えらてん対談

【えらてんvs笹谷ゆうや】現役大学生がエデン本店の2代目へ。今後のエデンの発展を担う論文YouTuber笹谷ゆうやの起業対談

更新日:

どうも、えらいてんちょう(@eraitencho)です。皆さん、「しょぼい起業」やっていっていますか。今回は、私からエデン本店の店長を引き継いだ「論文YouTuber笹谷ゆうや(@yuyasasatani)」にインタビューをしました。

えらいてんちょうさんの作家デビュー作「しょぼい起業で生きていく

現代のメディチ家になりたい。その思いを胸に抱きエデン本店の店長を引き継いだ理由

えらいてんちょう
よろしくお願いします。まずは自己紹介をお願いします。
論文YouTuber笹谷ゆうやと申します 2018 年の6月からYouTuberとして活動をはじめており、内容としては論文を紹介したり研究者にインタビューしたりする動画を撮っています。最近チャンネル登録者数が2000人を超えました。その後10月にえらてんさんからエデン本店の経営権を引き継ぎ、現在はエデン本店の店長として1ヶ月目が経とうとしています。
笹谷ゆうや
えらいてんちょう
なぜエデン本店の店長を引き継ごうと思ったのでしょうか?
もともと僕は余剰資産を若い研究者に提供する「現代のメディチ家」になりたいという野望があります。そのためには、いつかは経営者側の視点も知る必要があると考えていた時にえらてんさんの「エデン本店の店長募集」ツイートを拝見して、その日のうちにDMしました。そしたら当日のうちに会うことになり、そのまま店長を引き継ぐことになりました。
笹谷ゆうや
えらいてんちょう
募集ツイートを見て引き継ぎたいと立候補した理由はどんなことでしたか。
エデンの1日バーテンシステムと僕が行っている論文YouTuberの活動に類似点があったからです。エデンでは 1 日バーテンをやってほしい人に勧誘を行いバーテンをやってもらうのですが、論文YouTuberの活動も出演者の方に動画撮影の依頼をして動画として投稿しています。この似ている部分を自身で経験しているからこそ、エデン本店の店長を引き継げるのではないかと思い立候補しました。
笹谷ゆうや
えらいてんちょう
もし私の店長引き継ぎ募集ツイートがなかったら起業していましたか。
そこはちょっと今でもわからないところです。起業したいという思いはありましたが、事業としてやりたいことがなかったんです。エデンであればエデンの場が好きなので維持するために店長として頑張れるのではないかと思いました。僕はサラリーマンで効率的に稼ぐことはできると思います。ただしそれは「そこそこ稼げるサラリーマン」であり、僕の理想とする現代のメディチ家にはなれないという見通しがありました。現代のメディチ家になるための勝負をするチャンスを考えていたところに、えらてんさんの募集ツイートがあったから引き継いだという形になります。
笹谷ゆうや

「自分が好きな場」を経営者として見る。新店長としてこれからエデンで活動するにあたって

えらいてんちょう
エデンの場が好きとおっしゃましたが、どんなところが好きなのでしょうか。
1番好きな点は多様性に富んでいるところです。エデンという店舗はバーテンをしていただく人やその日のテーマによって客層も異なるという特徴があり、さまざまな人間関係のハブにもなっています。客層が偏らずにさまざまな人と出会う切っ掛けになるという所を魅力的かつ好きな点だと考えています。
笹谷ゆうや
えらいてんちょう
多様性に富んでいるエデン本店ですが、引き継いで1ヶ月目で経営において楽しさや難しさを感じたことはありますか。
楽しいことはとしては、今までは取捨選択して行かなかったコンセプトのバーの方々と会うことができるようになったことがあります。経理上の都合、自分の興味関心に関係なくエデン本店にはほぼ毎日います。そのため、エデン本店の店長を引き継がなければ絶対行かなかったコンセプトのバーに来るバーテンやお客さんとも関わりを持てるようになったことで「こういう客層がこのコンセプトの時には来るんだな」「こういった雰囲気でこのコンセプトのバーは開かれているんだな」というのを学べることが楽しい点として挙げられます。難しさや苦しさとしては 10 月はえらてんさんの業務の引き継ぎであったり集客が見込めるイベントが多かったりと特に困る点はありませんでした。まだはじめて1ヶ月であるという点を踏まえると、11月からが本番かなと思っています。これから困ることはあると思いますが、死にはしないと思うので(笑)
笹谷ゆうや

今後はエデンでも新しいイベントを組んでいきたい。人の繋がりを更に拡大することが野望

えらいてんちょう
確かに死にはしませんね。今後のエデン本店店長としての展望をお聞かせください。
エデン本店の店長としての展望は朝や昼のイベントを増やしたいと考えています。現在朝ではカルチャーセンターのような「〇〇を勉強する会」といった形の勉強会のようなイベントが少しずつ入ってきているので、これをもっと入れていけるようにしたいです。また、平日昼は集客自体が少ないため現在は作業スペースとして活用しているのですが、今後は集会業者に貸し出すなど新しい使い方を広げていきたいと考えています。
笹谷ゆうや
えらいてんちょう
個人としての展望もお聞かせください。
個人の展望は大きく分けて3つあります。最近では論文YouTuberの方でのチャンネル登録者数が増えてきたので、このYouTuber活動を今後も続けていきたいというのが個人的に思う展望の1つです。2つめは学術クラウドファンディングというサイトとコラボできないかなということを考えています。3つめとしては学術的な内容を非学術的に紹介するサイトとかを学術的な行動をしている人と一緒に作ってみたいなという願望があるので、人間関係における横の繋がりを増やしていきたいというのがあります。YouTuberだけにとどまらず、似たような専門的な内容をわかりやすく紹介できるような方と枠組みを問わずに交友を広げていきたいというのが今の野望です。
笹谷ゆうや
えらいてんちょう
ありがとうございました。
えらいてんちょう

このページの目次を見るえらいてんちょうとはえらいてんちょうの著書について えらいてんちょうとは 1990年に千葉県で生ま ...

笹谷ゆうや

このページの目次を見る笹谷ゆうやとは笹谷ゆうやの著書 笹谷ゆうやとは 現在、論文YouTuberとして活躍中。論文ユーチ ...

よく読まれている記事



-えらてん対談
-,

Copyright© 起業JP , 2019 All Rights Reserved.