起業の教科書連載シリーズ


「発達障害者ライフハックブログ」の借金玉さんによるマイクロ起業体験談コラム
借金玉さんのプロフィール
ブログサイト「お前ら、社畜で人生楽しいか?」のアツシさんによる、脱社畜のすゝめコラム
アツシさんのプロフィール
“ショボい起業コンサルタント”えらいてんちょうさんによる、ショボい起業コラム
えらいてんちょうさんのプロフィール
法政大学キャリアデザイン学部の遠藤野ゆり助教授による「発達障害と起業」について考えるコラム
遠藤助教授のプロフィール

疑うべきは己ではなく環境だ!発達障害者に優しくない環境は定型発達者にも優しくない!

疑うべきは己ではなく環境だ!発達障害者に優しくない環境は定型発達者にも優しくない!

どうも!発達障害持ちで、個人で金を稼ぐ生活をしているアツシです!

僕自身、過去に社畜として10年近く就職していた経験があって、そこで自分自身の性質を理解できずに大変苦労した覚えがあります

後から発達障害という言葉を知って、今でこそ個人で稼ぐ環境になって気楽に生きていますが、社畜だった時は本当に大変でしたね

そんな環境に身を置いて、後から冷静になって考えたことなんですが、発達障害者に優しくない職場というのは、実は定型発達者にも優しいとは言えない職場であることが多いのです

もし仮に、現在就職している所で生きづらさを感じるのであれば、それは性質よりも環境を疑うべきだということを記事にしようかと


個人に配慮できない職場は定型発達者でもきつい

私が過去に就職していた職場では、本当に目が回るように忙しく、発達障害者の負の部分である短期記憶部分が弱いという弱点が致命的になるような状態でしたし、それによって過労状態になることも珍しくありませんでした

確かに過去の職場では私自身がついていけなかったこともあったのですが、定型発達者の人に優しい職場だったかというと、全然そんなことはなかったです

そういう環境では過労で精神がすり減り、ストレスも溜まりやすいので、人間関係も些細なことで一触即発、なんて事になりやすかったですし、決して人に優しい職場とは言えず、僕以外にも沢山の人が辞めていくような環境ばかりでしたね

仕事で生き辛さを感じるのは、実は発達障害者であるかどうかは、そこまで大きな問題では無く、置かれている職場の環境のせいじゃないか、と僕は感じました

もちろん生き辛さを感じるのは発達障害者であれば、普通の人が感じる生きづらさに掛け算されて割り増しされて感じるのは間違いないです

ただ掛け算であれば、元の生き辛さの数値が小さければそこまで大きくはならないはず

発達障害者に優しい職場は、定型者にも優しい

僕がかつて社畜としていろいろな会社を転々としていた時期に、本当に僅かな期間だけ発達障害者であることを配慮してもらえる職場が存在しました

その時は就職していたにも関わらず、大きなストレスも無く、そのストレスが無いことで、余計な事に頭の短期記憶部分を使う必要もなかったので、その分を仕事に回すことで長所が生きる時期がありました

そして同じ社畜であってもそういう職場に就職していた時は、周囲の人間もストレスが少ないので、人間関係で大きな揉め事が起きることも無く、互いに融通できるような環境でしたし、僕の目から見ても定型者にも優しい職場だったと感じました

その時には職場内で正の循環が起こっていたので、やはり発達障害者だろうがなんだろうが、環境の力というのはプラスにもマイナスにもなると感じましたね

やはり発達障害者に配慮できるような職場というのは、他の人にも優しい職場であり、ストレスの元がとても小さいので掛け算して影響を受けたとしても大きな辛さにはならないのです

終わりに・現在の環境で生き辛さを感じるのであれば環境を疑うべき

もし仮に、現在いる職場で生き辛さを感じたり、しんどいと感じるのであれば、自分自身の能力では無く周囲の環境を疑った方が良いのです

実際に僕が働いていた職場でも、定型発達者と思われる人ですら過労やストレスが多く溜まるような職場で仕事をしていましたからね

私が在籍できた発達障害者にも優しい職場というのは存在しない、とまでは言わないけど、現在の日本では遭遇できる確率はごくごく稀で、大体は発達障害者に理解を得られずに生き辛さを感じるような職場が多く、また、そういう所は定型発達者でも生き辛さを感じる職場であることが多いです

発達障害者が全体で理解されるのは、きっと何十年も先のことでしょうし、今苦しんでいる人は、残念ながら恩恵に預かる前に最前線を外れる事になるでしょうしね

それであれば、すごく低い確率で当たる良い職場を探すよりも、自分で環境を構築したほうが手っ取り早いでしょうし、そういう力を持っている事が多いので、厳しい環境で我慢するよりも容易く感じるはずですからね

日本で社畜として働く場合、この様に発達障害者どころか定型発達者にも優しくない環境が数多く存在しており、そういう環境から抜け出すとなると、やはり起業やフリーランスといった形のほうが生きやすいと感じました

こちらの記事が今読まれています。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)