まず7日間でマイクロ起業を始めよう。

えらてんさんのショボい起業

生きづらさを糧に辿り着いた「店舗型住居」の形。「エデン名古屋」店長ないしまの場合【ショボい起業実践インタビュー】

店舗も生活空間も含めてすべて自分で管理が出来るので、何か失敗があったとしても、責任を全部自分で追求できる事がノンストレスでいいですね。うまくいったことはもちろん自分の成果になりますし。 また店舗は急に労働力が必要な事が多々ありますが、シェアハウス住人がいれば対応ができる。また、店舗がシェアハウスのリビング化するので、シェアハウス的にも利便性が高いですね。様々な面で店舗とシェアハウスの親和性を感じています。

ストレスのない仕事をして幸福に生きる。現「エデンサッポロ」店長不謹慎マンの場合【ショボい起業実践インタビュー】

名誉とか出世とか大きい家とか外車とか、そういったわかりやすい価値基準の中、これから40年以上戦い続けて生きていく自信が持てませんでした。なので「幸福」の評価軸をずらしてしまおうと考えたわけです。ストレスのない仕事を食い扶持にして、家族や友人との時間を大事にできたら十分幸せだと思うのですが、どうでしょうか。

起業する前に考えるべきこと一覧―絶望的な想像に耐えておけ

これはとても残念なことですが、統計的に考えればあなたの起業は失敗します。しかし、そんなことはあなたの決意にとってなんの障壁にもならないでしょう。素晴らしいことです。失敗する可能性が高い、そんなことはやらない理由にならないですよね。実際のところ、多くの起業家が過去にコケています。僕もコケました。しかし、それでも立ち直り再び戦うのが起業家です。少しでも多く、絶望的な想像に耐えておいてください。本物の絶望がやってきた時、それがあなたを救います。