人生100年時代、いつでも起業に挑戦できる機会を提供

株式型クラウドファンディングを利用して投資するエンジェル投資家

株式型クラウドファンディングで企業に投資するのがエンジェル投資家です。それ以外の投資も含めたエンジェル投資家は、アメリカにおいて25万人も存在し年間約2兆4千億円もの投資を行っています。

一方で日本におけるエンジェル投資はまだまだ小さい規模で、多く見積もっても1,000人に満たない状況なのです。株式型クラウドファンディングの発展により、今後エンジェル投資家が増えてくるのでしょうか。

エンジェル投資家が投資する上での利点は、次のようなものがあります。

・将来のリターンを期待することができる
・支援する企業の成長を身近に感じることができる
・社会問題を解決できるベンチャー企業を支援できる
・エンジェル税制を利用することができる

株式型クラウドファンディングにより企業の株を購入することで、IPOやM&Aがなされたときに、リターンを得ることができるのです。

そして投資した企業の情報というものは、定期的に配信されるので進捗状況を把握することができます。

さらには自分が別の仕事をしていたとしても、投資先の企業が社会問題を解決する事業をすることで、間接的に関わることができるのです。

そしてエンジェル税制というエンジェル投資家に対する税制の優遇があります。エンジェル税制は、優遇措置Aと優遇措置Bの二つがあり、投資家が選ぶことができます。

株式型クラウドファンディングに参加するエンジェル投資家

株式型クラウドファンディングの企業を支援するのがエンジェル投資家です。エンジェル投資家とはどのような存在なのか見ていき、エンジェル投資家の優遇制度についても見ていきましょう。

エンジェル投資家について

エンジェル投資家は、一般的には創業期の企業に投資を行う個人のことをいいます。アメリカにおいては、元経営者など25万人が存在しており、年間6万4千社に総額240億ドル(約2兆4千億円)の投資を行っています。

アメリカにおいてエンジェル投資家の投資は、身近なFriends & Familyによる資金調達とベンチャーキャピタルによる資金調達の間に位置するものとなっているのです。

一方で日本においてはまだまだエンジェル投資家の数は少ない状況となっています。投資活動を行っているのは、多く見積もっても1,000人に見たない状況です。

そんな状況を変える可能性があるのが、株式型クラウドファンディングです。このプラットフォームにより、個人が容易に投資をすることができるようになっています。

エンジェル投資家として、期待できることは、以下のようなものがあります。

・将来のリターンを期待することができる
・支援する企業の成長を身近に感じることができる
・社会問題を解決できるベンチャー企業を支援できる
・エンジェル税制を利用することができる

エンジェル投資家として、株式型クラウドファンディングを利用し、株式を購入した場合に将来IPOやM&Aがあれば、リターンを得ることができるのです。

また株式型クラウドファンディングで投資した起業情報を定期的に受け取ることができ、事業の進捗状況を把握することができます。

また投資すれば、ベンチャー企業の社会問題を解決する事業を応援することができるのです。

エンジェル税制については、次の見出しで見ていきます。

株式型クラウドファンディングに投資するとエンジェル税制が受けられる

エンジェル税制とは、個人のスタートアップ融資が増える事を目的とし、投資した個人に対して税制の優遇を行うことです。

優遇制度は、優遇措置Aと優遇措置Bの二つがあり、投資家が選ぶことができます。優遇措置Aは、投資額の全額から2,000円引いた額を総所得から引くことができるのです。但し1千万円又は総所得金額の40%が上限となっているのです。対象となる投資先企業は、設立5年未満等の条件があります。

一方で優遇措置Bは、投資額の全額を分離課税の株式の譲渡所得から控除することができるのです。控除できる金額に上限はありません。対象投資先企業は、設立10年未満等の条件があります。

しかしエンジェル税制は手続きが煩雑なため、まだ利用の数が伸び悩んでいる状況です。そこで2020年の税制改革により、株式型クラウドファンディングを通して投資する場合に限り、企業の案件に関して、研究者あるいは新事業活動従事者の要件や試験研究費に関する要件などが撤廃されました。

まとめ 小段落無しで 500 文字

株式型クラウドファンディングを利用して企業に投資する個人のことをエンジェル投資家といます。アメリカでは元経営者などのエンジェル投資家が25万人も存在して大きな活動を行っています。

しかし日本のエンジェル投資は、まだまだ小さな規模となっており、エンジェル投資家は多く見積もっても1,000人に満たない状況でした。

株式型クラウドファンディングの普及により、日本においてもさらにエンジェル投資が増えていくのでしょうか。

エンジェル投資家が、ベンチャー企業に投資するメリットとしては、次のようなものがありました。

・将来のリターンを期待することができる
・支援する企業の成長を身近に感じることができる
・社会問題を解決できるベンチャー企業を支援できる
・エンジェル税制を利用することができる

購入した株式からIPOやM&Aによりリターンを得ることができるのです。さらには、支援している企業の情報は定期的に配信されます。また投資先の企業が社会問題を解決することで、エンジェル投資家も間接的に関わることができるのです。

またエンジェル税制という、ベンチャー企業にエンジェル投資する個人に対する税制の優遇があります。エンジェル税制は、優遇措置Aと優遇措置Bがあり投資家が選ぶことができます。それぞれ所得から投資額を引くことができるものです。

今後株式がtクラウドファンディングの普及により、さらにエンジェル投資家が増えて、よりベンチャー企業を作りやすい環境が出来れば、日本も世界に通用する企業を作っていくことができるのではないでしょうか。

投稿日:

Copyright© 起業JP , 2020 All Rights Reserved.