運営責任者について

 

 

 

 

 

当メディアをご覧いただきまして、誠にありがとうございます。「起業.JP」を運営しております、株式会社ベンチャーネット SFA事業部の一山と申します。

私は、あらゆる方面でデジタル化が進む現代の状況を鑑み、これからの新しい起業の形として“デジタル起業”という方針を提唱しています。

いきなり「いずれはIPOを狙う」などの大それた話ではなく、まずは自分が起こしたビジネスで、月10万円の売上を目指す。

単なるアフィリエイト等ではなく、シーズ探索=入り口から、出口戦略まで、一つのビジネスモデルとして回せるものを生み出すスキルこそ、これからの時代のクリエイティビティを強化するうえで、非常に大切だと考えています。

デジタル起業のメリットは、スモールスタートで「自分の可能性に何度もチャレンジできる」ところです。

 

” Don’t put all your eggs in one basket.” 全部の卵を一つのカゴに置いてはいけない

 

いきなりゼロから1を生み出すようなビジネスは、机上でいくら考えても前には進めません。

まずは、何らかの“提供できるもの”を作り、その是非を市場に問う。そこから導き出された結果が、自分自身の“今”を表しています。

このような練習なしに、いきなり最大限のクリエイティビティを発揮できる人は、ごく一部の天才だけではないでしょうか?

平凡な人は、繰り返し練習しなくてはいけません。何度もチャレンジしなくては、前に進めません。自分の中にあるクリエイティビティを、磨き続ける必要があるのです。

 

凡事徹底━

 

最後に勝つのは、努力し続けた人です。

それは、机上で論じるだけではなく、実際に市場に飛び込んでいくことでしか、磨くことは出来ません。

1歩目を踏み出すのは、とても大変です。しかし、踏み出さなければ何も始まりませんし、何も変わりません。

マイクロビジネスは、コツさえ分かれば1週間でスタートできるはずです。さあ、一緒に最初の1歩を、踏み出しましょう。

 

プロフィール

一山 宗太朗
株式会社ベンチャーネット デジタルマーケティング事業部
1996年生まれ、慶応義塾大学 総合政策学部在学中。
“起業”に対して強い信念を持つインターン生であり、自らも起業家として多くの夢を追いかけている。
自分の中にある“起業の種=シーズ”を、どうすれば市場に拡大できるのか、それによって市場はどう動くのか。
常に自問自答しながら、“マイクロビジネス”のあり方を、追求している。

・ビジネスモデルイノベーション協会認定ジュニアコンサルタント

公式SNSアカウント

Column

ADHDの生き方を知るブログ
<アツシさんのケース>

ADHDの生き方を知るブログ
<借金玉さんのケース>

借金玉さんプロフィール

PAGE TOP