起業の教科書連載シリーズ


「発達障害者ライフハックブログ」の借金玉さんによるマイクロ起業体験談コラム
借金玉さんのプロフィール
ブログサイト「お前ら、社畜で人生楽しいか?」のアツシさんによる、脱社畜のすゝめコラム
アツシさんのプロフィール
“ショボい起業コンサルタント”えらいてんちょうさんによる、ショボい起業コラム
えらいてんちょうさんのプロフィール
法政大学キャリアデザイン学部の遠藤野ゆり助教授による「発達障害と起業」について考えるコラム
遠藤助教授のプロフィール

「我慢しないで嫌なことからとことん逃げる」が活躍するコツである!

「我慢しないで嫌なことからとことん逃げる」が活躍するコツである!

どうも!発達障害持ちで個人で金を稼ぐ生活をしているアツシです!

おそらく、この記事を読んでいる人は、社畜として就職したけど全然成果が出せなくて肩身の狭い思いをしているんじゃないでしょうか?

社畜という働き方は発達障害者にとって様々な意味で適正が無いのですが、その中の1つとして社畜というのは嫌なことでも我慢しなければならないということ

この嫌なこと、というのは人間関係であったり、仕事内容であったり、その他諸々の要素がありますが「全部」です

発達障害者に限ったことでは無いのですが、その中でも特に発達障害者にとって嫌なことというのは天敵でしかありません

もし発達障害者が活躍したいと願うのであれば、嫌なことというのは徹底的に避けなければ実力を発揮することは不可能でしょう

今回はそんな発達障害者が活躍するために嫌なことを避けるべきなのか?ということについて記事にしようかと


嫌なことは適正が無い証拠

僕が思うに、嫌なことというのは自分の中で適正が無い事を証明しているという考え方がものすごくしっくり来るんですよね

その証拠に今まで様々な「嫌だと思うこと」に取り組んで来ましたが、労力の割に成果を上げたことは何一つとして存在しません

仕事内容もそうですが、人間関係においても嫌だと感じる人というのは自分にとって様々な危害を加えてくる事が多く、障害となる事が多いです

そのように成果が出せないということを嫌いとか負の感情が無意識に警告をしてくれている証拠なのです

しかし今の社会では嫌なことほど我慢して取り組めば成果があげられると信じている人が多く、そういうことに積極的に取り組む事が美徳とされている環境では真逆なので、厄介者扱いされやすいのです

発達障害者は嫌と得意の脳の使用領域が常人と違う

僕が思うに、発達障害者と常人というのは、脳全体で見ればそこまで大きな違いというのは存在しないように感じます

ただ使う部分が偏っているだけなので一芸に秀でた部分があれば、逆に壊滅的に苦手な分野というのを同時に持っているのではないかなと

そして僕が常に感じるのは、常人に比べて発達障害者は嫌だと感じる部分が普通の人よりも脳の処理領域を大幅に取ることで過負荷になりやすい反面、得意なことに関しては負担が極端に少ないのでいくらでも詰められる、ということじゃないかと感じてます

なので普通の人は個人の特性よりも得手不得手が少ない分、回りに求められる事をやったほうが成果を出しやすく、そういう意味で様々な経験があったほうが柔軟に育ちやすいのです

しかし発達障害者が同じように不得手部分に取り組んだとしても、高負荷がかかってしまい結局何もできなくなる、という事に陥りやすいです

更にタチが悪いのが、発達障害者と常人の脳の特性を理解できずに常人では成功したけど発達障害者では失敗することをとにかく押し込んできて、できなければ努力が足りないと更に高負荷をかけてどうしようもなくなるという事が多々ありましたね

社畜環境では嫌なことに我慢を強いられる

発達障害者は社畜環境が不向きだと感じるのに、社畜環境というのは嫌なことでも我慢を強いられるというのが問題なのです

発達障害者にとっては大きな問題でも、常人にしてみればそこまで問題では無い事は解決しようとせずに一方的に我慢を強いる事が多く、我慢できないほうが悪いということになりやすいのです

そのように、何でもかんでも嫌なことに関して解決ではなく我慢を強いられるように、いつの間にか脳の負荷がパンパンになってしまうことで仕事どころでは無く、その結果として潰れていくというパターンがすごく多かったです

終わりに・嫌を避けられない環境は不向きである

そういうわけで発達障害者というのは嫌ということから逃げられないような環境で働くことは不向きであると言えます

常人にとっては嫌を我慢するだけでそれなりの成果を出せてしまうので、致命的に向いて無くて成果が出せなくても、現在の周囲の理解が世の中に浸透していない現代ではただの甘えと怠けとして捉えられやすいのです

僕自身が社畜時代、とにかく嫌を我慢する環境で仕事をしていた時は全然ダメでしたが、今は嫌なことを徹底的に避けて生きてますが、問題が無いどころか社畜時代よりも楽に暮らせてます

生活のために嫌なことでも我慢しなければならない、ということは絶対に無いと言えます
発達障害者が活躍するためには、嫌を避けることができない社畜や組織に属するよりも、起業やフリーランスといった働き方で、自分で取捨選択が出来るような環境に身を置くべきだと断言します

こちらの記事が今読まれています。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)