えらてん対談

【えらてんvs難民社長】コーヒーショップからカレー屋へ。難民社長の挑戦

投稿日:

どうも、えらいてんちょう(@eraitencho)です。今回はしょぼい起業の出店から半年のインタビューとして、兵庫県川西市でカレー屋ケプリコを経営している難民社長さん(@fbtfumiel)に再びお話を伺いました。

難民社長は片手間のコーヒーショップをオープン

えらいてんちょう
今日はよろしくお願いします。オープンして半年ということですが、改めてオープン当初のお話からお伺いしてよろしいでしょうか?
2018年の3月に出店したんですけど、初めはコーヒーショップとしてやっていました。せどりをやっていたので片手間に朝だけお店を開ける感じですね。午前中に店でコーヒーを焙煎して、通販もやっているの発送して。昼以降はせどりをしていました。せどりをしていると家にいることが多いので、外に出るリハビリ、引きこもり解消のために店を始めました。

月の売り上げは5万円くらい。メニュー飲み物だけで、あとはお菓子を置いてました。お客さんはネットのからの方が多かったですね。焙煎しながらツイッターで集客して。コーヒーを焙煎していると匂い立つんで路面のお客さんも来てくれます。家賃も安いんでゆったりとした経営を目指してやっていました。

難民社長

難民社長のCoffee&Curry「ケプリ」

売上を上げるため、カレー屋として生まれ変わる

えらいてんちょう
出店当時はゆったりとしたコーヒーショップだったんですね、そこから今のカレー屋になったのはいつ頃でしょうか?
プライベートでいろいろあったんですけど、5月ころにもうちょっと売上を上げたいという気持ちになりました。最初の2ヶ月くらいはゆったり片手間で趣味のコーヒー焙煎でやっていたんですけど、ひょんなことからカレー屋をすることになりました。5月から2ヶ月かけて1万回(笑)試行錯誤して、秘伝のカレーを完成させました。そして7月7日にカレー屋として生まれ変わりました。

カレー屋を始めて、メニューは最初から3種類あったんですけど、商品にするまでに時間がかかりました。今はチーズをかけたりココナッツミルクをかけたりして種類はいろいろあるんですけど、ルーとしては3種類です。通販でスパイスミックスの粉として販売できて、ようやく初めて全体を把握したってことになるので。(ケプリコでは誰にでも作れるカレーとして、お店で出しているものと同じスパイスミックスを販売しています)おいしいものをどう作るかまでは簡単なんですけど、おいしさの構成要素を全部把握して落とし込まないと粉(スパイスミックス)にまでできないんですね。

難民社長

難民社長自身が居なくても回るシステムを作りたい

えらいてんちょう
実際にカレー屋として営業してみてどうでしたか?
7月からカレー屋を始めてオペレーションを洗練していきました。一日にどれくらいのカレーが出ているかを把握して、工数を簡略化しています。珈琲屋は学生の頃から長いことしていたのでだいたいわかるんですが、カレー屋は初めてなので最初はわからないことばかりでした。細かいことですが、しっかり小分けにして提供するようにして、ロスを出さないようにしています。

あとは人に任せられるようにですね。システムを作りたかったんです。自分が居て回るんじゃなくて、労働力を投入すれば回るようにしていきたい。それで回せるのが理想です。

難民社長

チラシと口コミで順調に成長

えらいてんちょう
出店して半年経ちましたが、現状はいかがでしょうか?
8月の売り上げは15万くらい、ネットと合わせて20万ですね。通販も市販のルーでうまく作れない人に向けて、失敗しないカレーとして販売したのですが、それもハネてくれました。6食600円で販売してます。それでも市販のルーと比べると高いですけどね。

9月は店舗だけで20万くらいですね。成長の要因は明確で、チラシと口コミです。夏は暑くてあんまりチラシ配りができなかったのと、店がまだできたばっかりで知名度がなかった。最近は涼しくなったのでしっかりチラシ配りをやっています。お客さんとかによく値上げするように言われるんですけど(一番人気のトマトチキンカレーが390円)390円のカレーだとチラシを配った時の食いつきが違います。やっぱりこの値段だとすぐに行こうって思うんですね。800円とかにして広告を打つより広告費がかからない。

一番はやっぱり口コミですね。「うまい」だけで口コミはしんどいです。「安くてうまい」の口コミでお客さんが増えてきました。毎日食べに来てくれる常連さんもできました。ケプリコのカレーは毎日食べれる家庭料理を意識しています。最近またレシピから油を減らして鳥から出る脂だけでやってます。いかにも外食のようなカレーもいいんですけど、食べてくれる人の(心の)実家のドアを開けたいと思っています。
他にもチラシを100枚持って帰って配ってくれたりするようなケプリコのファンもできました。お店としても「ファンがつく余白」というものは意識してます。お客さんが手伝いたくなるように。

難民社長

新しい店舗を増やしていく

えらいてんちょう
売り上げは順調に伸びてるようで安心です。これからの展開についてはどのように考えていますか?
最近はスタッフを増やしています。この店舗は一人で回せますし売り上げはほっておいたら上がると思います。スタッフを増やすのは単純に僕が体調が悪くなった時などのリスクヘッジもありますけど、新しい店舗のためです。今はパートなどで入ってくれている人が4人います。今後ともスタッフは増やしていく予定です。
商品についてはベースのカレーについての理解を深めていってます。カレーもマイナーチェンジをして、ちょくちょくレシピを書き換えてます。
難民社長
えらいてんちょう
次の店舗はどのあたりを考えてるんですか?
次の店舗も阪急宝塚線沿線で探しています。阪大の近くで良さそうな物件があったので、宅配専門の店舗も考えています。ずっと物件探しはしているんですけど、なるべく家賃が5万円以下の物件を探しています。路面店だと20万円くらいで高いんですけど、5万円以下の物件だとなにかしらの不利な条件があります。なのでその物件の特性に合わせた営業形態を見つけていくことですね。

なので今はメインで店長とかを任せられる人を育てていってるところです。売上はしばらく人件費に回しています。投資ですね。今後の展開に向けて手を広げていってます。お金があっても人がいないと店舗はできない。店舗を立てて人を雇っても店舗は回りません。その前に人を仕込んでおかないと。

難民社長

界隈の実業枠を増やしたい

えらいてんちょう
この店舗で人を使わずに営業すると手堅く儲けられると思うんですけど、店を増やして手を広げて、そのモチベーションはどこから出てくるんですか?
僕としては(エデン)界隈全体の実業のパーセンテージを上げたいっていうのが大きいです。パンとサーカスで言うパンの部分。えらてんが思いっきりサーカスしてくれてるので、僕はサーカス団の食堂部門です。サーカス的な食堂ではあるんですけどね。実業枠を増やしていきたいです。

エデン札幌店長の不謹慎マンもカレー屋事業を始めていきたいそうでありがたいです。カレー屋でバイトして、バイトした金握りしめてエデン行く、みたいな感じになればいいと思います。エデンにはとてもお世話になっているので、自分で稼いで界隈にも貢献していきたいとの思いがあります。えらてんの懐刀ですからね。

難民社長
えらいてんちょう
実業枠増やしていきましょう。今日はありがとうございました。
えらいてんちょう

このページの目次を見るえらいてんちょうとはえらいてんちょうの著書について えらいてんちょうとは 1990年に千葉県で生ま ...

難民社長
難民社長

このページの目次を見る難民社長とは難民社長の著書について 難民社長とは 難民社長さんこと本名:藤野 郁哉さんは、関西学院 ...

よく読まれている記事



-えらてん対談
-,

Copyright© 起業JP , 2019 All Rights Reserved.