起業の教科書連載シリーズ


「発達障害者ライフハックブログ」の借金玉さんによるマイクロ起業体験談コラム
借金玉さんのプロフィール
ブログサイト「お前ら、社畜で人生楽しいか?」のアツシさんによる、脱社畜のすゝめコラム
アツシさんのプロフィール
“ショボい起業コンサルタント”えらいてんちょうさんによる、ショボい起業コラム
えらいてんちょうさんのプロフィール
法政大学キャリアデザイン学部の遠藤野ゆり助教授による「発達障害と起業」について考えるコラム
遠藤助教授のプロフィール

June 2018

Month
現代の仕事は過剰でキツイ!就労することは正しいことなのか?

現代の仕事は過剰でキツイ!就労することは正しいことなのか?

ITや技術の進歩で昔に比べて多くの成果を出せるようになったということは、一人でも出来ることの幅が増えているということです。昔なら100の成果を出すために100の作業が必要だったのを10の作業量で出来るようになったりしますからね。一人で仕事をすることで見返りの無い状況で成果を異常に伸ばす必要もありません。正しく作業を縮め...
「我慢しないで嫌なことからとことん逃げる」が活躍するコツである!

「我慢しないで嫌なことからとことん逃げる」が活躍するコツである!

生活のために嫌なことでも我慢しなければならない、ということは絶対に無いと言えます。発達障害者が活躍するためには、嫌を避けることができない社畜や組織に属するよりも、起業やフリーランスといった働き方で、自分で取捨選択が出来るような環境に身を置くべきだと断言します
命令を受けての行動が不得手なだけ!自発的には物事がこなせる件!

命令を受けての行動が不得手なだけ!自発的には物事がこなせる件!

命令を受けて動くのが苦手なだけの発達障害者は、自発的に動く分には何も問題ないどころか、定型発達者のそれを超えているのですよね。今回は発達障害者が自発的に動くのは全く問題なく、命令を受けて行動するのが苦手だということを自分自身が感じたことを記事にしようかと
社畜になるという事は「人権を捨てて使える奴隷になる事」

社畜になるという事は「人権を捨てて使える奴隷になる事」

社畜になるということは、発達障害者にとっては、人であることを捨てて、多少は使える奴隷として世間に奉仕することだと感じました。なかなか過激な事を言っているという自覚はありますが、発達障害者で一度でも就職した経験のある人であればこの感覚は理解できるのでは無いでしょうか?
要領の良い奴や狡猾な奴、荒っぽい連中とは関わるな!

要領の良い奴や狡猾な奴、荒っぽい連中とは関わるな!

要領が良いやつが近くに居ると、どうしてもそちらが評価されやすく、コツコツとした頑張りというのは見えにくくなるのです。それが続くことによって相対的に評価が開くことになり、要領のいい人間が標準の基準となって、発達障害者が下と見られやすくなり、常に責められる立場になりやすいのです