起業の教科書連載シリーズ


「発達障害者ライフハックブログ」の借金玉さんによるマイクロ起業体験談コラム
借金玉さんのプロフィール
ブログサイト「お前ら、社畜で人生楽しいか?」のアツシさんによる、脱社畜のすゝめコラム
アツシさんのプロフィール
“ショボい起業コンサルタント”えらいてんちょうさんによる、ショボい起業コラム
えらいてんちょうさんのプロフィール
法政大学キャリアデザイン学部の遠藤野ゆり助教授による「発達障害と起業」について考えるコラム
遠藤助教授のプロフィール

馬鹿にする奴らの言葉は聞くな!奴らに凄い奴は例外なく居ない!

馬鹿にする奴らの言葉は聞くな!奴らに凄い奴は例外なく居ない!

どうも!発達障害持ちで、個人で金を稼ぐ生活をしているアツシです!

発達障害者であると、社会で働いても周囲についていけず、周りから色々と批判されて苦い思いをしたことがある人がほとんどだと感じてます

僕も社畜をやっていた時にはどうやっても周囲についていくことが出来ずにバカにされた経験があります

確かにバカにされていた時は悔しかったし苦い思い出でしたが、社畜を辞めてお金稼ぎをするようになってからは、逆にバカにしてきた人間のほうがバカだったなと、本気で感じるようになりました

そして同時にバカにしてくる奴らについて行かず、独自路線に切り替えて良かったと本気で感じています

今回の記事は、発達障害者をバカにする人間の言葉には耳を貸す必要は無く、無視してOKという内容で自身の経験を記事にしていこうかと

発達障害者を馬鹿にする奴に凄いやつは一人も居ない

僕も社畜時代は散々バカにされた経験がありますが、そういう奴らって立ち止まって見てみると凄い奴って誰も居ないんですよね

社畜として飼いならされているだけで、自分一人では何も出来ないような人間ばかりで、そういう人間だからこそ社畜としてしか生きられないんだろうなって、ある時に気がついたんですよ

僕も長いこと社畜を経験してきましたが、すごい人というのは、発達障害者の特性を見抜いてなんとか活用しようとしてきますし、そもそも色んな分野で、第一線で活躍している人が発達障害者だったりすることも多いですしね

言葉を変えれば、トラが目の前に居るのに猫だと勘違いしている人間が多く、はっきり言って見る目がない人が全員です。誰ひとり例外はありません

ただ自分自身がトラだったとしても、周囲から攻撃されていることでいつの間にか自分が猫だと錯覚して能力を生かせないケースが大半です

そんな周囲の見る目の無いやつの言葉に惑わされるってもったいなく思いません?


奴らに従っても所詮は奴らの劣化にしかならない

発達障害者というのは思考が狭い分、深く考えることが出来ることが多く、無意識の内に周囲の程度の低い人間に合わせても自分の行き着く先が見えてしまうんですよね

批判してくる人間を見ていると誰も大したことない人間ばかりで、そういう奴らに従ったとしても、その大したことない人間の劣化にしかならない、ということが分かってしまっているのです

もう結果が分かりきっているからこそ、そういう状況で頑張っても仕方がないと自分で分析してしまって、その結果が無意識の内に社畜で頑張るべきではない、と判断出来ているので、仕事が出来ない人になってしまうんですよね

発達障害者でも仕事と報酬が見合う環境に行けば頭がフル回転して仕事が出来るようになることはあります

「一流企業で報酬をいっぱいもらってるのに仕事が出来ない!」なんてケースもあったりしますが、それは報酬に対しての仕事量が割りに合ってないと判断できている証拠なのです

極論を言ってしまえば、社畜をやっている以上、どんなに働いても自分の稼いだ利益以上の報酬はもらえることが無いので、絶対に損をするということがもう分かりきってしまっているんですよね

終わりに・そういう批判する人間は無視してOK!

もう一度断言しますが、発達障害者をバカにする人間に例外なく凄い人間は居ません

大体の人間が社畜として飼いならされているだけで、自分の意思で動くことができないような弱い人間ばかりです

そういう人間が憂さ晴らしの為に自分と異なる人間を批判しているだけでしかありません

もし、本当に成功した第一線で活躍しているような人の批判であれば凹むのも分からなくも無いですが、そういう人は違うことに対して寛容だったりします

そんなバカにする人間の意見なんて耳を傾けていても、そいつら同様にしょぼい生き方しか出来ません
底辺で喚くしか出来ない、そんな人間の言葉なんて聞くだけ無駄だということがよく分かるはずです

だからこそ発達障害者をバカにして来る人間は反面教師として参考にするのはありかもしれませんが、そのような人の批判や意見なんか役に立たない事ばかりですから、まともに聞いてはいけません

僕自身もそういう連中から離れて、自分で好き勝手やり始めてから人生が好転していますので、そういう批判は犬の餌にもなりません

批判する人間は社畜な生き方を推奨している人が多いですが、そういう人間を見て「楽しそう」とか「憧れる」とか思わないはずですし、続けていたとしても目の前に見えるなりたくない将来像になるだけなのです

逆に、そういう人間が否定的な起業やフリーランスといった生き方を選択している人達のほうが魅力的に見えるはずですし、魅力のある方になれるように労力を向けるべきだと確信しています

こちらの記事が今読まれています。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)