起業の教科書連載シリーズ


「発達障害者ライフハックブログ」の借金玉さんによるマイクロ起業体験談コラム
借金玉さんのプロフィール
ブログサイト「お前ら、社畜で人生楽しいか?」のアツシさんによる、脱社畜のすゝめコラム
アツシさんのプロフィール
“ショボい起業コンサルタント”えらいてんちょうさんによる、ショボい起業コラム
えらいてんちょうさんのプロフィール
法政大学キャリアデザイン学部の遠藤野ゆり助教授による「発達障害と起業」について考えるコラム
遠藤助教授のプロフィール

苦手を克服させようとする社畜環境は能力を潰すだけ!?

苦手を克服させようとする社畜環境は能力を潰すだけ!?

どうも!発達障害持ちで個人で金を稼ぐ生活をしているAtusi@ソラノカケラです!

社畜環境で仕事をしている時に、何か苦手なことがあると大体の職場というのは苦手を克服させようと無理にその仕事をやらせようとするところが非常に多いように感じます

会社から見れば「苦手なことでも何でも取り組み、穴がないように教育する」という方針なんでしょうが、発達障害者にこれをやると苦手を克服するどころか長所も潰しかねません

中には発達障害者の特性を理解して得意な仕事に従事させてサポートする会社もあるみたいですが、残念ながらそんな会社はまだ本当に一握りで、実際には真逆の対応を行う会社ばかりです

そういう苦手を克服しようとするような社畜環境は、発達障害者にとって様々な意味で不向きであるという事を今回は記事にしていこうかと

努力ではどうにもならないこともある

発達障害者が苦手とすることは、どれも脳の物理的な欠陥であるので、どんなに苦手な事に取り組んだとしても努力ではどうにもなりません

私自身も数々の苦手な事に取り組んできましたが、どれも修正されるどころか悪化していく一方でした

しかし世の中の環境では「苦手が克服できないのは努力が足りない」という風に見る人が多く、余計に過負荷をかけるだけで克服することというのは無いんですよね

更に克服出来ないことで周囲や会社からプレッシャーをかけられる事で、余計に消耗して・・・と悪循環に陥ってしまうというおまけまで・・・

社会では一芸に特化した人間よりもどれも平均点だけど穴がない人間が好まれるので、長所を見ずに穴を埋めようとする事を求める環境が多く、物理的に不可能な事を強いられて潰れていく人というのがとても多いのです

しかし残念ながら発達障害者のこういった特性に理解のある会社というのはまだまだ本当にごくわずかしか無いんですよね・・・

苦手なことに取り組むとエネルギーが減り、得意な事もできなくなる

私自身が感じたのは、社畜環境で逃げ場のない状態で苦手な事に取り組ませることでかなりエネルギーや精神を消耗することになります

そんな消耗しきった状態では、得意なことに取り組む気力もなくなってしまうので、結果として大きな長所を潰しながら、短所の穴が大きくなることでポンコツ人間が出来上がります

そんなポンコツ人間になった後は会社に居場所がなくなって去るか、村八分にされて辛い思いをするかのどっちかでしょう

勝手に社畜環境に潰された上に、そんな扱いを受けることになるなんて踏んだり蹴ったりもいいところです

終わりに・苦手に取り組むことは才能を潰すこと

苦手な事に取り組むのは、得意なことをやることで成功体験を得てから、ある程度余裕のある環境があれば自然と挑戦してみようって気になるのです

なので最初に苦手なことに取り組ませようとする時点で才能を潰しているようなものだと言っても過言ではありません

更に強要される苦手な事というのは全く身につかない事が多く、克服できずに消耗だけするという沢山の無駄な行為を行っていることなのです

そして現代の状況では社畜で働こうとすると、この様に穴のない平均点を目指すために嫌なことでも逃げ場がない状況で強要させられる事が多く、物理的に克服が不可能な状況で苦しむことになる状況が本当に多いのです

であれば、社畜という生き方は間違っていると言ってもいい状況なので、雇われであることから逃げて、起業やフリーランスといった個人で仕事の裁量や取捨選択が出来る環境の方が能力を活かしやすいのです

こちらの記事が今読まれています。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)