起業の教科書連載シリーズ


「発達障害者ライフハックブログ」の借金玉さんによるマイクロ起業体験談コラム
借金玉さんのプロフィール
ブログサイト「お前ら、社畜で人生楽しいか?」のアツシさんによる、脱社畜のすゝめコラム
アツシさんのプロフィール
“ショボい起業コンサルタント”えらいてんちょうさんによる、ショボい起業コラム
えらいてんちょうさんのプロフィール
法政大学キャリアデザイン学部の遠藤野ゆり助教授による「発達障害と起業」について考えるコラム
遠藤助教授のプロフィール

社畜は相互協力ではなく足の引っ張り合い!発達障害者には不適正だ!

社畜は相互協力ではなく足の引っ張り合い!発達障害者には不適正だ!

どうも!発達障害持ちで、個人で金を稼ぐ生活をしているアツシです!

今この記事を見ているということは、自分自身が発達障害者であり、就職をしても適正がなく挫折している真っ最中なのではないでしょうか?

発達障害者というのは社畜という生き方に様々な方面で適正が無いことは事実ですが、それは必ずしも自分だけが悪いとは言えず、環境によって仕事が出来なくなっている可能性もあります

僕自身も今のように個人で稼ぐようになる前は、社畜として仕事をしていましたが、全く適正がなく挫折してばかりでした
しかし、社畜を離れた環境になってはじめて分かったことというのが沢山あるんですよね

今回は発達障害者の社畜適正が無い理由の一つ、周囲の環境について記事を書いていこうかと!


社畜は相互協力ではなく足の引っ張り合い

仕事をすると「お互いが協力して成果を出す」なんて綺麗事を言う場所が多いですが、実際には協力して成果を出すのではなく、お互いに牽制し合うことで足を引っ張り合っているのが現状です

人間はロボットでは無いので、自己利益の追求や、他者に恨んだり嫉妬したり、そういう考えや思惑が入ってしまうと、どうしても一枚岩という事で仕事をすることは出来ません

僕は今までは、協力するフリをしてお互いをガチガチに監視しあって、些細な事で揚げ足を取り、集団から少しでも外れた事をすると、全力で村八分するという環境を沢山見てきました

こういうガチガチの相互監視で、集団から少しでも外れたら村八分にする、というのは相互協力と言わずに、足の引っ張り合いでしかありません

しかも、この集団から外れると言うのは、能力が下なのはもちろんの事、場合によっては上に抜けたとしても、妬みの対象になるので攻撃を受けやすいのです

社畜というのは協力に見せかけた足の引っ張り合いだと感じるのはこのせいなんですよね

生産性の無い無駄なことをして消耗している

そして、この相互監視による互いの牽制というのは、全く生産性が無いだけでなく無駄に消耗するのです

大体の人間は村八分になることを恐れるので、集団と同じような行動を取るのですが、その集団に合わせるという行動が発達障害者には辛いのですよね

更に発達障害者は常に頭が色々と回っていることが多く、それによって集団からはみ出やすかったり、集団が行っている無意味な行動がとても無駄に思えたりしてきます

その結果として集団に合わせることに疑問を持ってしまい、集団行動から外れやすくなり、最後には村八分に合うという事が決して珍しくありません

そうなってしまうと、どんなに高い能力を持っていても陰湿な足手まといによって、能力を下げられたり仕事を邪魔されたりして、本来の持ち味が全く発揮できなくなるという事になりかねません

終わりに・足手まといばかりの環境からは抜け出せ!

こういう行為は全く生産性が無い無駄どころかマイナスの行動なので、そういうマイナスを補うだけでもかなり消耗してしまいます

日本の社畜の生産性や利益率が低いのはこういう所もあると社畜を経験して感じましたね

そして発達障害者というのは、この様な無駄なマイナスが、普通の人よりも大きくマイナスになってしまう傾向があるので、余計に能力を落とされることになるのですよね

社畜という環境で、マイナス面に足を引っ張られるのであれば、そういう環境から抜け出したほうが持ち味を生かしやすいのです

こんな生産性の無い無駄なことに適正を持つ必要なんて無い方が、かえって社畜から抜け出しやすくていいのかもしれませんね

発達障害者はマイナスの影響が多い分と、元のプラス方向に伸ばす能力が非常に高いので、上にも下にも辛い社畜には適正が無いですが、そんなものに適正を持つ必要は無いと断言していいでしょう

社畜と起業やフリーランスという生き方は求められている能力が全く違うので、社畜に適性がなければ後者2つの生き方に適性がある可能性が非常に高いです
社畜という足手まといの世界から抜け出して、他の働き方をお試しあれ!

こちらの記事が今読まれています。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)