントとなるのが以下の通りです。

・それまでのスキルや人脈・リソースを使った事業
・採算性が見込める事業
・顧客との接点の見える事業

最もリスクを少なく事業を行えるのが、それまでに経験してきたスキルや人脈、リソースを使った起業をすることになります。例えばパティシエとして従事していたなら、パティシエとして独立するのが最もリスクが少ないのです。

次に採算性が見込める事業を行うことも大切です。いかに良いアイディアだったとしてもコストがかかりすぎるものでは、運用していくことができません。

またどんなに自分のやりたい事であったとしても、顧客のニーズにあったものでなければならないのです。

起業の仕方には、個人事業と会社設立の方法があります。個人事業の方法は、開業届を税務署に提出すればすぐに事業を行うことが可能です。

一方で会社設立には、多くの必要書類提出と費用がかかります。しかし税金面では個人事業よりも優遇されるのです。

個人事業も会社設立も無料や安いコストでサポートが受けられるサービスがあります。そのようなサービスを活用しながら、起業に役立てて下さい。

投稿日:

Copyright© 起業JP , 2020 All Rights Reserved.