えらてん対談

【えらてんvs阪田健太郎】エデン尾道のオーナー「阪田健太郎」と雇用について考える。大手と個人経営の雇用の違い。

更新日:

どうも。えらいてんちょう(@eraitencho)です。今回は大手予備校・学習塾での講師や採用担当の経験もあり、現在は尾道で塾の経営をしている阪田健太郎さん(@angeltalktech)に、雇用についてお話を伺ってきました。
大手と個人経営ではどのような違いがあるのでしょうか。

東大中退から大手学習塾への就職。大手の採用担当が重視することとは?

えらいてんちょう
まずは自己紹介からお願いします。
阪田健太郎(@angeltalktech)と申します。東京大学在学中に始めた塾講師のバイトで、教育の魅力に目覚め、その後、中退して塾講師になり、採用なども経験した後、現在は広島県尾道市で「さかた塾」という難関大学合格に特化した塾の経営をしています。
阪田健太郎
えらいてんちょう
大学より塾講師が楽しくなり東大を退学したとのことですが、大きな理由はなんだったのでしょうか?
東大は教育がメインでははなく研究がメインな為、いざ入学してみると自分が思っていたのもとは違い、ただ座っているだけの授業がつまらなかったんです。残念ながら、大学では良い先生には出会えませんでした。
一方で、塾講師のバイトは、元々高校の時から塾や予備校の先生に憧れていたのもあるのですが、目の前で確実に人が成長していくので、自分が勉強するよりも楽しく感じました。
夜遅くなる仕事なのでどうしても大学の方をサボるようになり、そのまま大学を辞めてバイトで働いていた塾で正社員として働くようになりました。
阪田健太郎
えらいてんちょう
塾講師時代に採用にも携わっていたとのことですが、何を重視して採用をしていましたか?
まずは、生徒としっかりコミュニケーションが取れる人なのかどうか、それから、知識の有無などは後から教えていくことができるので、それよりはきちんと教えたことを吸収してくれるかどうか、向上心があるかを重視していました。また、採用の際には必ず模擬授業をしてもらうのですが、声の出し方や、目を見てきちんと話せるか、相手にちゃんと伝えようとする気はあるかというのは後々なかなか変わらない部分なので、その部分で今後のびしろがあるかどうかを重視していました。
阪田健太郎
えらいてんちょう
実際に採用した後のことについて教えてください。
この仕事は生徒と関わっていくものなのですが、言われたことしかやらず、プラスαの部分がどうしてもできない人が一定数いてそれは困りましたね。生徒のことを何も知りませんというような人もいて、保護者の方から電話がかかってきても、「ちょっとわからないです」という対応だったりとか。やはり生徒としっかりコミュニケーションがとれるかどうかは塾講師としては大切なことだと思っています。

反対に、とにかく生徒のモチベーションを上げるのが得意な人もいて、そういう方は採用して良かったなと思いました。とてもしっかりと生徒と話し込んだり、一緒に目標を立ててあげたり、とにかくコミュニケーションが濃密にとれていました。言われてことだけやるとか、給与分だけというのではなく、自分なりにしっかりと工夫してコミュニケーションをとって、プラスαのことを積み上げていける人は、ものすごく生徒の成績を上げたりしていて、すごいなあと思って見ていました。

阪田健太郎
えらいてんちょう
その後の採用の際にも反映されていったのでしょうか?
そうですね。こちらの出した指示通りにこなすだけの人ではなく、自分なりに考えてプラスαの部分も動ける人の方が向いているなと実感したので、採用の際にも重視するようになりました。
講義で教える内容も大事ですが、それだけではなく、生徒と密にコミュニケーションを取ってモチベーションを上げられるような人の方がよいですよね。
プラスαをやってくれるかどうか、採用の時点で見極めるには、ある程度話すとわかるのですが、こちらが聞いたことに関してそれに答えるだけで終わるのではなく、なにか向こうから働きかけてくれるかどうかを見ていました。
阪田健太郎

大手から独立して個人で塾の経営を開始。採用基準はどのように変わったのか

えらいてんちょう
独立後の個人経営の塾の採用に関しては何を重要視していましたか?
大手の塾の時は基軸となる講師がいるので、即戦力ではなく、今後ののびしろや向上心を重視して、育てていくという環境があったのですが、独立後は個人で回している状態だったので、人を育てている余裕はなく、No.2やNo.3になれるような、中核を担う人物が欲しかったですね。あとは、私ができることはやってもらう必要がないので、自分に足りない部分を既に力として持っていて、即戦力になれる経験者、というように、結構明確に「こういう人が欲しい」と思って採用していました。なので、大手の企業の中で採用するのとは全く違っていましたね。
阪田健太郎
えらいてんちょう
採用してみてどうでしたか?
実ははじめは、とりあえず人手が欲しいということで、自分ができることの代理でやってもらえような人を雇ってしまった経緯があるのですが、自分がこなせることであれば、他人にやってもらう必要はないので、気づけば雇ってはみたものの、やってもらうことがあまりなく、指示出しの時間があったら自分で動いた方が早いなという状況になっていました。そこはあまりうまくいかなかった記憶があります。自分が足りない部分を補う採用に方針転換してから、採用関係に関してはうまくいき始めた感覚があります。

また、私は塾長という立場なので、生徒とあまり距離が近くなりすぎない方が良いのですが、アルバイトで採用した子がフレンドリーに「最近部活どう?」という風に、立場上自分ができないことができる、明るくてコミュニケーション能力のある人を採用するようになって、すごくうまくいくようになったと思います。

阪田健太郎
えらいてんちょう
なるほど。大手と個人経営ではやはり欲しい人材が違うわけですね。
そうですね。大きな会社で採用をやっていた時と、個人で会社をやり始めてからの採用基準は大きく違ったので、就活生のみなさんにとっては、受ける会社によってどういうアピールをしていかなきゃいけないのかも違ってくると思います。どの企業にも同じ対策をとるのではなく、何を求めているのかは企業によって違うので、それをしっかり捉えた上で動けるといいと思います。
阪田健太郎

就活対策講座も受け持つ講師としてのアドバイス

えらいてんちょう
大学で就活対策の講座もお持ちとお聞きしました。このサイトの読者に就活に関してアドバイスはありますか?
とにかくたくさん本を読んで欲しいです。ビジネス書に限らず、興味があるものであれば、幅広いジャンルの本を読むのがお勧めです。あとはたくさんの人に実際に会って、いろんな経験談などを聞いて吸収して欲しいです。自分の力だけで行ける場所ってそんなに多くはないので、とにかく文字からでも人からでもいいので情報を吸収することを早くから心がけると全然違うと思います。

それから、自己分析にあまり力を入れてない人が多いのですが、その状態で受けても企業側も採用のしようがないです。自分のことをよくわからないまま企業を受けても、自分がどのように役立てるのかアピールができませんよね。

どういう仕事がしたいか、どういう仕事はしたくないかをしっかり考えておいて欲しいです。自己分析をしないで、「大手だから」「収入が高いから」という理由で選ぶと、ミスマッチになったり、結局アピールしきれないという事態になるので、まず自己分析をしっかりやりましょう。

最初はどういう仕事があって、自分はどこなら楽しく働けそうかなというのを考えて、職種や業種を大まかに見る程度でいいと思います。それができたら自己分析本を使ったり、複数名で自己分析しあったり、OG・OBや企業の方に会ったりして、人の目を通して自己分析を鍛えて行くのも大事です。

また、解禁されてから漸く就活を始めて、業界分析に時間を割かずに、受ける企業の数を絞りすぎている子が多いです。中には解禁になっても動かない子もいるんですが、時間がなくて業界分析をしていないと、知っている企業ばかり受けてしまいがちになり、そうすると大手ばかり受けて、結局内定が全く取れずに終わってしまいます。就活対策は早いに越したことはないです。理想は2年生からある程度、業界や職種など、方向性を決めて調べたり、アンテナを張り始めておくのがいいと思います。

阪田健太郎
えらいてんちょう
最後に、これからの展望をお聞かせください
自分が楽しいと思うことだけをやって生きたいという気持ちがあり、数年前から隠居したいという気持ちが出てきていました。塾の業務が結構たくさんあるので、気持ちや時間に余裕が持てるくらいに、少し減らしていこうかなと思っていたタイミングで、twitterで東京や大阪など各地にあるエデンというイベントバーの存在を知りました。ちょうど広島でやりたい人を募集していたので、立候補したところ、トントン拍子にエデン尾道のオーナーになる事が決まり、この10月にオープンしました。

この辺りは高校生の情報が閉ざしていて、将来なりたい仕事を聞くと、公務員や看護師、理学療法士など、昔からあって親世代が知っている仕事を選んでしまう子が多いんですが、就職してから違うなあという気持ちを抱えてしまいがちなようです。エデン尾道が、学生たちにとって、もっといろんな生き方、働き方があることを知れるような、社会人との交流の場になればいいなと思っています。

阪田健太郎
えらいてんちょう
ありがとうございました。
えらいてんちょう

このページの目次を見るえらいてんちょうとはえらいてんちょうの著書について えらいてんちょうとは 1990年に千葉県で生ま ...

  

よく読まれている記事



-えらてん対談
-,

Copyright© 起業JP , 2019 All Rights Reserved.