起業の教科書連載シリーズ


「発達障害者ライフハックブログ」の借金玉さんによるマイクロ起業体験談コラム
借金玉さんのプロフィール
ブログサイト「お前ら、社畜で人生楽しいか?」のアツシさんによる、脱社畜のすゝめコラム
アツシさんのプロフィール
“ショボい起業コンサルタント”えらいてんちょうさんによる、ショボい起業コラム
えらいてんちょうさんのプロフィール
法政大学キャリアデザイン学部の遠藤野ゆり助教授による「発達障害と起業」について考えるコラム
遠藤助教授のプロフィール

成功体験の積み重ねを!社畜よりも起業が向いてる理由

成功体験の積み重ねを!社畜よりも起業が向いてる理由

どうも!発達障害持ちで、個人で金を稼ぐ生活をしているアツシです!

発達障害者というのは、周囲から中々理解されないもので、「当事者あるいは同じ傾向をもつ人にしか理解されない」と強く感じます

そして、社会に出ると失敗続きで、周囲から責められる事が非常に多いので、そのうち失敗を恐れて何もやらなくなる、という最悪の事態になってしまう事が多いと、自分自身の経験を振り返ってみて感じます

動くことさえ出来れば、すごい力を発揮できるのが「発達障害を持つ者の大きな強み」です

しかし、今まで社畜をやってきた経験上、「強みを発揮する前に挫かれてしまう」のが今の社会の状況ではないかと思うのです

例えば、成功体験とが積み重なることで「自分は出来る!」と、自分自身を奮い立たせる事が出来ますよね

これは、発達障害を持つ者に限らず、一般の人にも言えることだと思います

しかし、発達障害を持つ者が社畜になるとその真逆になってしまうので、発達障害者には「社畜」という生き方が壊滅的に向いてません

今回は「発達障害を持つ者はなぜ、社畜な生き方よりも起業や独立のほうが向いているのか?」について、成功体験というキーワードを交えて記事にしようかと!

社畜は期待があるから“トップダウン方式”

発達障害者というのは、一件表面上はなんでもないように見えますし、面接などの短時間であればボロを出さず、正論をバスバス言えたりするので、一番最初の期待値が無茶苦茶高くなる傾向にあります

しかし実際に仕事をやらせてみると、一時記憶部分が非常に弱く、結果的に細かいミスを連発するので、「だらしない人」というイメージが付いてしまいます

本当はだらしないどころか、きちっと考えているのですが、どうしても脳の伝達部分のせいで頻発してしまいます

こういうことは、本人の努力ではどうしようも無いのですが……

そして最初に期待値が高かった分、実際との落差が激しくなり、その落差から責められることになります

まるで、高いことから低い所へ水が流れるように評価が下がり、失敗経験が積み重なります

某映画の中で「普段悪いことやってるガキ大将」がたまに良いことすると、無茶苦茶褒められる現象がありますが、それと全く逆の事が起きるのです

最初から大して期待されていないのであれば、失敗をやっても気楽に見逃してもらえるのだと思いますが、なまじ「よく見える」から期待値を押し上げてしまうため、そうなってしまう傾向にあるのです



成功体験をどんどん積める!起業や独立はゼロからスタートなので“ボトムアップ方式”

一方、起業や独立というのは本当にまっさらな状態で、ゼロからのスタートです

ということは、何をやっても経験値的にはプラスになっていくので、失敗すらも「成功しない方法が分かったからプラス!」と、視点を変えるだけで、成功体験へと変換できます

そして、そのプラスに感じたことが、次の成功体験へと繋がるので、そのうちプラスの連鎖が発生するのです

そして何より大きいのが「失敗をしたとしても責め立てられる環境ではない」

これは非常に大きい

発達障害の人って、実は頭のいい人が多いので、自分で失敗したら反省とかもしているんです

ただ、脳からの指示の送る仕組みが、本人の努力では改善できないだけなのです

だから、必要以上に責め立てられるのは、一時記憶部分を圧迫するだけで何も良いことが無いんです

仮に失敗したとしても、自分で何とか出来てしまうことが多いので、他人にあれこれ言われて動けなくなるより、起業や独立をすれば、そういう環境から離れられるいうのは、本当に大きい

私も、自分の能力が生かせると感じたのは、社畜をやめて、周囲からの騒音が無くなったからだと断言します

終わりに:成功体験を積み重ねるのであれば社畜よりも起業だ!

という訳で、発達障害を持つ者が、めいっぱい動けるようになるためには「成功体験」が必要で、成功体験を積み重ねていくには、独立や起業する方が向いていると思うのです

他にも、発達障害者が起業や独立の方が向いている理由は沢山あるのですが、車で言うと「ギア1で動き出す事が出来る環境に持ち込む為」と考えて頂ければ良いのではないかなと

上にも書きましたが、発達障害者の一番悪いところは「失敗を恐れて動かない」ということ

動くことさえ出来れば、後は勝手に成功まで動き出せます

その初動のためにも、社畜になるよりも他の方法で活躍することを考えたほうが、スムーズに動けるのではないか

実際に色々経験して、そう感じました

こちらの記事が今読まれています。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)