起業の教科書連載シリーズ


「発達障害者ライフハックブログ」の借金玉さんによるマイクロ起業体験談コラム
借金玉さんのプロフィール
ブログサイト「お前ら、社畜で人生楽しいか?」のアツシさんによる、脱社畜のすゝめコラム
アツシさんのプロフィール
“ショボい起業コンサルタント”えらいてんちょうさんによる、ショボい起業コラム
えらいてんちょうさんのプロフィール
法政大学キャリアデザイン学部の遠藤野ゆり助教授による「発達障害と起業」について考えるコラム
遠藤助教授のプロフィール

要領の良い奴や狡猾な奴、荒っぽい連中とは関わるな!

要領の良い奴や狡猾な奴、荒っぽい連中とは関わるな!

どうも!発達障害持ちで、個人で金を稼ぐ生活をしているアツシです!

もし社畜として現在働いていて、仕事が出来ないなと感じた時

要領の良い奴

狡猾な奴

荒っぽい奴

これらの要素を持つ人間が周囲に居るかどうかを一度確認したほうがいいです

これらの要素がいくつか揃っている連中はネット上でDQNなんて呼ばれ方をしている事もありますね

はっきり言って、これらの要素がある人間が近くに居ると、発達障害者というのは性能がガタ落ちする上に、会社からの評価も滅茶苦茶下がりやすいです

そのような人種がどうして発達障害者にとって天敵となるのか?今回は自身の経験談を踏まえて記事を書こうかと

発達障害者は一般環境では要領が悪い

発達障害者の特徴として、一つのことをコツコツやるような作業は得意ですが、逆に広域に対してまんべんなくこなすといった行動は非常に辛いものがあります

そして世間では、その要領が良いやつが近くに居ると、どうしてもそちらが評価されやすく、コツコツとした頑張りというのは見えにくくなるのです

それが続くことによって相対的に評価が開くことになり、要領のいい人間が標準の基準となって、発達障害者が下と見られやすくなり、常に責められる立場になりやすいのです

不必要に責められると、常にいっぱいいっぱいの頭で頑張っている状況に余計な過負荷をかけられる事で、いつの間にか完全に仕事ができなくなり、余計に評価に差が開くことになりやすいです

発達障害などに理解のある職場であればともかく、間違いなく現代はまだまだ要領の良い奴のほうが得をしやすい環境であるため、発達障害者はそういう連中に踏み台にされやすいのです


悪事を押し付けられる事で脳が過負荷を起こしてしまう

狡猾な奴とは悪知恵が働いたり、ずる賢い人の事をいいますね

ある意味では要領のいい人間とも言えるのですが、要領がいいだけなら何もしなくても相対評価で潰れてしまうだけですが、狡猾な奴となるとより悪意を持って潰しにかかってくるのでよりタチが悪いです

上記の要領の良さに加えて、自分自身が悪事を働いたのに対し、身代わりや責任の擦り付けをされることが多く、それによって上記の要領のいい人間よりもダメージが大きいのです

更に押し付けられたり擦り付けられた怒りを感じてしまうと、ただでさえ要領の少ない短期部分を圧迫し、更に早い速度で仕事が出来なくなってしまうんですよね

そうなってしまうと余計に擦り付けや身代わりにされてしまうことになり、手も足も出ない状況になってしまって全く能力を発揮することが出来ません

言い方を悪く言えば、向こうからしてみると発達障害者なんて人形を操るようなくらい簡単な事で、どうしても勝ち目はありません

荒い人間が発達障害者を追い詰める

もう一つ荒っぽい人というのも発達障害者には天敵と言えるでしょう

こちらは多少の要領の良さを犠牲に、生物としての本能で力関係が嫌でも認識してしまい、それによって緊張や恐怖を感じることによって脳が過負荷によって萎縮して、その結果として発達障害者の方が能力を大きく下げられることになり、相対的に勝つことが出来ません

荒っぽい人間というのは暴力や大声と言った行動で追い詰めてくる事があり、追い詰められると全く能力が発揮できない発達障害者には辛い相手と言えるでしょう

更にそのような人間は上下関係などの力関係にも精通していることが多く、能力を落とされた発達障害者なんかは当然格下と見られることになります
そうなってしまうとグイグイ攻めてくることになり、常に追い詰められる状況からひっくり返すことは困難と言えますね

終わりに・それらの人間が居ない所で仕事をすべき!

社畜をやっていると上記のような人間というのはかなり高い確率で遭遇することになるでしょう

それらの人間と少しでも関わりを持ってしまうことによって、自分自身が完全に踏み台か食い物にされるだけで自分自身に全く利益がなく、能力が発揮されないままゴミ扱いされることになるでしょう

そんな状況で無理に働いて生きていても間違いなく辛いだけと断言できますし、そういう人間を避けて仕事をすれば自分の持ち味を活かして、他人の餌になるような人生では無く自分自身が楽に楽しく生きることができるのです

ただ残念ながら、現在の就労関係では他人を蹴落とすような連中のほうが生き残りやすく、それこそ上記に書いた人間ばかりに遭遇することになりやすいです

であれば、そういう人間と関わりを避けて、仕事が出来るように自分で自分をコントロールするような起業やフリーランスといった働き方のほうが、能力を活かしやすいと断言できるでしょう

こちらの記事が今読まれています。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)