起業家

借金玉

更新日:

借金玉とは

1985年生まれで、幼少期から社会適応が難しく感じていた。小学校~高校まで登校拒否落第寸前などを繰り返しつつ、高校は出席日数ギリギリで卒業。現在は、非正規雇用の営業マンとして活躍中。早稲田大学文学部在学中に、ADHD(注意欠如・多動症)の発達障害と診断された。なんとか大学を卒業後、金融機関に就職するも仕事ができずに退職。一発逆転を狙っての飲食業・貿易業をダブルで起業したものの、一時期良い時もあったが最終的に事業撤退。その後は1年ほどの時間をかけて「うつの底」からはい出したという波乱万丈な経歴の持ち主です。

2017年1月頃に借金玉さんはKADOKAWAさんから「書籍化目指してブログを書いてみませんか?」との声がかかったそうで、2月にはてなブログ「発達障害就労日誌」を公開!2019年現在も更新中です。

コラムも「借金玉さんのマイクロ起業(企業の教科書)」「就活サイト ONE CAREER」にて連載していました。

借金玉の著書について

「発達障害の僕が「食える人」に変わった すごい仕事術」KADOKAWA
仕事・人間関係・生活習慣・依存・生存の全5章からなる本書は、「大人の発達障害」かもしれないと悩む人への解決策を具体的に示しています。発達障害当事者である借金玉さん自身がこれまでの人生の中で、試行錯誤と度重なる失敗の末に身につけたライフハックがぎっしり詰め込まれています。発達障害に悩んでいる方も、グレーゾーンの方も、仕事・人間関係で悩んでいる方にも、きっと役に立ってくれる「日本一意識が低い」自己啓発書となっています。

借金玉の著書についての口コミ

「発達障害由来とはいえ会社に勤める社会人として致命的な弱点を数多く抱えている著者さん。その弱点と同時に過去の失敗経験を元にした役立つアドバイスを軽妙なノリで教えてくれます。もちろん、ADHD・ASDなどに悩む方の症状はひとりひとり違い、発達度合いの凸凹が全く異なるものですから、ここに書かれているようなアドバイス・体験がまったく当てはまらずに役立たない可能性もあります。でも、最後まで読み終わることで良い意味で悩みから解放されて、少しは心が軽くなり吹っ切れることができますよ。気持ちが落ち込んでいる時、一度は手に取ってみてほしい一冊です。」

「文体が読みやすく、きちんとまとまった内容の本だなーっと思っています。発達障害の方が持つ特性を社会でどうカバーして仕事をしていくといいかということがかかれている処世術です。例えば、うっかり忘れ物をしてしまう場合の忘れない為の工夫、人間関係を円滑にするための工夫が読みやすくまとめられています。私のような軽度な発達障害の症状にお悩みの人におすすめしたい本です。仕事でなかなか上手くいかないと困った時に読むと、なにかしらのヒントが得られるかもしれません!」

「具体的なアドバイスや工夫がかかれていてでわかりやすいですね^^私のようにグレーゾーンで行き詰まっている人にピッタリな本だと感じました。読んでいくうちに自分の嫌な部分を少し見せつけられるようで読むのをやめようかなーと思ったこともありましたが…(苦笑)最後まで読み切って納得!これまでの考え方・行動を変化させるきっかけになりました。自分自身も変わったと思いますし、周囲からも(いい意味で)変わったねと言われるようになりました。」

「診断は受けていませんが、仕事のやりづらさや生きづらさは感じてこれまできました。そしてこちらの本を読んでみたしだいです。読み進めていくうちに、まさに目からウロコ状態になりました。他の方も口コミに書かれていましたが、2章「すべての会社は部族である」が私の中でしっくりきました。どんなに茶番めいたことでも何かしらの理由があり、その茶番に適応していくことこそが、私たちが社会という大きな部族で生きていくためには大切なのですね。発達障害といっても、本当にその症状や感じ方は多種多様です。私のように仕事のやりづらさや生きづらさを感じている人や、何かしら思うところはあるもののうまく社会に適応できる人や、本当に全く適応できない人など…その人によって全く違ってきます。ですから私がいくらいいと思っても、この本がすべての人の参考になるとは思っていません。しかし、今現在行き詰まっている人なら読んでみて損はないと思いますよ。発達障害の人もそうでない人も、一度は手に取って読んでみてほしい本です。」

「こちらの本には、日常生活・仕事を効率化したり、うまく乗り切る秘訣がわかりやすく書かれています。最初は半信半疑でしたが、実際に試してみれば納得です!これを応用すれば、例としてあげられているシチュエーションだけでなくて、どんな人でもどんなことにも対応できる裏ワザになるのではないでしょうか?!発達障害に悩んでいる方にはもちろんですけど、そうでない方にもお薦めしたい本です!」

よく読まれている記事



-起業家

Copyright© 起業JP , 2019 All Rights Reserved.