人生100年時代、いつでも起業に挑戦できる機会を提供

資金調達して起業するには!起業に必要な資金を解説!

起業しようとしたときに、どのような起業をするかによって必要な資金は変わってきます。インターネットを使って一人で起業するような場合には、10万円あれば資金は十分ということもあるのです。逆に、店舗を構えて、従業員を10人雇うというような場合には、1000万円以上の資金が必要となるでしょう。

独立開業する際にかかる諸経費は、以下のようになります。

・名刺や印鑑代 3,000円~20,000円
・打ち合わせのための交通費 月5000円~5万円
・打ち合わせのための飲食費 月5000円~2万円
・文房具・ソフトウェア 1万円
・チラシ印刷代 2万~3万円
・WEBサイト作成代 25万~100万円

また会社設立にかかる費用は、次の通りです。

・登録免許税 15万円
・定款認証料 5万円
・設立代行手数料(頼む場合) 1万円
・会社印鑑作成料 2万円


合計で23万円
になります。

そして不動産を東京・表参道で15坪で借りる場合には、家賃や敷金・保証金・礼金、仲介手数料、家賃前払いなどを支払って合計429万円が必要となるのです。

この他に運用費がかかります。

それでは資金調達はどのようにするのでしょうか。資金調達の方法は、以下の通りです。

・補助金・助成金を利用する
・融資を受ける
・出資を受ける
・クラウドファンディングを利用する

補助金・助成金・出資・クラウドファンディングは返済の必要が無いですが、融資は返済の必要があります。

起業するために必要な資金

自分がどのような業種で何を起業するかによって必要な資金というのは変わってきます。一人でインターネットを使ったビジネスをする際には、必要資金は10万円程度で済む場合もあるかもしれません。

逆に店舗を出し従業員を10人以上雇う場合には、1000万円以上の資金が必要となるでしょう。まずはじめに、起業するために必要な資金について見ていきます。

起業の種類ごとに異なる資金について

起業する種類ごとに異なる資金について紹介します。
まず一般的に独立開業する際にかかる資金は次の通りです。

内容 費用
名刺や印鑑代 3,000円~20,000円
打ち合わせのための交通費 月5000円~5万円
打ち合わせのための飲食費 月5000円~2万円
文房具・ソフトウェア 1万円
チラシ印刷代 2万~3万円
WEBサイト作成 25万~100万円


最小限に抑えて29万円くらいの費用
が必要になります。打ち合わせのための交通費は、最近流行りのリモート会議に変えることで、抑えることができるのです。

会社を設立する際にかかる資金は、次の通りになります。

内容 費用
登録免許税 15万円
定款認証料 5万円
設立代行手数料(頼む場合) 1万円
会社印鑑作成料 2万円

合計で23万円程度の資金が必要となるのです。
他に不動産を賃貸する場合は、例えば東京・表参道で15坪借りると以下の通りになります。

内容 費用
1ヶ月の家賃 39万円
仲介手数料 39万円
敷金・保証金 312万円(保証金)
礼金 0円
家賃前払い 39万円

以上で429万円が必要となります。他には、共有のレンタルオフィスを借りればさらにコストを安くすることも可能です。場合によっては、バーチャルオフィスで住所だけを借りるこということもできます。その場合には、月額利用料が3000円~3万円程度で他にも、専用ロッカーや郵便受け取り・転送サービスなどがかかります。

会社設立時にかかる費用は、このようになりますが、他にも運用するのにかかる費用もかかるのです。

起業するための資金調達の方法

起業するための資金調達の方法は、次のような方法があります。

・補助金・助成金を利用する
・融資を受ける
・出資を受ける
・クラウドファンディングを利用する

それぞれ見ていきましょう。

補助金、助成金は、国や地方公共団体、民間団体などから返済不要の資金を受け取ることができます。創業補助金では最大200万円の補助を受けることができ、小規模事業者持続化補助金では上限50万円の補助を受けることができるのです。

融資はお金を借りることで金利が発生しますが、起業時に利用するものとしては、信用保証協会の制度融資と、日本政策金融公庫の新創業融資制度などをチェックするといいでしょう。

出資とは返済不要の資金で、株を発行し、出資者には株の値上がり益と配当を支払うことになります。

クラウドファンディングとは、インターネットを利用して多くの人から少額ずつを資金調達する方法です。寄付型クラウドファンディング、購入型クラウドファンディング、株式型クラウドファンディング等があります。

まとめ

自分がどのような起業をするかによって必要となる資金が変わってきました。インターネットで一人で起業するような場合には、資金が10万円程度で済む場合もありますが、逆に店舗を構えて従業員10人以上を雇う場合には1000万円以上の資金が必要となるのです。

独立開業する際にかかる諸経費は、以下のようになります。

・名刺や印鑑代 3,000円~20,000円
・打ち合わせのための交通費 月5000円~5万円
・打ち合わせのための飲食費 月5000円~2万円
・文房具・ソフトウェア 1万円
・チラシ印刷代 2万~3万円
・WEBサイト作成代 25万~100万円

また会社設立にかかる費用は、次の通りです。

・登録免許税 15万円
・定款認証料 5万円
・設立代行手数料(頼む場合) 1万円
・会社印鑑作成料 2万円

合計で23万円になります。

またオフィスにかかる費用は、賃貸で借りる場合には数百万円の資金が必要となりましたが、共有オフィスにしたり、バーチャルオフィスで住所だけにした場合には数万円程度まで費用を抑えることができるのです。

そして資金調達の方法は、次のような方法がありました。

・補助金・助成金を利用する
・融資を受ける
・出資を受ける
・クラウドファンディングを利用する

最近新しく出てきたクラウドファンディングでは、インターネットから多くの人の資金を集めることができるメリットがあります。そしてクラウドファンディングを通して、多くの人に自社のことを知ってもらうことができるのです。

必要な資金を知り、必要な資金を得て、起業を確実なものにしていきましょう。

投稿日:

Copyright© 起業JP , 2020 All Rights Reserved.