起業の教科書連載シリーズ


「発達障害者ライフハックブログ」の借金玉さんによるマイクロ起業体験談コラム
借金玉さんのプロフィール
ブログサイト「お前ら、社畜で人生楽しいか?」のアツシさんによる、脱社畜のすゝめコラム
アツシさんのプロフィール
“ショボい起業コンサルタント”えらいてんちょうさんによる、ショボい起業コラム
えらいてんちょうさんのプロフィール
法政大学キャリアデザイン学部の遠藤野ゆり助教授による「発達障害と起業」について考えるコラム
遠藤助教授のプロフィール

美容師で年収1000万、投資で年利120%の31歳元経営者の仕事術

美容師で年収1000万、投資で年利120%の31歳元経営者の仕事術

どうも、えらいてんちょうです。今回は「億り人」インタビュー第3弾として、「しょぼいエンジェル投資家」山田さんにインタビューをしてきました。

美容師を3週間で退職

―今日はよろしくお願いいたします。まずは、自己紹介からお願いします。

しょぼいエンジェル投資家です。現在31歳で既婚。経営コンサルタントに加えて、事業・店舗・人に出資をするエンジェル投資家と仮想通貨で生計を立てています。

―経歴をお願いします。

高校を卒業後、地元を出て美容専門学校に入学しました。非常にさまざまな刺激をもらった美容専門学校を卒業した後、21歳で地元密着のおばあちゃんサロンで就職をします。白髪染めのテストの際にふと「あ、これ違うな。」と思い美容師を3週間で退職
その後半年間は無職として過ごし、ナイトワークの方向けのヘアセット専門店で募集していたアルバイトの面接に軽いノリに行ったら、人生が激変しました。
当時、面接をしてくれた方(今の恩師)は「俺がお前を雇いたいと言ったか?お前が雇われたくてきたんだろう?お前を雇おうが雇わまいが俺の人生は変わらねーけど、お前は俺に雇われれば人生変わるんだぞ!どっちがいいか選べ!」とカフェで叫びました。衝撃を受けた自分は、翌日からそのヘアセット専門店で正社員雇用として勤め始めたんです。人生ではじめて、本気になった時です。


美容師で年収1000万円、そして独立

―人生が激変したというのは、具体的にどのようなことでしょうか。

具体的には、独立の切っ掛けになりました。
転職直後は、恩師には「まず結果を出せ!」「やってもいないのに、できないのか言うな!」などと技術を叩き込まれました。転職1年が経った時には、店舗での売上1位を達成できたんです。2年目からもずっと売上1位を守り続けて、歴代最高売上を達成に繋がりました。22歳には完全歩合制にしてもらえ、この年には年収1000万円となっていました。
当時は長時間の労働に加えて、地元を離れていたこともあり遊ぶ友人もいませんでした。ひたすら仕事に没頭しており、どうやったら効率よく結果を出せるかを考えて仕事をしていた結果年収が1000万円を超えました。
3年間の勤務後、独立の許可をいただいたため、資金を元に、ロイヤリティが月30-40万円程でフランチャイズという形で独立しました。

―独立した後も転職後のヘアセットサロンのような感じでしょうか。

はい、独立前のヘアセットサロン同様ナイトワーク向けのヘアセットサロンを開業しました。他のヘアセットサロンの価格相場が1200円程度のところ、指名料込みで1800円から2500円と強気の価格設定でした。技術は他の店と変わらない分、お客さんに楽しんでもらえるよう接客に力を入れていました。
効率よく結果を出すことを考えて営業しており、そのうちの1つが「お客さんに待ってもらって当たり前」というのが自分を指名してもらう上での常識化することでした。待ちが3人以下の場合は暇で5人以上は忙しいという形で営業して、キャンセルが出た時に無駄な時間を作ることを防いでいました。
お客さん同士の仲も良くなることで、お客さん同士に譲り合い精神が生まれて自分が仕事をしやすくなっていたんです。

起業家から投資家への一歩を踏み出す

これらのおかげもあり繁盛したため、設立1年目には2店舗目もオープンすることができたんです。その4ヶ月後には大阪に3店舗目をオープンしたのですが、いわゆる悪い人に恐喝されて買収されました(笑)
その後は出店を控えていたのですが、買収された翌年にはコンセプトカフェとしてメイドカフェをオープンしていました。これもオープンした1年後に業務委託してすぐ終わってしまい、気付きました。自分は他店舗展開にむいてないなと。
その時、運良く恩師から美容院の新店舗の出資をしないかと声をかけていただきました。2店舗に500万円ずつ出資した結果は絶好調で、年利は合計で720万円程(約120%)を超えました。
これをきっかけに「餅は餅屋に」の発想でエンジェル投資家になりました。エンジェル投資家としてさまざまな人に会っている際、リップル(XRP)という仮想通貨を当時1円/XRPで30万円分購入しました。

仮想通貨で億り人へ

-仮想通貨にはなぜ手を出したのでしょうか。
きっかけは、オンラインカジノのネットワークビジネスを50万円で勧められたことです。人に紹介して損されても嫌で、微妙だったので断ったら仮想通貨を勧められました。仮想通貨であれば、損しても自分だけで済むからいいかな、というノリではじめました。正直にいうと、リップルの存在は購入後3年間くらい忘れてたんです。笑

3年ほどリップルの存在を忘れたまま、友人の肉バルに500万円、先輩の通信関係会社に1000万円程をエンジェル投資をしていました。他にも2社ほどエンジェル投資を行い、年利は合わせて約600万円以上となります。
エンジェル投資を続けていたら、今年(2018年)の頭にリップルが400円/XRPに跳ね上がり、含み益で1億円を突破したんです。いわゆる、億り人になりました。年始からは下がりはじめていますが、それでも2000万円程は利益が出ています。

ちょうど年始辺りに7年続けていたヘアセット事業を全て信用できるスタッフへ譲渡したこともあり、今は不労所得で生活しています。

-ヘアセット事業はなぜ譲渡されたのですか。
そのまま経営を続けていても、自分自身は儲かっていました。ですが、ちょうどスタッフの1名に身内の不幸が起こってしまったのです。当時のスタッフには若干のうつっぽい症状があったため、なにか手助けできないかと考えた結果、考えることができないくらい忙しない日々と儲かる事業を渡すことで立ち直らないかと考えました。スタッフと相談した結果、譲渡をすることにしました。もちろんロイヤリティはもらっているのですが、恩師へのロイヤリティ30-40万円とほぼ同等の額なので、タダ同然となっています。


今後は気の向くままの生活を

-様々なお話をお伺いさせていただきましたが、今後の展望などはありますか。

今後は儲かる投資と金銭的リターンをあまり求めない、若者を応援するような投資を同時並行でやっていきたいと思っています。
ブログなどには不労所得生活を満喫したいと書いたのですが、実際してみたらあまりおもしろくなく、飽きてしまったんです。
なので、今後何かしらの気が向いたら自分で何かやってみようかなとは考えています。自分は極度の飽き性なので、これもまた明日になったら気が変わっているかもしれないです(笑)
自分の気の向くままに生きることが、生活の満喫につながると思っています。

―自分の気の向くままに生きる、いいですね。本日はありがとうございました。

こちらの記事が今読まれています。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)