起業の教科書連載シリーズ


「発達障害者ライフハックブログ」の借金玉さんによるマイクロ起業体験談コラム
借金玉さんのプロフィール
ブログサイト「お前ら、社畜で人生楽しいか?」のアツシさんによる、脱社畜のすゝめコラム
アツシさんのプロフィール
“ショボい起業コンサルタント”えらいてんちょうさんによる、ショボい起業コラム
えらいてんちょうさんのプロフィール

41-発達障害者が社畜の適正がないのは、エスパーを求められるからだ!?

41-発達障害者が社畜の適正がないのは、エスパーを求められるからだ!?

どうも!発達障害持ちで個人で金を稼ぐ生活をしているアツシです!

発達障害者が社畜の適性がないことは様々な理由がありますが、その中の一つに、社畜環境は人の頭を読むエスパーを求められている、ということがあります

コレはどういうことかというと、上司が滅茶苦茶な指示を出したり、あるいは指示は全く出さないくせに、自分の考えていることを察してほしいと考えている人間が多いため、そのような上司の頭の中を読むエスパーな能力が社畜環境では必要なんです
これは発達障害者にとっては致命的に難しい事であり、僕もこの手の能力は全然ないため、社畜適性はありませんでしたね

今回はこんな発達障害とエスパーな能力について語ろうかと思います

ストレートに言ってしまえば上司の怠慢

今回のテーマについてですが、初手からぶった切ります

これをさも労働者が察しない方が悪いみたいな言い方をされてしまいがちですが、実際に悪いのは上司や会社であって、それはまさに怠慢です
労働者の側には非がないと過去の経験から断言します

発達障害者は仕事が出来ないと思われがちですが、具体的に作業手順と時間を指示すれば他の人よりも良い仕事をする人が多いとも言われています

しかし、そのために必要なこのぐたいてきな作業手順や時間というものをしっかり伝えるという努力を、上司が放棄しているだけなのです

そして自分の考えと違うと喚き散らすのは、ただのサボりです

上司というのは忙しい身分でありたくさんの仕事や時間に追われているのは分かりますが、だからといって伝えることをサボるのは論外

しかし私も様々な職場を転々としてきましたが「何も言わなくても自分の考えていることを理解しろ、空気を読め」という上司は結構多いです、というかほとんどです


聞きづらい空気を作っていて改善する気がない

更にこういう事を言う上司のいる環境は、例外なく仕事の内容でも話しづらい事が多く、そういう空気を作っているのに改善する気がありません

僕がかつていた職場では、指示が無くても今日の予定はすべて頭に入っているのが当然であり、少しでも仕事の事を聞けば怒鳴り声が飛ぶという会社が大半でした

いくら空気が読めない発達障害者でも聞けばヤブヘビになるのが分かるので、仕事の事は聞けない、かと言ってそのまま続ければ、それはそれで怒られるというダブルバインド状態になってしまいます

ダブルバインドは一般の人でも精神を破壊して従順な社畜を作るのに有効とされている手段ですが、発達障害者の1か0かという特性には効果がてき面すぎて脳に過負荷がかかって動けなくなるのです

一般人でもきついそのような環境を作っているのに改善する気が無く、発達障害者にとって、よりツライ状況になってしまい仕事どころでは無いんです

終わりに:社畜環境の身勝手なワガママに付き合う必要はない

ハッキリ言って、言われなくても上司の考えている事を読むというのは社畜環境における上司のワガママや怠惰によるパワハラでしかありません

発達障害者は余計な事があるとすぐに脳がパンクしてしまうため、上司の身勝手によって人生を潰されているようなものなのです

発達障害者どころか定型発達者から見てもこの行為はおかしいと思えることであり、そんな身勝手なワガママに振り回される必要はありません

社畜環境というのは、仕事だけでなく様々な人間関係や理不尽などがつきまといますが、共通して言えるのは、それらは大きく足を引っ張るくせに、耐えたからと言って特別に報酬が発生するわけではありません

発達障害者は私を含めて人間の感情を読むのに疎い分、損得勘定の計算等の数字には強く、こういう理不尽に耐えることは全く利益がないバカバカしいことだ、と気がつくのです

そう考えると社畜環境というのはただの足の引っ張り合いで、社畜をやっていると80%くらいの労力を人間関係に使わないといけないので、この無駄なエネルギーを労働力に完全に回すことができれば、それだけで十分仕事が出来る人になれます

人間関係に余計なエネルギーを使わないためにも、社畜より人間関係を取捨選択できる起業やフリーランスといったスタイルの方が発達障害者には適正があり、向いていると経験談から確信します

こちらの記事が今読まれています。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)