起業の教科書連載シリーズ


「発達障害者ライフハックブログ」の借金玉さんによるマイクロ起業体験談コラム
借金玉さんのプロフィール
ブログサイト「お前ら、社畜で人生楽しいか?」のアツシさんによる、脱社畜のすゝめコラム
アツシさんのプロフィール
“ショボい起業コンサルタント”えらいてんちょうさんによる、ショボい起業コラム
えらいてんちょうさんのプロフィール
法政大学キャリアデザイン学部の遠藤野ゆり助教授による「発達障害と起業」について考えるコラム
遠藤助教授のプロフィール

「仕事ができない」弱者ではない!環境に足を引っ張られているだけ

「仕事ができない」弱者ではない!環境に足を引っ張られているだけ

どうも!発達障害持ちで個人で金を稼ぐ生活をしているアツシです!

この記事を読んでいただいている方は、ここにたどり着いたということは、おそらく発達障害に悩んでいる方ではないでしょうか?

そして、就職しても仕事が上手く行かずに周囲から責められて自信を無くしているのではないでしょうか?

僕自身も、社畜としていろいろな会社で働く中で、「自分は周りの人たちに比べて仕事が出来ない」と本気で悩んでいた時期がありましたからね

ただ最近、独立して自分で稼ぐようになってからですが、のびのびと羽を伸ばせる状態で仕事ができるようになり、段々と上手くやって行けている状態になっています

そして「自分が仕事を出来ないのではなくて、周囲に足を引っ張られていた」と断言できるくらいに自信を取り戻しました

そんな自分自身の経験から、就職しても上手く行かない場合は、自分ではなく周囲の人間に疑問を向けてみるのも悪くないと感じたので、今回はそのことを記事にしようかと思います

社畜は自信がないから群れるしかない

僕の経験上、社畜という働き方を続けている人間には、自分の能力にも度胸にも自信がない人間が多く、自信がないがゆえに、生きるためには群れて行動しているのではないか、と感じています

僕が自分一人でお金を稼いでいるので、友人から「仕事つらい」の相談を受けることがありますが、具体的に対策を教えても動く人間は10人居ても一人もいません

「仕事つらい」と言ってはいても、結局は彼らは一人では生きられないのです

一人で生きられないからこそ、群れを維持する必要があり、その維持の為に発達障害者が犠牲になるというケースは珍しくないように感じます


社畜は群れの維持のために発達障害をターゲットにする!

社畜というのはひとりだと自信がもてず何も出来ないような人間だと感じています

だからか、群れの維持すら難しいのではないかなと思えるくらい社畜環境ってギスギスしていることが多いんです

そんな状況で群れを維持するには、一人を攻撃することで連帯感をもたせるのが一番効率の良い方法なのです

集団で襲いかかるので標的は割りと誰でも良いのですが、発達障害者は様々な意味で目立ちやすい傾向にあるためだいたい標的にされてしまいます

どんな人間でもプレッシャーを掛けられたり、嫌がらせをされると仕事の効率が落ちたりミスをしたりしますが、そういうことはお構い無しで足を引っ張ってきます

その結果として、群れを維持するための犠牲者としてターゲットにされた発達障害者は、その能力が発揮できない状況を生み出され、自信喪失するという事になるのではないかと経験で感じましたね……

現に私は、社畜から脱出して、誰にも邪魔されずに自分で自分の思うままに動けるようになってから、人生が好転しました

終わりに:発達障害は決して弱者ではない!環境を変えれば輝く!

発達障害者の持つエネルギーの質量には、社畜を続けている人々には絶対に追いつかれないほどのすごい力があると感じています

そのため発達障害者が仕事を出来ないのではなくて、周囲がいろいろな場面で目立ってしまいがちな発達障害者の力を総攻撃して押さえつけている、と考えるほうが自然じゃないでしょうか?

私自身が社畜を辞めたから言えることなのですが、社畜でい続けられるような奴らは一人じゃ何も出来ないからこそ社畜でいるわけですし、大海に放り出されたら野垂れ死んでしまうような人間ばかりだと思います

発達障害だからといって、そんなやつらに足を引っ張られて悩むことはもったいないですし、そういう奴らの養分になるのはバカバカしい事だと断言できます

発達障害者は群れを作る必要がありません。むしろ群れの外に出てしまったほうが力を発揮しやすいです。

ですので、反対に群れの中にいると、必然的に他の人間はから足を引っ張られるかたちとなり、本来の力を発揮できずに能力がないとみなされてしまうのは当然のことなのです

本来はすごい能力を持っているはずなのに仕事が出来ないと見られてしまったり、自分でもそう感じてしまったりするのは、自分自身の能力の問題よりも周囲の人間や環境との相性に原因があるのです

社畜として周りにいる他人の養分やサンドバックになっていては実力も発揮できないでしょう

発達障害者は群れる必要がないので、社畜をやめて、外の世界に飛び出した方が実力を発揮しやすいと私は断言しますね

こちらの記事が今読まれています。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)