起業の教科書連載シリーズ


「発達障害者ライフハックブログ」の借金玉さんによるマイクロ起業体験談コラム
借金玉さんのプロフィール
ブログサイト「お前ら、社畜で人生楽しいか?」のアツシさんによる、脱社畜のすゝめコラム
アツシさんのプロフィール
“ショボい起業コンサルタント”えらいてんちょうさんによる、ショボい起業コラム
えらいてんちょうさんのプロフィール
法政大学キャリアデザイン学部の遠藤野ゆり助教授による「発達障害と起業」について考えるコラム
遠藤助教授のプロフィール

周囲を気にせず、自分に素直になって心のまま動くべき!【最終回】

発達障害者に限らないことなんですが、特に発達障害者の人が人生を好転させようと思うのであれば、他人を全く気にせず自分本位で考えて動くことなんです。発達障害者の特性は個人によって大きく特性が違いますし、その特性を最大限に理解しているのは自分自身なので、一番生かせる方法を知っているのは自分なのです。

「働かせ改革」と発達障害は相性が劣悪!ますます状況が悪くなる!?

働き方改革と発達障害は最悪の組み合わせ・・・?過労状態になりつつ、理解のない周囲からは怠け者と見られてしまい、職場でミスや余計な事をしでかして居場所が無くなってしまう。そんな悪夢のような状態がもうすでに目の前の見える位置まで来ているのが働き方改革の正体なのです

攻めの戦いしかできないなら戦闘民族になれ!

攻め100守り0という極端なステータス!現代の攻めの戦いで成果を出せる環境というのが社畜よりも起業やフリーランスといった独立する事でそのような環境に身を置くことが出来ますので、守りの戦いが向いてないというのであればいっそのこと開き直って攻めに転じてみるのはどうでしょうか?

適応障害を抱えながら、自分が楽しめる店づくりへ 「地下室こもり」店長リモコンさんの場合【しょぼい起業実践...

お店は、自分が楽しめないと続かないと思っています。なので、無理せずにゆっくりでも続けていきたいと思っています。そのため精神的にしんどいときはお店を閉めて家でゆっくりしています。お店を自分の家のような空間にし、仕事とプライベートの距離感を縮めることで少しでも多くお店に立てる日を増やしていきたいです。適応障害がまだ治ってお...

社畜の無意味な裏ルールは大きな負担である!

利益も生み出さないくせに手間だけかかることってありますよね?そんな誰も得しないルールであればみんなでなくせば良いのですが、社畜だと何故かそれが無くせないという事がものすごく多いです。そしてそんな無駄ルールの存在は発達障害者にとって「とても大きく」能力を下げるだけで無意味を通り越して害悪だと言い切っても良いのです。

独特の世界の見え方・感じ方を信じて、自分だけの正解を選べ!

他人には理解出来ない何かです。発達障害者というのは一人ひとりが定型発達者よりも個性豊かなので、何に向き不向きがあるというのは他人の意見が参考になりにくいのです。であれば一番自分の事を理解している自分の意見に従うというのが人生を豊かに過ごせる一番の方法では無いでしょうか?

失敗すればペナルティーを課す環境は逆効果!?

失敗したら罰がある環境というのは発達障害者にはかなり不向き・・・理解のない環境で無理に適応しようとするよりは、個人で物事を進めて調整したほうが圧倒的に発達障害者は楽なので、就職するという生き方よりも起業やフリーランスといった自分を操作できる権限がある働き方のほうが向いていると言えるでしょう

「ポップコーン現象」は個人で働くには有利だ!

社畜では大きな欠点だけど個人で働くなら大きな強みです。このポップコーン現象という言い方をすると、なんとなくパッパラパーなイメージがあってどうしようも無いやつと見られそうになります。しかし言葉を変えれば「とてもフットワークが軽く、次々なんでもこなすことが出来る」という長所に早変わりするのです。

就職は人の才能を潰す天才である!潰される前に個人で稼げ!

発達障害者が強み潰されたら何も出来ませんよね?部署に振り回されて、仕事内容で更に振り回されて、最後は人間関係でトドメを刺されてしまうことで発達障害者が持つ強みというのは完全に殺されてしまうのです。そうなってしまうと復帰するだけでもそうとう時間がかかってしまい、ある意味では就職によって殺されたと言っても過言じゃないのです...

苦手を克服させようとする社畜環境は能力を潰すだけ!?

社畜の「弱点を克服させよう」っぷりは発達障害者には天敵である!苦手な事に取り組むのは、得意なことをやることで成功体験を得てから、ある程度余裕のある環境があれば自然と挑戦してみようって気になるのです。なので最初に苦手なことに取り組ませようとする時点で才能を潰しているようなものだと言っても過言ではありません。

巨額の負債、それでも会社経営を続けた天婦羅★三杯酢さんの場合【経営者実践インタビュー】

負債を抱えたとき、会社員という選択肢はありましたよ。むしろ、私だけであれば「家のことなど知らない、私は私で勝手にやる」という方が現実的でした。しかし、それでは母と妹があまりに不憫でありましたし、それまで培ってきたお客様との信頼関係を壊してしまうことにもなります。それなりに眠れない夜を重ねた上で、体制を組み直すという決断...

社畜でダメ化するのは割に合わないから!?退職しても後悔なし!?

社畜でダメ化するのは割に合わないと気がついてるから・・・!?発達障害者というのは損益の計算が得意で、無意識の内に最適解への行動をとっているだけなので、割に合わない環境を去ることになっても後悔しなくていいのです。そういう環境で無理するよりも、やったら利益を独占して割に合うと感じれば自然と動けるのも発達障害者の特有なので、...

就活対策で学生サークル起業!?現「バーマグリブ」店長なぎの場合【しょぼい起業実践インタビュー】

「マグリブがあってよかった」など言われることも多いので、それが、手探りながらでもやっていける根気のもとになっています。卒業後は就職するつもりですが、その後、将来的に独立を視野にいれています。バーの方は、うまく続いていけばゆくゆくは後輩に譲ろうと考えています。自分は卒業後もずっとつくばにいるつもりではないので。ただ、また...

初期費用ゼロで学習塾起業!広告費ゼロで2か月で生徒4倍の秘密とは 学習塾塾長でぐちさんの場合【ショボい起...

まずは今在籍している生徒たちを志望校に合格させるのが第一ですね。合格実績をあげて、口コミ等で生徒が増え、さらに実績があがるというサイクルになんとか乗せたいです。塾自体を大きくしたい願望はあまりないのですが、地域に根差して長く長く存続させたいとは思っています。あと、僕はやっぱりスポーツが好きなので、いずれはスポーツに絡め...

小商いは敗者復活戦 カレーとコーヒーの店ケプリコ・難民社長の場合【しょぼい起業実践インタビュー】

みんなが各地でしょぼい起業をすればいい。小商いなんで敗者復活戦ですから、まともにはできないけどってことで。できないなりに店の二階に住めばいいし店のカレーを食べればいいし、月に10万上がれば上々くらいの感じで。

死ぬほど嫌じゃなければ会社勤めがいい リサイクルショップ・シェアハウス店長にだてんの場合【ショボい起業実...

会社に勤めていたらできないってものがあるときは、自分で経営するのもいいかもしれないですね。でも、会社経営の場合、自分が動かないと収入がでてこない。そして自分で全部やらないといけないし、人に仕事振ったりもしなければならないのが大変なんですよね。その点、会社勤めって極論クビになるまで椅子に座っていたらお金になるんですよ。だ...