起業の教科書連載シリーズ


「発達障害者ライフハックブログ」の借金玉さんによるマイクロ起業体験談コラム
借金玉さんのプロフィール
ブログサイト「お前ら、社畜で人生楽しいか?」のアツシさんによる、脱社畜のすゝめコラム
アツシさんのプロフィール
“ショボい起業コンサルタント”えらいてんちょうさんによる、ショボい起業コラム
えらいてんちょうさんのプロフィール
法政大学キャリアデザイン学部の遠藤野ゆり助教授による「発達障害と起業」について考えるコラム
遠藤助教授のプロフィール

独特の世界の見え方・感じ方を信じて、自分だけの正解を選べ!

独特の世界の見え方・感じ方を信じて、自分だけの正解を選べ!

どうも!発達障害持ちで個人で金を稼ぐ生活をしているAtusi@ソラノカケラです!

発達障害者の人で、普通の人と違うことをやってしまって後ろ指を差される・・・そんな経験をしたことをある人は多いんじゃないでしょうか?

私自身も過去にそういうことが何度かありましたが、かといって普通の人と同じ行動を取ったとしても失敗することがとても多かったです

そんな生活を何年も続けていると感じるのは

「自分は他人と見えている世界が違っていて感じ方が違う」

という結論に至りました

この他人と違う感性についてですが、世間では笑われたり非難されることが多いでしょうけど、この感性は絶対に大事にした方が良いと感じたので、今回はそういった他人と違う感性の話をしていこうかと!

他人には大体理解されない

この他人と違う感性というのは、世の中の大多数の人間が見えている世界とはまるで別物です

例えば私なんかで言うと、社畜として10年働いていて、その中で社畜という生き方は割に合わない上に今後はどんどん割に合わなくなってくるという事にかなり早い段階で気がついていました

このことを人に言ったとしても

「現状が嫌だから逃げているだけ」

「だったら世の中の人の大半が失敗している」

「ただの甘え」

なんて事を言われて否定しかされませんでした

他人はそういう自分の意志ではなく大衆の意志に流されてしまうので、自分の考えではなく世間の考えに合わせてしまうので、その大衆から外れた意見というのはすべて理解できずに排除しようとしてくるのです

けれども正解の選択であることが多い

上記で書いた感性がどうしても捨てきれずに2年弱前程から社畜の生き方を捨てて個人で稼ぐ生活をしていますが、収入は確かに社畜時代よりも現在は低いですが、労働時間は圧倒的に下がっているので精神や肉体的にはすごく楽になりました

また対人関係で揉めること無く一人でひたすらキーボードを叩く生活をしていますが、結構快適で社畜時代よりもずーっと充実しています

反面、私に対して辛酸な言葉を浴びせた人間は社畜環境でうつ病になったり、リストラにあって散々な目にあっていますし、続いている人間も賃金カット等にあって大変な事になりましたね

私の一例だけでもこんな感じですが、私自身が投資をやっているのでSNSなどで発達障害者と思われる人の投資方法を見ると人とは違うことを確固たる自信をもってやって成功している人が多いです

そういう発達障害者が見て感じて出した結論というのは他人がなんと言おうが正解の択であることが多いように感じますね

終わりに・自由に正解を選び取るためにも独立すべき

そんな正解だけど周囲のせいで選択がイバラと感じるような選択肢を少しでも取りやすくするためにも組織に属するということは向いてないように感じます

組織に居るとどうしても周囲の意見の決定には従わないといけないし、余計な雑音が入ってしまうことで正解の択を見失うという事が過去に何度かありました

そんな択を自由に雑念無く選択できるようにするためには、起業や独立と言った形で自分が完全に主導権を握る事が出来る環境に行くべきだと感じましたね

実際一人でやり始めてから快適に過ごせるようになりましたし、社畜時代よりも収入が上がる速度は比べ物になりません

そして発達障害者というのは一人ひとりが定型発達者よりも個性豊かなので、何に向き不向きがあるというのは他人の意見が参考になりにくいのです

であれば一番自分の事を理解している自分の意見に従うというのが人生を豊かに過ごせる一番の方法では無いでしょうか?

こちらの記事が今読まれています。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)