起業の教科書連載シリーズ


「発達障害者ライフハックブログ」の借金玉さんによるマイクロ起業体験談コラム
借金玉さんのプロフィール
ブログサイト「お前ら、社畜で人生楽しいか?」のアツシさんによる、脱社畜のすゝめコラム
アツシさんのプロフィール
“ショボい起業コンサルタント”えらいてんちょうさんによる、ショボい起業コラム
えらいてんちょうさんのプロフィール
法政大学キャリアデザイン学部の遠藤野ゆり助教授による「発達障害と起業」について考えるコラム
遠藤助教授のプロフィール

「皆と同じ」から抜け出すための強力な武器をあなたはもっている!

「皆と同じ」から抜け出すための強力な武器をあなたはもっている!

どうも!発達障害持ちで個人で金を稼ぐ生活をしているアツシです!

このコンテンツに到達されたあなたは、自分や身近な人の発達障害が発覚した、もしくはその疑いがあるということで、非常に悩んでいる状況なのでは無いでしょうか?

前回、「発達障害は人と違う度合いが少し大きいだけなので悩む必要はない」ということを書いたのですが、前回の記事は守りの姿勢に入った記事でプラス感を伝えられなかったので、今回は発達障害であるという攻めの視点から見た利点の一つである「空気の読め無さ」について語ってみようかと思います

空気を読めないことは、必ずしも欠点では無い

発達障害がある者の傾向として、空気を読めない「KY」なんて言われる人が多いですよね

私自身も完全に読めない訳ではありませんが、それでも読み切ることは苦手なので、社畜をやっていた頃は揉め事には全く困らなかったです(笑)

現代の日本社会では、この空気を読むという事が重視されるので、コレの能力が非常に低い人間は何かしら欠点として見られる事が多いのですが、私自身はこの空気の読めなさは全く欠点では無いと考えています


大衆が間違っていても一人でもNOと言えるのはとても大きい

私の経験上、空気を強いる内容というのは、当事者視点でも第三者視点でも実は間違っている物事が多いです

例えを出すと、ブラック企業なんかで残業代が出ないのに自主的にサービス残業をやらされる場面は、明らかにサービス残業を行わないのが大正解ですが、帰りづらい雰囲気があったりするので結局、残業代がつかないのについつい残ってしまうという事が多々あるのではないかと

第三者視点では、サービス残業をせずに帰るというのが大正義ですし、当事者であってもサービス残業をせずに帰るというのが正しいことだと理解出来る人の方が多いでしょう

それが理解できているのにしてしまう背景には「空気を読む」という行為のせいで理不尽がまかり通ってしまうこと

間違っているとわかっていても大衆の意見であれば従ってしまうというのはおかしい事ですが、一般人にはここで「NOを言う勇気」は存在しないでしょう

ここで発達障害がある者特有の空気の読めなさが大きな武器となり、大多数の判断基準では無く、自分の中の絶対的な価値観で判断出来るので、間違っているのであれば周囲が何と言ってもNOと言い切る事が出来る人が発達障害のある者の中には多い傾向にあるのです

これはほんの一例ですが、世の中の間違った事に対して「勝つ・負ける」は別として、戦う事が出来るというのは発達障害がある者にとって大きな強みと思いませんか?

終わりに:発達障害がある者は考え方を変えれば強力な武器である

上に書いた事は部分的なことです

しかし、コレをもっと大きな視野に広げると、まだまだ日本には社畜の生き方以外は許され難い空気が強く残っているものの、そういう静止を振り切って起業やフリーランスと言った手段を、ためらいもなく選択して実行できるという、判断力の高さと瞬発力の高さは発達障害特有の強力な武器でしょう

また、僕自身が10年近く、実際に自分で経験して感じたことですが、社畜という生き方は、死にそうな目にあいながら、生きるのに大切な睡眠時間と食事の時間を削ってまで仕事をしているのに、人が最低限生存できると言われている金額を下回る給料しか、貰えない生き方にもなりかねない

そんな生き方は、誰がどう考えても絶対におかしいのですが、この生き方に異を唱えると、周りの人が全力で叩いてきます

僕は、社畜仲間が空気に流され、ジリ貧で、集中攻撃を受けながら消耗するだけになっている、という場面をいくつも見てきました

この社畜な生き方も「皆がやっているから」という理由で、間違っているということに気が付きながらも、独特の空気に踏み出せずに終わる、という事も珍しくありません

ですが、大多数がやっていても、やはりおかしいものはおかしいですし、それに対しては少数意見であっても、誰かが言い出して動く必要があるのです

結果的に、今の世の中では踏み出す人が少数派なので、他の人よりも早く一歩前に出ることで、先行者の特権である利益を独占しやすいという部分もあります

周囲を恐れずに「前に出れらる」というのは、発達障害が持つ強力な武器ですから、「発達障害者」って悩む必要があるどころか、むしろ他の人には無い強みを持っている!

間違った環境に適応できないからと言って、腐る必要は全く無い!

もし自分や身近な人が、発達障害を持っていたとしても、落ち込むどころか喜んでいいと、僕は声を大にして言いたい!

この記事が一人でも多くの、悩んでいる人に届くことを願っています

こちらの記事が今読まれています。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)