起業の教科書連載シリーズ


「発達障害者ライフハックブログ」の借金玉さんによるマイクロ起業体験談コラム
借金玉さんのプロフィール
ブログサイト「お前ら、社畜で人生楽しいか?」のアツシさんによる、脱社畜のすゝめコラム
アツシさんのプロフィール
“ショボい起業コンサルタント”えらいてんちょうさんによる、ショボい起業コラム
えらいてんちょうさんのプロフィール
法政大学キャリアデザイン学部の遠藤野ゆり助教授による「発達障害と起業」について考えるコラム
遠藤助教授のプロフィール

社畜になるという事は「人権を捨てて使える奴隷になる事」

社畜になるという事は「人権を捨てて使える奴隷になる事」

どうも!発達障害持ちで、個人で金を稼ぐ生活をしているアツシです!

僕自身が社畜を10年近く経験して、発達障害者が社畜になるということは、上記のように人であることを捨てて、多少は使える奴隷として世間に奉仕することだと感じました

なかなか過激な事を言っているという自覚はありますが、発達障害者で一度でも就職した経験のある人であればこの感覚は理解できるのでは無いでしょうか?

普通の人はどうかわかりませんが、少なくとも発達障害者が社畜として生きるということは上記に書いたような事を実行しなければならず、もはや何の為に生きているのか分からないくらいの絶望感があるんですよね

本当に、ごくごく当たり前と思われている人並みの幸せを望む権利すらなく、ただひたすらに差別されバカにされ続けなければ、発達障害者が社畜として生きることは不可能なのです

今回はそんな発達障害者や社畜などについての記事を書いていこうかと


発達障害者は努力を行っても決して並にはなれない

僕が社畜を10年やって感じたことは、発達障害者というのは並の人間が難なく出来ることを、自分を完全に追い込むほど努力をしても、追いつくどころか半分も実力がつかないように感じます

発達障害者は、目一杯頑張っていたとしても、世間から見て、評価の基準というのは仕事が出来たかどうか、という結果だけが評価されやすいです

どれだけ頑張っていたとしても、成果が出ない努力というのはとても評価されづらく、頑張っているのに結果が出せない、となると最悪の状況に陥ってしまうのですよね

そうなってくると、差別されたり後ろ指を刺されることは日常茶飯事となり、会社や職場という組織にしがみつくためには、そのような差別があることを当たり前に受け取って底辺でいる必要があるのです

決して逆らわずに「使えない人間の中でもまだマシな使える奴隷」としてしがみつく必要がある、これが発達障害者が社畜になる、ということなんですよね

そこまで悲惨な目に合うことによって初めて得られるものが、社畜という立場であるのですが、その社畜の中でもより底辺な地位しか与えられないのです

中には発達障害者の特徴を理解し、最適な人員配置を行うことで活躍出来る場に巡り会える人も居るでしょうが、これは今の日本では宝くじに当たるよりも難しいでしょう

少なくとも私は10以上の環境を転々としましたが、そのような職場に巡り合うことは全くと言っていいほど無かったです

なので、大半がタイトルのように社畜を目指すとなると「人権を捨てて奴隷になる」ということになってしまうんですよね

終わりに・この記事を見ても社畜として生きようと感じますか?

上記に書いたことははっきりいって発達障害者が社畜として生きるつもりであればぜひ知っておいて欲しいことです

それでもまだ社畜を目指すというのであれば、別に止めるつもりはありません

しかし今の日本を見ていると、国内や国外の情勢やIT技術の発達など、日本では社畜の仕事量や責任は増える一方で、逆に実質の手取りは下がっている状況です
フルタイム働いても一人の生活を維持できるかどうかという現状を見ていると、発達障害者が、そこまでの苦労をしてまで社畜として生きる事にこだわる価値があるとは、私は一切思えません

むしろ現代では積極的に雇われの労働から脱出するように世間は動いていますし、国ですら「働き方改革」ということで推奨しています

ですから、人未満の扱いを受けて悪いことをしてないのに懲役刑の犯罪者以下の状況で生きる必要は無いと断言できます

それと現代は会社以外にも沢山のお金稼ぎの手段で溢れていますので社畜にこだわる必要は全くないのです
これからもその流れは加速していくでしょうし、社畜以外の方が力を発揮しやすい発達障害者の時代が来ているといってもいいでしょう

逆に会社にしがみつくことしかできなかった人間のほうが淘汰されていく可能性のほうが高いです
社畜としてやっていけないことを嘆くのではなく、時代の分岐にいち早く気がつけたとして、個人で稼ぐことや起業をして変化に備えることが今後の生存戦略だと言えるでしょう

こちらの記事が今読まれています。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)