起業の教科書連載シリーズ


「発達障害者ライフハックブログ」の借金玉さんによるマイクロ起業体験談コラム
借金玉さんのプロフィール
ブログサイト「お前ら、社畜で人生楽しいか?」のアツシさんによる、脱社畜のすゝめコラム
アツシさんのプロフィール
“ショボい起業コンサルタント”えらいてんちょうさんによる、ショボい起業コラム
えらいてんちょうさんのプロフィール
法政大学キャリアデザイン学部の遠藤野ゆり助教授による「発達障害と起業」について考えるコラム
遠藤助教授のプロフィール

山梨イノベーションキャンプ 2017

山梨イノベーションキャンプ 2017

山梨イノベーションキャンプ 2017

主催団体:山梨県

募集対象:学生、社会人

開催時期:9月15日〜17日

開催場所:山梨県内各会場

参加費用:無料(宿泊費用などは自己負担)

募集期間:第一次応募:6月〜8月 第二次応募:7月14日〜8月9日

プログラム内容:山梨イノベーションキャンプは、地域と日本におけるスタートアップエコシステムの活性化をめざす活動であり、2014年から毎年山梨県が主体となり、実施されているアクセラレータプログラムである。現在までの参加総数は81チーム、125名にのぼり、例年参加者は増加している。

プログラム設計は、2014年、2015年は5日間、2016年は3日間のプログラムで行われた。プログラム中にはビジネスモデルやプレゼンのワークショップ、メンター陣によるビジネスプランのブラッシュアップなどを受け、予選会と最終日のビジネスプランコンテストに臨む。

プログラムの特徴として挙げられるのが、参加チームの稼働率である。全体参加チームの44%がプログラム後に起業や新規事業立ち上げを行っている。プログラム中だけでなく、その後のサポート体制がしっかりしていること、コミュニティとしての仕組みが確率していることなどが大きく影響しているだろう。

また、山梨イノベーションキャンプに置ける特徴の一つが、参加部門が分かれている点である。大きく分けて共創部門と創造部門がある。創造部門はゼロからのスタートがメインで、共創部門は他社とのジョイントがメインとなる。

こちらの記事が今読まれています。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)