【開催日決定】Tech Crunch TOKYO 2017

Tech Crunch TOKYO 2017

 

 

 

 

 

 

 

 

主催団体:Tech Crunch

募集対象:制限なし

開催時期:11月16日、17日

開催場所:渋谷ヒカリエ 9F

参加費用:5,000円

プログラム内容:Tech Crunch TOKYOは毎年秋にTech Crunch Japanが開催しているイベントであり、今年度で7回目を迎える。今年も場は渋谷ヒカリエで、2000人を超える動員が見込まれる。

そもそもTech Crunch TOKYOとはどのようなイベントなのか?イベントのメインであり、一番の目玉となるプログラムは、創業3年未満のスタートアップがビジネスモデルを競い合う「スタートアップバトル」である。例年100を超えるスタートアップからの応募があり、日本を代表するベンチャーキャピタルなどを交えた審査員による書類審査を通過しなければ発表の舞台に立つことはできない。このピッチに参加することが自体がプロモーションとして絶大な影響力があるため、スタートアップにとっては資金調達から顧客獲得、メディア取材など戦略的デビューに重要なイベントとなっている。スタートアップにとっては、デビューの場であると同時に、試練の場とも言える。ピッチでは、ベンチャーキャピタリストや経営者たちからのフィードバックタイムがあり、起業家たちは投資家からの質問に応答する。スタートアップの経営者も自分たちの領域に関しては深い知見があるが、投資家や経営者たちは幅広い観点から洞察の効いた質問をするため、聴衆にとってもかなりの勉強になる。過去の参加スタートアップの本イベントによる資金調達総額は300兆円を超える。また、国内だけでなく国外のキャピタルやエンジェルも数多く参加するため、グローバルに展開するチャンスもある。

 

 

 

 

 

 

 

 

近年は日本においても話題になっているが、スタートアップを生み出すエコシステムは世界中で発展を遂げている。そうはいっても流入資金規模や成熟度、影響度の点でシリコンバレーは一歩先を歩んでいる。しかし、シリコンバレーにもスタートアップの聖地として不安定な部分は存在する。シリコンバレーは確かにリソースにおいて他に追随を許さないが、それがために起業家が投資家の顔色を伺うということが時々生じる。投資家ベースでシリコンバレーは動いているため、極端になると受託形式のスタートアップエコシステムが生じかねない。本来アントレプレナーシップを学ぶべき日本人にとって、もはやシリコンバレーを目指しては日本に革新的なスタートアップは生まれないのではないだろうか。

しかし、シリコンバレーが今すぐ衰退するというわけでもない。日本にとってシリコンバレーから学ぶべきことはまだまだたくさんあり、吸収していかなければならない。その上で日本の風土にあった独自のエコシステムを作ることが重要となる。

Tech Crunch はただのスタートアップカンファレンスではない。日本において事業創出の基盤となっていくコミュニティであり、投資の場であり、成長の場である。

公式SNSアカウント

Column

ADHDの生き方を知るブログ
<アツシさんのケース>

ADHDの生き方を知るブログ
<借金玉さんのケース>

借金玉さんプロフィール

PAGE TOP