起業の教科書連載シリーズ


「発達障害者ライフハックブログ」の借金玉さんによるマイクロ起業体験談コラム
借金玉さんのプロフィール
ブログサイト「お前ら、社畜で人生楽しいか?」のアツシさんによる、脱社畜のすゝめコラム
アツシさんのプロフィール
“ショボい起業コンサルタント”えらいてんちょうさんによる、ショボい起業コラム
えらいてんちょうさんのプロフィール
法政大学キャリアデザイン学部の遠藤野ゆり助教授による「発達障害と起業」について考えるコラム
遠藤助教授のプロフィール

攻めの戦いしかできないなら戦闘民族になれ!

攻めの戦いしかできないなら戦闘民族になれ!

どうも!発達障害持ちで個人で金を稼ぐ生活をしているAtusi@ソラノカケラです!

いきなり戦闘民族になれ!なんて書き方をしても

「何を言ってるんだお前・・・」

と思う人も居るでしょう

しかし最近は個人で稼ぐようになってから本当にこの発達障害者というのは攻めの戦いしか向いていないという事が本当に日々実感するようになり、そして長所を生かすためには自由に戦える場所に移る必要があるということを感じています

今回はそんな自分が発達障害者として感じた事を記事にして一人でも多くの人が自分の能力を活かせるようになってもらえればと思って記事を書こうかと!

守りに入ると可能性が狭まるしストレスが非常に貯まる

ここで言う守りとは社畜という生き方についてです

社畜というのはある意味では一番怖いのが解雇という事で、解雇にさえならなければ案外どうにでもなることが多いです

私から言わせればさっさと辞めてしまって独立した方がメリットは大きいと感じるのですが、残念ながら全員が全員そういうわけにはいかないことは重々承知しています

であれば社畜というのは上からの命令や人間関係などで無難にこなすことによって荒波を立てない生き方をする必要があるんですよね

私自身が経験したのは社畜という立場では自分からあれこれやって手柄を立ててもそれが給料に反映されることは無いし、逆にミスすればどんどん評価が下がるので攻めるメリットというのが存在していません

そのように社内で立場や現在の環境を如何に守るかという戦い方になってしまうことがとても多いです

そしてそのように主導権を握れない状況で環境に振り回されて自分で裁量を決められない環境というのは発達障害者にとっては滅茶苦茶大きな負担でしかありません

発達障害者というのは守りの戦いというのはとても下手だなって自分自身でも他人を見てても感じますね

攻めてる間は主導権を握って多彩になる

攻めは最大の防御と言われてるだけあって、攻めている間というのは様々な物事で主導権を握れるので攻め方が多彩になります

ここで言う攻めというのは自営業やフリーランスといった個人で稼ぐ人たちの事を指しますね

そういう人たちは失うものが少ないですし、守りに入る必要が無いですが、逆にどんどん自分で動かなければ生きていくことが出来ません

そして守りに能力を割く必要が無いので、すべての能力を仕事という攻めに回すことが出来るのです

発達障害者は、自分から相手を振り回すようなエネルギーが有り余ってる人が多く、自分で主導権を握ってはじめて能力が発揮されることが多いです

受け身で振り回される環境だと能力を持て余したり、エネルギーの行き場がなくなって制御が出来なくなって身を滅ぼしかねないのです

終わりに・自由に攻めが出来る環境へ移るべき!

そんな膨大なエネルギーを自由に生かすためには、社畜という守りの環境ではまず発揮することは出来ません

発達障害者が昔から狩猟や争い事では長所とされてきた時代もありましたし、やはり膨大なエネルギーや、常にエンジンがかかっている状態のフットワークの軽さ、多彩で突拍子もない発想というのは短所としてみるのはあまりにも惜しすぎる能力なんですよね

時代が変わって社畜という生き方が主流になってしまったことで能力が仇となる事になってしまいがちですが、それは本当にもったいないことです

そんな戦うことが得意な特徴を生かすためにも、守りの戦いしか出来ない環境よりも、自分で攻めて成果を得られるという自分から仕掛ける環境に移行して現代らしい攻めの戦いを行うべきでは無いでしょうか?

そして現代の攻めの戦いで成果を出せる環境というのが社畜よりも起業やフリーランスといった独立する事でそのような環境に身を置くことが出来ますので、守りの戦いが向いてないというのであればいっそのこと開き直って攻めに転じてみるのはどうでしょうか?

こちらの記事が今読まれています。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)