起業の教科書連載シリーズ


「発達障害者ライフハックブログ」の借金玉さんによるマイクロ起業体験談コラム
借金玉さんのプロフィール
ブログサイト「お前ら、社畜で人生楽しいか?」のアツシさんによる、脱社畜のすゝめコラム
アツシさんのプロフィール
“ショボい起業コンサルタント”えらいてんちょうさんによる、ショボい起業コラム
えらいてんちょうさんのプロフィール
法政大学キャリアデザイン学部の遠藤野ゆり助教授による「発達障害と起業」について考えるコラム
遠藤助教授のプロフィール

揉めるような人間とは関わらなくていい!揉め事を起こすのは関わるべき人を選別している件!

揉めるような人間とは関わらなくていい!揉め事を起こすのは関わるべき人を選別している件!

どうも!発達障害持ちで個人で金を稼ぐ生活をしているアツシです!

発達障害者が社畜として働くと、よく職場で揉め事を起こして人間関係を悪化して職場を去ることになるというケースが多発しています

僕自身も実際そういうことが何度もあり、人間関係の悪化で職場を転々としたことがありました

そのような事を見ていると、当時は揉め事ばかり起こすので嫌になった時期もありましたが、今こうして個人で稼ぐ環境に移ってからは、むしろ人と揉めることが出来るというのは絶大な強みだったと感じています

今回はそんな発達障害者特有の人と揉める事について、それは強みであるということを記事にしようかと


関わっていると害にしかならない人間は居る

社畜として活動をすると、協調性を大事にされるので、多少の不利益を被ったとしても、揉め事を起こさずにおとなしく我慢するのが美徳とされています

そして、そういうことでも我慢する理由としては、嫌いな人だとしても、いつ助けてくれるかわからない、とかそんな理由だったりしますね

しかし、実際には不快感があったり揉め事が起きるような人間というのは、基本的に関わっていても害にしかならずに、いざという時は助けるどころか追い打ちをかけてきたり、普段でも関わるだけでストレスが貯まるような存在だったりと、煮ても焼いてもどうしようもない人間というのは確実に存在するのです

そういう害しか無いと判断した結果として揉め事と発展し、環境ごと有害と判断した結果として揉めて職場を転々とするということになりやすいのです

実際に僕も揉め事を起こしたことのある人間には一度も助けられた事が無く、むしろ危害を加えられる事が多く、自分にとって有害でしかなかったので、そういう有害な連中を切ることが出来たと考えれば、揉めることも悪いことばかりではなかったです

特に発達障害者というのは脳の短期のワーキングメモリ部分が極端に小さかったりするので、そこを常時圧迫する人間と関われば、何も出来ない人になる上に、それを口実にどっちにしろ職場で仕事が出来ない人になってしまうので、決して間違いでは無い対策なんですよね

嫌なことははっきりとNOと言えるのは個人では強み

この揉め事を起こすという能力について良く言えば、はっきりと嫌なことに対してはNOといえるという証拠です

この特性はやはり社畜よりも起業やフリーランスといった働き方の方に良い影響が出やすく、自分でなんでも判断をしなければなりません

その時にどうしても割に合わない仕事を持ってきたり、報酬に対していい加減な連中というのは必ず居るのですが、そういう連中に対してははっきりと断る勇気というのが必要になってきます

社畜であれば向こうが主導権を握るので断る事もできず、その結果として上司や仕事とクライアントの板挟みになって追い詰められますが、個人であればそんなことはありません

協調性というのを大事にして、自分に危害の加えてくる人間とわかっている状況でも、人と揉めることを恐れる人間は、つい割に合わなかったり、いい加減な連中と仕事をして、結局はそういう連中を切ることが出来ません

断る勇気というのは短期的に見れば確かに損することもありますが、長期的に見れば確実に得をします

そして社畜環境であれば短期的な利益を求められ、長期で見れば損するとわかっていることでも受け入れる必要があったりするので時間軸の取り方が限定的なのです

様々なしがらみから開放された方が発達障害者の特性というのは活かしやすいので、揉め事を起こす特性は、社畜よりも個人で稼ぐ人向きの能力なのです

終わりに・揉めるような人間とは関わらなくていい環境に行くべき!

上にも書いたように、人と揉めるということは自分にとって害があり悪影響を及ぼす存在だということです

そのような人間と関わっていても自分には最終的にマイナスになるだけなので、揉め事を起こさないようにしようとするよりは、そもそも揉め事が無い環境に行くべきなのです
怪我の対策をあれこれ考えるよりも、怪我をしたくなければ怪我をしない状況で働けばいいだけなので、根本的に問題解決の方法が間違っているのです

社畜環境でも揉めない環境というのは確かに存在していましたが、それでも様々な人間が集まる環境では、そういう環境を探すのはかなりの運が必要なので非現実的かもしれません

それならば、最初から自分で環境を構築できる起業やフリーランスといった働き方を行い、自分自身の負荷を下げるのが一番でしょう

こちらの記事が今読まれています。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)