人生100年時代、いつでも起業に挑戦できる機会を提供

株式型クラウドファンディングに参加する株式会社

ベンチャー企業の株式会社が株式型クラウドファンディングを利用する流れは、次の通りです。

  1. 審査準備
  2. セール準備
  3. セール実施

審査準備においては、資金調達までの流れを明確化し、案件概要書を作成していきます。セール準備では、写真や動画を撮影して募集ページの作成を行うのです。

セール実施では、募集ページを公開し、エンジェル投資家への案内を行います。株式型クラウドファンディングのプラットフォームは、事業計画の作成や、資本政策の策定などのサポートを行ってくれます。

特徴としては、その他の資金調達の方法に比べて、資金調達できるまでの時間が短いです。すぐにでも創業資金を必要とする株式会社は、株式型クラウドファンディングを利用することで、素早く資金調達できます。

創業まもない株式会社が株式型クラウドファンディングに参加するメリットは、次の通りです。

・マーケティング効果がある
・投資による資金調達なため返済の義務が無い
・財務の健全化を実現することができる

株式型クラウドファンディングに参加することで、より多くの投資家に知られることができます。エンジェル投資家は、個人であるためSNSやメディアにおいて応援する企業の情報を拡散する可能性があるのです。

また株式会社日本クラウドキャピタルのプラットフォームでは、債務超過でも一定の要件のもとに資金調達が可能です。

ベンチャー企業の株式会社が株式型クラウドファンディングを利用する

ベンチャー企業の株式会社が株式型クラウドファンディングを利用することで、個人投資家から資金を調達することができます。株式会社が株式型クラウドファンディングを利用する流れや利用する際に気になる点について見ていきましょう。

株式会社が株式型クラウドファンディングを利用する流れ

ベンチャー企業の株式会社が株式型クラウドファンディングを利用する流れは次の通りになります。

流れ 詳細
審査準備 資金調達までの流れを明確化
株式会社の登録
案件概要書の作成支援
セール準備 写真及び動画撮影
投資募集ページの開設
セール実施 投資募集ページの公開
エンジェル投資家への案内

既に資金調達をしているプロジェクトでも、株式型クラウドファンディングで新たに資金調達の募集をすることは可能です。追加資金により、より創業時の事業を展開していくことが可能となります。

株式会社日本クラウドキャピタルの提供するプラットフォームには、2020年5月現在26,832人のエンジェル投資家に募集をかけることができます。

そして株式会社日本クラウドキャピタルは、株式型クラウドファンディングに参加した企業の事業計画の作成や、資本政策の策定などの援助を行っているのです。

株式型クラウドファンディングの特徴としては、その他の資金調達に比べて資金調達までの時間が短いというものがあります。さらには株主が分散することから、経営の独自性が担保されるという特徴もあるのです。

株式会社が株式型クラウドファンディングに参加するメリット

株式会社が株式型クラウドファンディングに参加するメリットは、次の通りになります。

・マーケティング効果がある
・投資による資金調達なため返済の義務が無い
・財務の健全化を実現することができる

株式型クラウドファンディングに参加すると株式会社の提供するサービスについての認知度を上げることができるのです。エンジェル投資家は、個人であるのでSNSやメディアにサービス情報が拡散される可能性があります。

さらには資金調達後は、事業を応援するファン投資家として商品を購入したり、取引先を紹介してもらったりと幅が広がっていきます。

そして株式型クラウドファンディングは、融資ではなく投資なので返済の義務がありません。リターンを期待する投資家はもちろん多いですが、応援してくれる投資家も多く存在します。

株式会社日本クラウドキャピタルのプラットフォームでは、債務超過でも一定の要件のもとに資金調達が可能です。そのため財務の健全化を実現できます。会計士による緻密なIR情報、事業計画書サポートを受けることにより、次回以降の資金調達もスムーズになるのです。

まとめ

ベンチャー企業の株式会社が株式型クラウドファンディングに参加する流れは次の通りです。

  1. 審査準備
  2. セール準備
  3. セール実施

審査準備のおいては、株式会社の登録の他、案件概要書の作成支援等を行っていました。セール準備では、写真や動画の撮影を行い募集ページの準備をします。
セール実施では、募集ページの公開・エンジェル投資家への案内などを行ったのです。

株式会社日本クラウドキャピタルは、参加した企業の事業計画の作成や、資本政策の策定などの援助を行います。

株式会社日本クラウドキャピタルの提供するプラットフォームには、2020年5月現在26,832人のエンジェル投資家に募集することが可能でした。

株式型クラウドファンディングに参加するだけで、それだけ大勢の人に知ってもらう機会があるのです。

株式会社が株式型クラウドファンディングにメリットは、次のようなものになります。

・マーケティング効果がある
・投資による資金調達なため返済の義務が無い
・財務の健全化を実現することができる

株式型クラウドファンディングに参加することで多くのエンジェル投資家に知られることになり、彼らがSNSやメディアで拡散をする可能性があります。

そして株式型クラウドファンディングは、融資ではなく投資なので返済義務がありませんでした。将来のリターンを期待する投資家が多いですが、事業を応援してくれる投資家も沢山存在します。

株式会社が株式型クラウドファンディングに参加する流れとメリットについて見てきました。創業時の資金調達には、とても相性の良い方法ではないでしょうか。

投稿日:

Copyright© 起業JP , 2020 All Rights Reserved.