起業の教科書連載シリーズ


「発達障害者ライフハックブログ」の借金玉さんによるマイクロ起業体験談コラム
借金玉さんのプロフィール
ブログサイト「お前ら、社畜で人生楽しいか?」のアツシさんによる、脱社畜のすゝめコラム
アツシさんのプロフィール
“ショボい起業コンサルタント”えらいてんちょうさんによる、ショボい起業コラム
えらいてんちょうさんのプロフィール
法政大学キャリアデザイン学部の遠藤野ゆり助教授による「発達障害と起業」について考えるコラム
遠藤助教授のプロフィール

能力を会社が制御できないなら、起業して自分で制御するのが一番いい

能力を会社が制御できないなら、起業して自分で制御するのが一番いい

どうも!発達障害持ちで個人で金を稼ぐ生活をしているアツシです!

この発達障害という言葉が認知されては来ていますが、完全に浸透するのに数十年単位の歳月が必要になると感じてます

そして、発達障害者は絶大な能力があるのにもかかわらず、普通の会社にはそれを制御する方法を知らない人が多く、それを活かすことが出来ないので、失敗して動けなくなる人が多いと自分自身の経験や世間を見ていて感じます

後数十年後に、完全に発達障害者が理解された世界であれば、社畜ももしかしたら悪くも無いかもしれませんが、残念ながら現在の発達障害で苦しむ人には、そこまで待つ余裕がありません

今回は、世間から見た発達障害の扱いについて、社畜よりも起業や独立を目指すべき理由を語ろうかと

発達障害者の能力は明確な指示があってこそ生まれる

発達障害者というのは、明確な指示と仕事の種類さえ絞り込む事が出来れば、他者の追従を許さない絶大な能力を発揮できます

しかし、現在の日本の社畜環境では、一芸に秀でたタイプは応用力が無いと低く見られがちで、一般人同士だと情報量が少なくても感覚が共有できるので、指示にも的確な情報を伝えられる人間はかなり少ない

更に可能性として、発達障害なんて言葉を聞いたこともない世代が上に立ってしまった事で、更に情報伝達がややこしくなってしまっている場合もあります

ダイナマイトの近くで焚き火をするくらいに、やってはいけない組み合わせが発生している可能性があります


起業して自分で結論をだせば、曖昧な指揮系統で混乱することもない

発達障害者は、短期的な処理能力が滅茶苦茶低いので、曖昧で分かりづらい指示を出されると混乱し、固まります

そしてその固まった事で更に怒られ、萎縮するという最悪の連鎖が発生していくことに……

しかし、発達障害者は頭のいい人が多いので、最終的には自分で結論が出せる人が多いと感じますし、曖昧な指示系統の元で仕事をするよりも、自分で活動したほうが遥かに動きやすい

更に、自分の特性を説明するまでもなく理解しているので、他人に話すという作業量も減らせるので、短期の処理能力の節約になり一石二鳥の効果が得られます

私を含め発達障害者は、自分では理解できるけど、他人に理解する説明をするというのは不得手な人が多く、相手に完全な理解をさせようと思うと、それだけでかなりの労力を消化しますから……

発達障害者が活躍できる方法に、出来るだけ短期の情報処理をさせないというのは有効であり、出来る節約は少しでも行っておくべきですからね

発達障害の能力を活かすために社畜より起業を

現代の社畜環境では、発達障害への理解は全然まだまだなので、絶大な能力があったとしても、それを発揮する前に成功することなく埋もれて行く人が多いでしょう

そう考えると、環境が発達障害の足手まといしかなっていないので、就職という社畜になる環境に拘る必要が無いと断言できます

僕が思うに、発達障害者は、上に指示を出す人が居ると上の意向で能力を発揮することが出来ないと感じます

しかし対等な立場で横のつながりで、パートナーという形であればお互いに出来ないことをカバーし合える

発達障害者が上に立てば、その力強さと常人には出来ない発想力と耐久力でグイグイ引っ張っていける

という訳で、発達障害者というのは現状の理解の無さに加えて、これらの要素から、雇われることよりも、独立したり、雇う側になったほうが能力は活かしやすい

社会で上手く活躍できずに悩んでいるのであれば、「稼ぎ方が多様化」してきている現代なのですから、社畜に拘る必要も無いんじゃないかと、起業して稼いで感じています

こちらの記事が今読まれています。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)