人生100年時代、いつでも起業に挑戦できる機会を提供

株式会社日本クラウドキャピタルの提供するFUNDOORとは

FUNDOORとは、株式会社日本クラウドキャピタルが提供する事業計画書・資本政策を簡単に作ることができるツールです。

FUNDOORは、2019年10月17日に公開されてから、3週間で300人の起業家が利用を始めています。創業当時の企業が、資金調達をするときの壁になっているのが難しい資料作りです。

事業計画書や資本政策について、簡単に作ることができるツールが、FUNDOORになります。FUNDOORの特徴は、以下の通りです。

・最短5分で事業計画書が作成可能
・経験不足でも資本政策が作れる
・投資家とのやり取りを一元管理できる

FUNDOORでは、財務3表を簡単5分で作成することが可能となるのです。まるで公認会計士がいるような状態で、事業計画書を作成することができます。

事業計画書や資本政策は、チュートリアルがあるのでスムーズに作成することが可能です。

FUNDOORは、企業のためにその他にも次のような機能が用意・準備されています。

・IPOまでの株主構成をひと目で把握
・資金調達の流れを管理
・投資家が見たいピッチ資料を作成
・株主総会の招集・開催
・予実・KPIの管理とIR機能

FUNDOORでは、株式分割やストックオプションの計画も簡単にシミュレーションすることができます。そして資金調達の流れもステップを追って管理することができるのです。

また投資家が見たい事業のピッチ資料も作成することができます。

FUNDOORとは

日本発の株式投資型クラウドファンディングFUNDINNOを提供する株式会社日本クラウドキャピタルは、簡単・速く事業アイディアを形にするツールを公開しています。それが、FUNDOORというのです。

FUNDOORの特徴

2019年10月17日に公開されてから、3週間で300人の起業家が登録をしました。

まだまだ日本は、アメリカや中国に比べるとスタートアップの出資額が少ない状況ですが、少しずつ増えてきています。株式会社日本クラウドキャピタルが提供する株式型クラウドファンディングサービスを初め、ベンチャー企業が資金調達できる方法は多様化してきているのです。

そんな中、資金調達をする上でハードルとなっているのが、難しい資料作りになります。さらには企業側が資本政策に関する知識や経験がすくないため、資金調達をしてから後から後悔するということも多くあるのです。

そこで、資金調達に必要な資料作り、資本政策を簡単に作ることができるサービスがFUNDOORになります。

FUNDOORの特徴は、以下の通りです。

・最短5分で事業計画書が作成可能
・経験不足でも資本政策が作れる
・投資家とのやり取りを一元管理できる

FUNDOORでは、財務3表である損益計算書・貸借対照表・キャッシュフロー計算書を5分で作成することができます。

さらには事業計画と資本政策は、チュートリアルも備わっているので公認会計士が作っているような書類を作成できるのです。

最後に作成した事業計画書や資本政策は、アップロードし投資家と共有することが可能になります。手軽に事業計画書を投資家へアピールすることができるのです。

FUNDOORのその他の機能

FUINDOORでは、企業のスタートアップの支援、資金調達支援、事業成長などのために以下のような機能も備えたり、予定しています。

・IPOまでの株主構成をひと目で把握
・資金調達の流れを管理
・投資家が見たいピッチ資料を作成
・株主総会の招集・開催
・予実・KPIの管理とIR機能

資金調達のたびに見直す資金政策ですが、株式分割やストックオプションの計画も簡単にシミュレーションすることができるのです。

さらには資金調達に必要な流れをステップごとに行っていくだけで実現することができます。それぞれのステップごとに解説があるので、理解して進めることができるのです。

そして投資家が本当に見たい、事業に関する情報を含んだピッチ資料を作成することができます。そのピッチ資料を、素早く投資家に共有することもできるのです。

また株主総会の招集や開催に、予実・KPIの管理とIR機能を提供しています。

まとめ

FUNDOORとは、株式会社日本クラウドキャピタルが提供する事業計画書・資本政策を簡単に作ることができるツールでした。

日本は、アメリカや中国に比べるとまだまだスタートアップの出資額が少ない状況ですが、徐々に増えてきています。企業が資金調達をする際に、壁となるのが難しい資料作りになります。

そこでFUNDOORでは、新規事業計画書や資本政策を知識が少なくても簡単に作ることができる機能を提供しているのです。
FUNDOORの特徴は、次のようなものでした。

・最短5分で事業計画書が作成可能
・経験不足でも資本政策が作れる
・投資家とのやり取りを一元管理できる

FUNDOORでは、財務3表である損益計算書・貸借対照表・キャッシュフロー計算書を5分で作成することができるのです。

さらには経験不足でも、チュートリアルがあるので公認会計士がいるような状態で資料を作成することができました。

そして事業計画書や資本政策は、アップロードし投資家と共有することが可能になります。

FUNDOORは、さらなる企業のスタートアップ支援などのため、次のような機能が準備されているのです。

・IPOまでの株主構成をひと目で把握
・資金調達の流れを管理
・投資家が見たいピッチ資料を作成
・株主総会の招集・開催
・予実・KPIの管理とIR機能

FUNDOORを利用すれば、スタートアップの企業が素早く事業計画書を作ることができるだけでなく、頭の中で事業計画を整理することもできるでしょう。

投稿日:

Copyright© 起業JP , 2020 All Rights Reserved.