起業の教科書連載シリーズ


「発達障害者ライフハックブログ」の借金玉さんによるマイクロ起業体験談コラム
借金玉さんのプロフィール
ブログサイト「お前ら、社畜で人生楽しいか?」のアツシさんによる、脱社畜のすゝめコラム
アツシさんのプロフィール
“ショボい起業コンサルタント”えらいてんちょうさんによる、ショボい起業コラム
えらいてんちょうさんのプロフィール
法政大学キャリアデザイン学部の遠藤野ゆり助教授による「発達障害と起業」について考えるコラム
遠藤助教授のプロフィール

短期で転職を繰り返すことは発達障害の長所だと証明する!

短期で転職を繰り返すことは発達障害の長所だと証明する!

どうも!発達障害持ちで、個人で金を稼ぐ生活をしているアツシです!

この記事に辿り着いたということは、就職しても仕事や人間関係で悩みを持って短期間で仕事を変わった人ではないでしょうか

僕自身も就職する前は転職を何度も繰り返し悩んだ時期があったのですが、発達障害のこの性質は短所に見せかけて2つの長所の現われなのです
短所だと悩んで落ち込む気持ちも分かりますが、生まれ持った性質は変えることが容易ではありません

それならば短所として見られる場よりも、長所として生かせる場に行ったほうが絶対に活躍することが出来ます

今回はこの発達障害の性質がどうして長所になるのか?そのことについて記事を書こうかと思います

短期で辞めるのは判断力の高さ

まずは短期間で職を変わるという性質について、辞めるということは仕事内容や人間関係などが原因で、報酬や待遇などが割に合わないと無意識に判断している、ということなのです

その証拠に、仕事を辞めたことで後ろめたさはある人も居るかとは思いますが、辞めた職場について辞めたことを後悔することってほとんど無いはずです

仕事は生活費を稼ぐためにする行為であって、出来るだけ割のいい仕事をしたいと思うのが普通なはずで、苦しくても辞めないというのは雇う側が作った幻想でしかありません

経営者視点で見れば、安く長くこき使ったほうがお得ですからね……

そういう有りもしない幻に振り回されること無く、割に合わないと総合的に判断したからこそ辞めるということは、判断力の高さから来る行動であると賞賛されるべきなのです

この行動にでレッテルを貼るのならば、割に合わない待遇などで縛っておいて逃げられた側の負け惜しみでしかありません


何度も転職を繰り返すのは行動力の高さ

どういう結果であれ、何度も転職をしたということは、少なくともそれだけ動いたからこそ転職そのものは出来たという事実です

時間軸で続けられない短所と、何度も転職する行動力という長所は表裏一体で、エネルギーに溢れているからこそ一つの所に留まれないと見てもいいのではないでしょうか?

普通の人は転職したくても次を探すのが面倒だという理由で動きませんが、発達障害の人は動くことがあまり苦にならず、非常に行動力に優れています

僕から見ると定型発達者は、仕事が続けられたりする代わりに行動力が無いように感じますね……

終わりに:それらを活かすのは、就職よりも起業や独立

というわけで、発達障害者の職を転々とする短所は、見方を変えれば長所になるのです

確かに就職という生き方ではデメリットになるかもしれませんが、就職以外の起業や独立と行った働き方には、これらが大きな強みになります

社畜と独立の両方を経験してわかったのですが、社畜と独立とでは求められる性質が全く違うので、両方に向き不向きがあるのです

発達障害の症状で就職を悩むのであれば、別の方向から性質を見ることで欠点を長所に変えましょう

そうすることで、より生きやすく稼いで楽する方向になるかもしれません

独立を経験してみて、社畜のまま悩んで生きるより、絶対に事体は好転すると感じましたね!

こちらの記事が今読まれています。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)