起業の教科書連載シリーズ


「発達障害者ライフハックブログ」の借金玉さんによるマイクロ起業体験談コラム
借金玉さんのプロフィール
ブログサイト「お前ら、社畜で人生楽しいか?」のアツシさんによる、脱社畜のすゝめコラム
アツシさんのプロフィール
“ショボい起業コンサルタント”えらいてんちょうさんによる、ショボい起業コラム
えらいてんちょうさんのプロフィール
法政大学キャリアデザイン学部の遠藤野ゆり助教授による「発達障害と起業」について考えるコラム
遠藤助教授のプロフィール

45-発達障害は職場で打ち明けるべきではない!そうするくらいなら一人で稼げ!

45-発達障害は職場で打ち明けるべきではない!そうするくらいなら一人で稼げ!

どうも!発達障害持ちで、個人で金を稼ぐ生活をしているアツシです!

この記事を読んでいるあなた、きっとこの記事を見ているということは、社畜として生きている真っ最中で相当生き辛さを感じて居る人だと予想できます

そして、もしかしたら発達障害者であることを職場で打ち明けるべきかどうかという事について悩んでいるんじゃないでしょうか?

僕自身も社畜時代は仕事が出来ずに、周囲からさんざん責められ、後から発達障害者であることが分かり、職場で打ち明けたことがありますが、その結果は散々なものでした

この記事を読んでいる人には同じ失敗をしてほしくないのと、どうすればもっと生きやすくなるのか?という2点で僕の経験談を書いていこうと思います
先に地雷原を歩いた記録として参考にしていただけると幸いです


発達障害を打ち明けても理解が得られないケースが圧倒的に多い

まず、発達障害者の性質があり職場で生き辛さを感じているような場合、職場では理解が得られないことが圧倒的に多いです

そもそも発達障害を打ち明けて理解されるような職場であれば、周囲もなんとなく理解してくれるので最初から生き辛さを感じないはずなのです

そういう訳で最初から生き辛さ感じている職場では、まず発達障害という言葉すら知らないというケースも多いです

僕自身も発覚してから打ち明けたのですが「発達障害=ダメ人間」という風に決めてかかられて見られるので、

なんとなく仕事が出来ないやつ

から

完全にダメ人間のキチガイ

と見られるようになってしまいます

この様に理解を得られるどころか、逆にトドメを刺される事になってしまう事になりやすいです

発達障害を打ち明けると、理解されないどころか余計に職場でひどくなる

更に、もう一つ悪化する原因となるのが、今までの職場で散々やらかしたという悪い意味での実績があること、コレが余計に後押ししてしまうんです

発達障害を打ち明けることで、今までの失態を帳消しにしようとしていると取られる事になり、発達障害者にとってかなり辛い責めである

「努力が足りない」

「だからどうした」

などなど、努力ではどうにも出来ないようなところを責められるだけなのですよね

結局、なにも改善することは無く、今までの分の恨みを晴らすかのように職場内で悪化するだけでしたので、打ち明けるべきでは無いと感じましたね

終わりに・職場は自分にとって大きな足手まといであると思うべき!

そして、この様に職場で生き辛さを感じた時の対処法ですが、こういう時は黙って去って独立するのが一番いいと確信しました

発達障害者であることを理解しろというのも一つの驕りですし、理解するということは、ある意味では相手の好意なのですよね

もし理解してもらえたら感謝すべきですし、理解されなかったとしても恨む筋合いはありません

しかし責めてきた職場には罪はありませんが、発達障害者にとっては必要以上にストレスを与えてくるだけで害にしかならないのも事実です

不要な害を与えてくる環境というのは自分にとって大きな足手まといでしか無く、今までも足を引っ張られていたからこそ能力がガタ落ちしてまともに動けなかったという可能性が非常に高いのです

所詮は社畜で生きるような人間とは住む場所が違うだけなので、別に大きく悩む必要は無いですし、自分に合わない環境だということが分かったら居場所を変えればいいだけの話です

逆に社畜に適正があり、独立や起業する能力がある人間は少ないでしょうし、人には適材適所というものがあるのです

水中のほうが生物にとっては生きやすい環境らしいですが、人間には水中で暮らすのは無理でしょうし、過酷と言われている地上のほうが居心地は良かったりします

だから社畜をやっていて生きづらいというのは、ただ単に陸上で適性がある人が水中で溺れているだけで、下手に打ち明けるのは、酸欠で溺れている最中に余計に酸素を吐き出して水中で粘るようなものです
無理な環境で酸欠になり苦しむよりも、とっとと陸に上がってしまえば良いのです

社畜のように、水中で生きるだけしか方法は無いわけでは無く、起業やフリーランスといった働き方も世の中にはあります

事実、僕も独立する事で、大きく足を引っ張られていた職場とスパっと関係を切ることで、目の前の仕事にのみ集中できるようになりました
それによって、今では常人よりも遥かに生産量が多い仕事が出来るようになりましたし、無理に適正のないことで悩むよりは視野を広く持って社畜という水中を捨ててしまうのが一番の方法だと言えるでしょう

こちらの記事が今読まれています。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)