人生100年時代、いつでも起業に挑戦できる機会を提供

事業計画書作成支援のFUNDOORを利用する手数料は無料で!

FUNDOORというツールは、創業時の企業の事業計画や資本政策を作るサポートしてくれます。多くの起業家が、知識不足や経験不足から資本政策の資料作成を作るのに苦労しているのが現状でした。

そこでFUNDOORによって、起業家がスムーズに事業計画書・資本政策を作ることができるようになったのです。

FUNDOORのプランは、2020年5月現在、無料で使えるフリープランのみが提供されています。今後、スタンダードプラン、ビジネスプランもリリース予定です。

現在のところは、FUNDOORは手数料無しで利用することができます。フリープランでは、事業計画、資本政策、投資家アカウントの発行や、書類共有ができるるのです。

ところで起業家が事業を説明する場合、口で説明するだけでなくしっかりとした事業計画書というものが必要になります。事業計画書の中身は、以下の通りです。

・要約
・会社概要(創業者経歴、創業の動機)
・事業の説明(ビジネス全体の俯瞰図)
・数値計画(損益や資金などの計画)
・資本(資金調達、資本政策)

事業計画の要約は、エレベーター・ピッチのイメージで書かれます。この事業は「面白い」と思ってもらえるような内容を書いていくのです。創業初期、ベンチャーキャピタルはここしか見ないと言われています。

FUNDOORを利用する手数料は、無料のプランから

FUNDOORは、創業時の企業の事業計画や資本政策を作るサポートをしてくれます。多くの起業家が、法的対応や契約書に関する知識が無く、そこにリソースを奪われている状況をみていたのです。起業家が、資本政策の資料作成をスムーズにできるようにと考えられたのが、FUNDOORなのです。

そのFUNDOORを利用する手数料は、どうなっているのでしょうか?

FUNDOORの手数料は、無料プランが準備されている

FUNDOORには、次のプランが提示されています。

プラン名 手数料
フリープラン 無料
スタンダードプラン リリース予定
ビジネスプラン リリース予定

フリープランは、事業計画、資本政策、投資家アカウントの発行や、書類共有ができるプランとなっているのです。

メールアドレス、パスワードを入力し、利用規約・プライバシーポリシーに同意、「私は反社会勢力と関係ありません」を選択すると登録ができます。

事業計画書の作成や資本政策のサポートがあって、無料でできるのは起業家にとって嬉しいのではないでしょうか。株式会社日本クラウドキャピタルとしても、起業家に使ってもらいながら、FUNDINNOへの登録をしてもらうことも目的かもしれません。

起業家にとって口約束だけでなく大切な事業計画書

起業家にとって、投資家や金融機関に対して口で説明するだけでなく、しっかりと説明されている事業計画書が必要となってきます。その事業計画書の中身は、次の通りです。

・要約
・会社概要(創業者経歴、創業の動機)
・事業の説明(ビジネス全体の俯瞰図)
・数値計画(損益や資金などの計画)
・資本(資金調達、資本政策)

事業計画の要約は、エレベーター・ピッチのイメージで書かれます。この事業は「面白い」と思ってもらえるような内容を書いていきます。創業初期では、ベンチャーキャピタルはここしか見ないと言われているのです。

例えば定食屋のサブスクリプションサービスをチェーン展開で行っていくという新規事業を考えているとしたら、どのようなコンセプトで、どのようなターゲットに向けて展開していくのか、定食屋のオーナーにどうやって契約してもらうか、などを簡潔にまとめていきます。

テレビ番組のCMでダイジェストが流れているようなイメージで、書いていくのです。

会社概要は、会社資本金などについて、経営陣の略歴等、 組織図 、事業内容の概要(箇条書きで書けるくらいのもの)を書いていきます。

事業の説明は、事業の詳細説明、マーケット概要、市場規模、市場構造などについて書いていきます。定食屋のサブスクの例で言えば、定食屋オーナーとの契約の中身、サービスを受けるための手段(サブスクカードの発行等)、飲食業界とサブスクのマーケットについて、定食屋の市場規模や市場構造などについて書いていくのです。

数値計画は、戦略、販売・人員計画、損益計画、資金計画などを計上していきます。そして最後の資本については、FUNDOORでサポートが受けられる資金調達についてや、株主構成 (資本政策表 )などを書いていくのです。

まとめ

FUNDOORは、創業時の企業の事業計画や資本政策を作るサポートをしてくれました。多くの起業家が、識不足や経験不足から資本政策の資料作成を作るのに苦労しているために、作られたのがFUNDOORです。

そのFUNDOORは、2020年5月現在では手数料が無料で使えるフリープランだけが提供されていました。今後、スタンダードプランやビジネスプランも提供予定です。

フリープランは、事業計画、資本政策、投資家アカウントの発行や、書類共有ができるプランでした。

起業家にとって、事業プランを口で説明するだけでなく、事業計画書として伝えることはとても大切です。その事業計画書は、次のような内容でした。

・要約
・会社概要(創業者経歴、創業の動機)
・事業の説明(ビジネス全体の俯瞰図)
・数値計画(損益や資金などの計画)
・資本(資金調達、資本政策)

事業計画の要約は、エレベーター・ピッチのイメージで書かれます。この事業は「面白い」と思ってもらえるような内容を書いていくのです。創業当初の頃、ベンチャーキャピタルはこの要約だけを見るので、とても大切でした。

事業の説明は、事業の詳細説明、マーケット概要、市場規模、市場構造などについて書いていくのです。

数値計画については、FUNDOORのサポートを受けることができるでしょう。

今、起業しやすい環境が整ってきており、資本政策などもFUNDOORを利用しながら作成できます。起業をしようと考えている人は、一度使ってみてはいかがでしょうか。

投稿日:

Copyright© 起業JP , 2020 All Rights Reserved.