起業の教科書連載シリーズ


「発達障害者ライフハックブログ」の借金玉さんによるマイクロ起業体験談コラム
借金玉さんのプロフィール
ブログサイト「お前ら、社畜で人生楽しいか?」のアツシさんによる、脱社畜のすゝめコラム
アツシさんのプロフィール
“ショボい起業コンサルタント”えらいてんちょうさんによる、ショボい起業コラム
えらいてんちょうさんのプロフィール
法政大学キャリアデザイン学部の遠藤野ゆり助教授による「発達障害と起業」について考えるコラム
遠藤助教授のプロフィール

社畜に正論は届かない!そして状況が改善しない!

社畜に正論は届かない!そして状況が改善しない!

どうも!発達障害持ちで、個人で金を稼ぐ生活をしているアツシです!

発達障害者が、社畜として生きにくい理由は沢山あると思います

自分の経験の中で思ったことは、社畜の世界では、発達障害を持つ者の「正論」に対して、聞いてくれようとする人が、圧倒的に少ないのではないかということです

例えば、職場で何か問題点があったとしても、「改善するための案が出た」と喜ばれるのではなく、「厄介ごとを掘り起こされた」と感じて、多くの人が避けていると感じます

今回はそんな発達障害と正論、それが受け入れなられないことについて話をしてみようかと

発達障害者は一般と違って視点が違うし、空気が読めない

発達障害を持つ者というのは、頭の回転の早さが常人の1.2~1.5倍ほど強い人が多いといわれているそうです

一般の人から見て疑問に思わないことでも、深く考えてしまうことで、矛盾点を見つけてしまいます

さらに、その矛盾に対して疑問を持つことは少なくありません

ここで実際に私が体験した例を挙げると

自分の仕事は定時内で終わらせた

しかし周囲の人たちは、定時内にタバコ休憩などをしていたため、定時で終わらなかった

自分の仕事は終わったので帰ろうとすると「まだ他の人の分が残っている」と引き止められる

これに関して、周りの人たちは帰ろうとせず、「協調性」や「同調」といったもので、手伝おうとすると思います

でもよく考えてみれば、彼らが仕事を終わらせられなかったのは

・定時内で仕事をしていない時間があったこと

・上司の仕事の振り分けが良くなかったこと

によると思うのです

定時で与えられた仕事をこなして帰る事は本来、は何も悪いことではありませんよね

ここで、上記2つの矛盾に気付いてしまい、自分には非が無いはずなのですが、これを口にだすと反感を買う、ということが多々あります

空気が読めないのと「思ったことがすぐ口に出る」という特性から、他の人なら言いにくいことでも、つい口に出てしまうのが、悩みどころなのです



正論を聞いて改善するよりも現状維持が好きなのが社畜

一般の人は、何かおかしい点があったとしても、それを改善するのではなく、改善することを嫌う傾向にある人が非常に多いです

現在の状況に慣れきっているからですよね

一方、僕のように発達障害がある者は、おかしいところに気付いてしまい、さらに「おかしいことを放置しているのが非常にストレス」になるので、それならば「改善」をした方が、精神衛生上良いのです

一般の人は、改善することを「面倒」と捉えるので、発達障害者が改善点を出しても「面倒が増えた」と嫌がるのではないでしょうか

「面倒を増やそうとする人」を、排除する傾向が強くあると思うのです

実際に、発達障害者の言うことは正論が多く、間違っていない事の方が多いのですが、それでも一般社会では中々聞き入れられない事が多い

そうして一般人の方が、社畜環境において強いですから、僕の意見が通ることがありません

改善されないことと+考えが受け入れられない、という2重苦を味わうことになります

終わりに:正論を言っても改善されない環境なら自分で環境を構築した方がいい

社畜環境というのは上にも書きましたが、一般人の方が強い権力を持つので、変わる事はまず無いでしょう

発達障害を持つ者は、改善しない環境で戦って無駄に疲弊するよりも、何も無い状況から作っていくほうが成果が出やすい分、社畜よりも起業や独立することのほうが有利なんです

発達障害者の方が、間違った事よりも正論が多いのは上に書いた通りです

社畜環境でも、理不尽で不必要なルールや相互監視といったものは、本来は不要なはず

そういう不要なモノは、一から少しずつ変えていけば、排除していくことも出来るのです

これは発達障害者だけでなく、一般の人にも、そのような「間違っている事がある」というのはストレスなはず

そして、そのようにストレスに無い環境であれば、発達障害があっても、能力を最大限生かせるようになってくるので、起業や独立といった方法で生きることをオススメします

こちらの記事が今読まれています。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)