起業の教科書連載シリーズ


「発達障害者ライフハックブログ」の借金玉さんによるマイクロ起業体験談コラム
借金玉さんのプロフィール
ブログサイト「お前ら、社畜で人生楽しいか?」のアツシさんによる、脱社畜のすゝめコラム
アツシさんのプロフィール
“ショボい起業コンサルタント”えらいてんちょうさんによる、ショボい起業コラム
えらいてんちょうさんのプロフィール
法政大学キャリアデザイン学部の遠藤野ゆり助教授による「発達障害と起業」について考えるコラム
遠藤助教授のプロフィール

人付き合いが苦手ならする必要はない!それどころか苦手を避けろ!

人付き合いが苦手ならする必要はない!それどころか苦手を避けろ!

どうも!発達障害持ちで、個人で金を稼ぐ生活をしているアツシです!

発達障害者は人付き合いが苦手で、集団行動や連帯行動が苦手という記事を見るのですが、実際に僕もある程度自覚があるので、分からない話ではありません

しかし、日本の仕事をする環境ではどうしても「空気を読む」とか「和を尊重する」という文化があるので、集団行動などの人付き合いが出来ない奴はダメ人間と取られがちで、そうした傾向も発達障害者の生き辛さの原因になっているのではないでしょうか?

ただ僕は個人で稼ぐ生活に移ってから、世間でやいやい言われているほど、集団行動とか、他人の様子を伺うことで行動を左右される必要は無い、と強く実感しましたね

それが発達障害者であれば、なおさらそういう傾向があるのではないかと感じました

今回は僕が実際に経験して感じた事で、世間で言われているほど周囲の人間に合わせる必要はないということを記事にしようかと

周囲の人間は意外と程度が低く弱い

社畜を10年近くやって分かったことですが、社会人のなかには、年だけ食っても案外中身は大したことがなかったり、全く成熟してないような人間ってけっこう沢山居るんですよ

年齢が一桁か?としか思えないような大人も本当にいますし、一人じゃ何も出来ないような人間がたくさんいるのを見てきましたね

もちろん中には良い人もいましたが、そういう人間が少数派と思えるくらい世の中の人間は出来ていない人が多いのです

程度の低い人間と関わることで、こちらも程度の低い人間に合わせて関わる必要が出てきて、人付き合いをすることでストレスを感じることと、程度の低い人間に合わせることで能力を落とす二重苦になるのです

絶大な能力が出せるという強みの点を自分から殺すという事と、全部の力を出し切っても普通の人に追いつけないというマイナスの点の両方から見ても、能力を落とすというのは自殺行為でしかありません


関わっても邪魔にしかならない人間は確実に存在する

そのような人間と無理に関わっていたとしても、いい影響を受けることは少なく、それであれば最初から関わらないほうが良いと断言できる人間が多いのです

特に発達障害に関して理解しようともせずに、怒鳴りつけて頭ごなしに否定してくるような人間は、確実に毒というか邪魔でしかありません

社会では、苦手な人でもいつかは助けてくれる時が来るから仲良くしなさい、とか言われますが、長い目で見れば本当にたまーーーーーーーーーーーーーーーに助けてもらえる時もあるでしょうけど、それの数百倍は害になることしかしてきません

実害のほうが大きいのであれば無理に関わる必要はありませんし、別に人間なんて沢山居るので嫌いな人にわざわざ頼る必要もありません

それどころか個人的な能力に優れている発達障害者であれば、他者に相談しなくても自己完結するのもそう難しいことではありません

対処法がいくらでもあるのに、わざわざその中で一難非効率な方法を選ぶ理由はないのです

そういう害しか成さない人間であれば関わらなければマイナスになることはありませんからね

終わりに・無理に人付き合いをしなくても生きられる強さが発達障害にはある

僕自身も社畜時代は周囲と協調性を保つことや、周囲との和を大事にすることを教えられてきましたが、周囲の人間というのは発達障害者にとって助けてくれる存在というより、自分の人生を邪魔して破壊してくる可能性の方が大きいのではないでしょうか

僕の体感では50人いたとすると49人は自分の人生にマイナスになるような人だと言っていいですね

発達障害者も能力だけなら相当高い人が多いのに、自分に実害のある人間と無理に付き合うことで感じるストレスと、与えられる害による二重苦で苦しむだけの存在になることが多いのです

無理して集団行動をしなければ、二重苦を受けて能力を落とさずに済みますし、一人でだいたいのことは解決できるとなると徒党を組む理由がなくなります

集団行動など人付き合いそのものが悪いとは言いませんが、自分にとってマイナスしか無いのであれば別に無理してまで人と関わる必要は無いでしょう

ただ社畜をやっていると周囲との関係を切るわけにもいきませんし、中にはどうしても自分の人生にとって足手まといになる人と関わらないと行けない場面も出てきます

そういう嫌なことを強制されると発達障害者は途端に能力がガタ落ちします
なので、能力を落とさない生き方として起業やフリーランスとして付き合う人間を選別するか、一人で作業するかを自分で選択肢を持ったほうが生きやすい生き方になると言えます

僕も一人で仕事をするようになって、かなり捗るようになってきました。
もし、人付き合いで悩むのであれば、悩むという時点でマイナス面しか無いということなのですから、それらを全て捨ててみるのも悪い選択肢では無いと断言します

こちらの記事が今読まれています。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)