「アツシさんの脱社畜」 一覧

2017/9/11

アツシさんの脱社畜

出る杭は叩かれる!発達障害の発想は一般社会で生かせない理由を...

「出る杭は打たれる」のが世の常です。そんな世の中で、ついつい飛び出てしまいがちな発達障害者はどのようにやっていけばよいのでしょうか。そのヒントは、環境を変え、自ら作り出すことにあります。

2017/9/4

アツシさんの脱社畜

苦しみを理解されないならば、理解されなくていい環境を構築しよ...

苦しみを理解されないとなると、普通は「どうやって理解してもらえばいいんだろう」と悩むと思います。しかし、人の苦しみを理解するというのはとても難しいことであり、発達障害の場合はなおさらです。それならば、理解されることなんて諦めて、別の道を行けばいいだけなのです。

2017/8/28

アツシさんの脱社畜

起業と社畜の適性は全くの別物!発達「障害」扱いなら個人で稼ご...

起業と社畜では必要とされる能力が全く違います。社畜として優秀だった人が起業しても必ずしもうまくいくわけではありませんし、逆もまたしかりです。だからこそ、社畜でくるしんでいる発達障害の人に、起業して個人でお金を稼ぐことをおすすめします。

2017/8/21

アツシさんの脱社畜

社畜が辛いという理由で独立することは逃げでも正しい理由だ!

社畜が辛いという方、そんな理由で独立するなんてダメだと思っていませんか?逃げているようで後ろめたかったり、周りの人に甘えだと言われたりしても、社畜が辛いという理由で独立するのも決して悪いことではないのです。

2017/8/14

アツシさんの脱社畜

発達障害者は自分を認めて褒めないと生きづらさが加速する

自分を褒めるってなかなか難しいことです。しかし、とくに発達障害の人にとっては、この「自分を褒める」ということが、エンジンに本来の動きをさせるために必要なことなのです。

2017/8/1

アツシさんの脱社畜

「空気が読めない」は独立の為の大きな武器になる

「空気が読めない」というのは悪口や批判として使われがちですが、じつは必ずしも悪いこととは限りません。「空気が読めない」ことは確かに社畜として生きるには不利ですが、起業や独立をするうえではむしろ有利なスキルといえるかもしれないのです。

2017/7/31

アツシさんの脱社畜

仕事にムラがあるなら独立して仕事時間を自分で選ぶべき!

仕事にムラがあるなら、自分で調整すればいい!誰しも常に100%の力を出せるわけではありませんが、発達障害の場合特にそのムラが顕著な方も多いと思います。会社員なら決められた時間で働くのでこうした特性は不利ですが、独立して自分で仕事の時間を調整すれば、むしろ有利にすら働くのです。

2017/7/24

アツシさんの脱社畜

就活で発達障害が分かったら?無理に就職という選択はしなくてい...

就活のときにもし自分が発達障害だと判明したら?昔と違って、今では就活して普通に就職する以外にも食べていく方法はいくらでもあります。普通でないと言われたって、向いていないことを無理にする必要はないのです。

2017/7/17

アツシさんの脱社畜

社畜は発達障害には難しい。だからこそ起業や独立に逃げていい

社畜以外の生き方を選ぶことに、すごく悩んでいたりしませんか?社畜の生き方は発達障害には難しいことが多いです。それならば、もっと気軽に起業や独立といったほかの道を選んでもよいのです。

2017/7/10

アツシさんの脱社畜

無駄なルール、暗黙の了解・・・社畜の理不尽な世界

理不尽で無駄なルールや暗黙の了解など、社畜の世界には発達障害の人には理解できないものであふれています。しかし、社畜としてやっていくにはそれに従うしかありません。どうしても従えないのなら、起業や独立という選択肢を考えるしかないのです。

2017/7/3

アツシさんの脱社畜

社畜の9割はクソ上司!その存在が発達障害の可能性を狭める!?

社畜の世界はダメ上司ばかり!そんなダメ上司のせいで、発達障害者が職場で苦しんでいるのかもしれません。もし理不尽な環境に耐えているというのなら、そんな環境にこだわらず、起業や独立という選択肢もあるのです。

2017/6/26

アツシさんの脱社畜

社畜に正論は届かない!そして状況が改善しない!

正論を言うと疎まれるのが社畜の世界?発達障害をもつ人はつい思ったことをそのまま口に出してしまいがちです。その性質を活かすためには、正論が嫌われる社畜の世界よりも、起業や独立のほうが向いているのです。

2017/6/19

アツシさんの脱社畜

成功体験の積み重ねを!社畜よりも起業が向いてる理由

成功体験を積み重ねていけば、活躍できる!そして、起業や独立は成功体験を積むのに最高の環境である!発達障害で苦しんだ時期から抜け出し、起業して成功したアツシさんの経験から、成功体験の積み方とそのメリットについて語ります。

2017/6/12

アツシさんの脱社畜

才能の振り方が極端なだけで、発達障害は病気じゃない!

才能の持ち方は人それぞれです。バランスよくいろいろなことができる人もいれば、極端に一部のことだけ得意で、ほかのことはてんでダメ、なんてこともよくあります。発達障害のひとはまさにこの後者なのではないでしょうか。だけど、その才能の振り方を理解して、自分にあった場所を見つければもっとその才能を活かせるかもしれません。

2017/6/9

アツシさんの脱社畜

能力を会社が制御できないなら、起業して自分で制御するのが一番...

能力をきちんともっているのに、もしかしたら会社という場で発揮できていないだけかもしれません。特に発達障害の人の場合は、起業して自分でその能力をコントロールできるようになれば、成功する可能性があるのです。

2017/6/6

アツシさんの脱社畜

職場で人間関係に悩んでいる人が個人で稼ぐべき理由を語る

誰もが一度は陥るであろう「職場での人間関係」の悩みですが、発達障害の人の場合、特にこれで悩む人が多いように思います。では、この「職場での人間関係」問題に発達障害の人はどう対処すればよいのでしょうか?

2017/6/6

アツシさんの脱社畜

発達障害の性質って?能力を生かすのにはどうすればいいの?

発達障害の性質とは?その性質を「弱み」ではなく「強み」として、社会を生き抜く武器にするためには?発達障害で社会人生活に苦しんだ人が、自分のスタイルを確立するためのヒントをお届けします。

2017/6/6

アツシさんの脱社畜

発達障害と起業~僕が一人で稼ぐことを選択した理由~

発達障害が起業なんて・・・そんな風に思っていませんか?社会人としてはうまくやれなかった僕が、なぜ一人で稼いでいくことに決めたのか?発達障害が苦手とすることを「強み」に変えていくにはどうすればいいのか?発達障害で苦しむ方にお伝えしたい、「自分が力を発揮できる場所の見つけ方」です。

Copyright© 起業JP , 2019 All Rights Reserved.