起業の教科書連載シリーズ


「発達障害者ライフハックブログ」の借金玉さんによるマイクロ起業体験談コラム
借金玉さんのプロフィール
ブログサイト「お前ら、社畜で人生楽しいか?」のアツシさんによる、脱社畜のすゝめコラム
アツシさんのプロフィール
“ショボい起業コンサルタント”えらいてんちょうさんによる、ショボい起業コラム
えらいてんちょうさんのプロフィール
法政大学キャリアデザイン学部の遠藤野ゆり助教授による「発達障害と起業」について考えるコラム
遠藤助教授のプロフィール

身内であっても理解のない人とは縁を切れ!

身内であっても理解のない人とは縁を切れ!

どうも!発達障害持ちで、個人で金を稼ぐ生活をしているアツシです!

発達障害という言葉は徐々に認知されつつありますが、まだまだ完全に理解されているとは言えません

特に団塊の世代などには理解をしてもらうことはかなり難しいです

更にそれが親や身内等であれば「私の身内がそんな出来損ないでは無い」という補正から強制的に通常の人と同じような生活を送らせようとして理解無く独善的に奮闘してくる場合があります

身内の気持ちも分からなくも無いですが、発達障害である身からするとこのような行為は全て利敵行為だと感じますし、場合によっては親であっても縁を切るべきだと感じています

今回はそんな私の経験談を語ってみようかと思います

身内だからこそ遠慮と逃げ道がない

他人と身内というのは有り難さと厄介さが表裏一体です

他人であれば放っておくようなことでも、身内であればどうにかしようとすることが多いのですが、残念ながら発達障害にとって、そのような身内の行為がプラスに働くとは限りません

発達障害者は短期記憶部分に問題がある人が多く、瞬間的に過負荷を掛けられると思考が停止して本来の持ち味が発揮できません

しかし頭そのものは決して悪くない

それどころか良い傾向の人が多く、自分で解決出来るため、むしろ他人として無視されてた方がありがたいのです

しかし身内であれば放っておけないことが裏目に出てしまい、発達障害者が自分で考えて最適化しようとしているのに、世間とのズレを無理矢理強制しようとしてくるのです

発達障害者にとって、その世間とのズレはにはちょうどいいモノだったのに、無理に戻そうとされることで能力が発揮できなくなってしまうわけです

そして、そのことについて説明をしても「人が一生懸命やってるのになんだ!」と怒ったりと、発達障碍者のストレスとなって更に能力を下げる……という事も珍しくありません

身内だからこそ放っておかないという事が逆に追い詰めることになってしまっているのです


理解のない人間は例え身内であっても敵

身内というのは実際は本人の味方に見せかけて、実は世間を気にしている、ということがあります

これも難しい話ですが、多くは、発達障害者が世間から変な目で見られないように……と、発達障害者の事を考えつつも、対象が世間になってしまっているのです

そうして、ほぼ間違いなく世間体というのは発達障害者にとっては無意味で害にしかならず、無視することが一番の対策だと僕は確信しているのですが、身内はそうもいかないのです

身内としては「普通に生きることが最大の幸せ」と考えている事も、発達障害者にとっては、「どんなに手を伸ばしても届かないし、手に入れてもさほど嬉しくもない」というどうでも良い事、ストレートに言ってしまえば労力の無駄

そのように無駄を強要しつつ、意向に沿わないと怒るという存在は発達障害者の中でも人生でトップクラスに足を引っ張る存在なんです

終わりに:悲しいことですがこれも自分が生き残るための術

僕自身が発達障害者傾向にあり、自分自身で最適な生き方を選択するように常に考えていましたが、全て親に拒否されて一般人として生きることを強要され、精神を止む寸前まで行きました

発達障害者は自分に使えるエネルギーは大きいですが、他人に使えるエネルギーは小さいため、リアルタイムで他人に気を使うことは出来ません

そうであれば完全に外部からの騒音を切った状態で、自分のみにエネルギーを集中させ、自分が成功して余裕が出て、それから他人を気遣うというので良いと思うのです

成功する道中であればこの態度は冷酷に見えるかもしれませんが、下手に周囲に気を使って共倒れするよりはずっといいですからね

本来であれば支えてくれるはずの存在が敵になってしまっているというのは悲しいことです

しかし、自分自身が成功するためには、たとえ身内であっても負担になると感じるのであれば切るべきだと私は感じました

こちらの記事が今読まれています。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)