まず7日間でマイクロ起業を始めよう。

アツシさんの脱社畜

攻めの戦いしかできないなら戦闘民族になれ!

攻め100守り0という極端なステータス!現代の攻めの戦いで成果を出せる環境というのが社畜よりも起業やフリーランスといった独立する事でそのような環境に身を置くことが出来ますので、守りの戦いが向いてないというのであればいっそのこと開き直って攻めに転じてみるのはどうでしょうか?

適応障害を抱えながら、自分が楽しめる店づくりへ 「地下室こもり」店長リモコンさんの場合【しょぼい起業実践インタビュー】

お店は、自分が楽しめないと続かないと思っています。なので、無理せずにゆっくりでも続けていきたいと思っています。そのため精神的にしんどいときはお店を閉めて家でゆっくりしています。お店を自分の家のような空間にし、仕事とプライベートの距離感を縮めることで少しでも多くお店に立てる日を増やしていきたいです。適応障害がまだ治っておらず落ち込む日もありますが、誰かとたわいもない話をすると自然と元気が出てきます。いつも助けられてますね。

社畜の無意味な裏ルールは大きな負担である!

利益も生み出さないくせに手間だけかかることってありますよね?そんな誰も得しないルールであればみんなでなくせば良いのですが、社畜だと何故かそれが無くせないという事がものすごく多いです。そしてそんな無駄ルールの存在は発達障害者にとって「とても大きく」能力を下げるだけで無意味を通り越して害悪だと言い切っても良いのです。

独特の世界の見え方・感じ方を信じて、自分だけの正解を選べ!

他人には理解出来ない何かです。発達障害者というのは一人ひとりが定型発達者よりも個性豊かなので、何に向き不向きがあるというのは他人の意見が参考になりにくいのです。であれば一番自分の事を理解している自分の意見に従うというのが人生を豊かに過ごせる一番の方法では無いでしょうか?

失敗すればペナルティーを課す環境は逆効果!?

失敗したら罰がある環境というのは発達障害者にはかなり不向き・・・理解のない環境で無理に適応しようとするよりは、個人で物事を進めて調整したほうが圧倒的に発達障害者は楽なので、就職するという生き方よりも起業やフリーランスといった自分を操作できる権限がある働き方のほうが向いていると言えるでしょう

「ポップコーン現象」は個人で働くには有利だ!

社畜では大きな欠点だけど個人で働くなら大きな強みです。このポップコーン現象という言い方をすると、なんとなくパッパラパーなイメージがあってどうしようも無いやつと見られそうになります。しかし言葉を変えれば「とてもフットワークが軽く、次々なんでもこなすことが出来る」という長所に早変わりするのです。

就職は人の才能を潰す天才である!潰される前に個人で稼げ!

発達障害者が強み潰されたら何も出来ませんよね?部署に振り回されて、仕事内容で更に振り回されて、最後は人間関係でトドメを刺されてしまうことで発達障害者が持つ強みというのは完全に殺されてしまうのです。そうなってしまうと復帰するだけでもそうとう時間がかかってしまい、ある意味では就職によって殺されたと言っても過言じゃないのです。

苦手を克服させようとする社畜環境は能力を潰すだけ!?

社畜の「弱点を克服させよう」っぷりは発達障害者には天敵である!苦手な事に取り組むのは、得意なことをやることで成功体験を得てから、ある程度余裕のある環境があれば自然と挑戦してみようって気になるのです。なので最初に苦手なことに取り組ませようとする時点で才能を潰しているようなものだと言っても過言ではありません。